海外のトイレのルールは日本と違う!?行く前に知っておくべき海外のトイレ事情と注意点

海外旅行にいって文化の違いにとまどうことはいっぱいありますが、日本とは違う「トイレ」事情に困ってしまう方は多いのではないでしょうか。

私もいろいろな国へ旅行したことがありますが、外からほぼ丸見えのトイレしかないときはかなり恥ずかったのを覚えています。

(現地ではそれが普通なのでほとんどだれも気に留めていないんですけどね・・・)

日本との違いに驚くだけならいいですが、場合によってはやってはいけない行動や迷惑行為にあたってしまうなどトラブルのもとになってしまう場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は日本とは違うトイレ文化の代表的な国のトイレ事情と注意点についてご紹介します。

日本と海外のトイレ事情の違い

清潔でない

海外旅行に行ったことがある人なら同意をいただけると思いますが、日本と海外のトイレ事情で一番大きく違うのは「清潔さ」ではないでしょうか。

日本ではホテルなどの施設だけでなく、屋外の公共トイレであっても清掃が入り、一定レベルの清潔さをキープしてくれています。

しかし、海外の場合はそんなわけにはいかず、とにかく臭いや汚れがすごいところが多く、ほとんどの人はそこで嫌になってしまいます。

また、のちほど各国のトイレ事情についてふれますが、トイレットペーパーが流せない地域やそもそもトイレットペーパーがない地域などがあります

ただし日本とは違う文化なのでしょうがないところではあるので、海外旅行をする上では受け入れなければいえない部分と言えます。

日本とトイレの使い方が違う

日本のトイレは洋式トイレがかなり浸透しており、ウォシュレットも完備されているところが多いです。

しかし、海外では便器も扉もなく穴だけが開いているトイレもあったりします。(中国の通称ニーハオトイレなど)

また、トイレットペーパーがなくおけの水で局部を洗ったり、ホースで洗ったり、トイレットペーパーを事前に必要な分だけ持って入ったりと国や地域によってトイレルールがバラバラです。

事前に旅行先のルールを調べたうえで必要な知識と準備をしておくようにしましょう。

便座がない

日本に住んでいると想像もつかないことですが、便座がついていないトイレというのが存在します。

一瞬どうすればいいのか分からなくなりますが、一般的には便座に座ることなく用を足すようです。

とはいうものの、そこでは無理!という方は便座のあるトイレがある場所(ホテルなど)まで我慢するしかなさそうです。

公衆トイレが有料

これは日本ではない制度ですが、世界的にみるとこの制度をとっているところが多く、公衆トイレを使うのにチップが必要となります。

人が立っておりチップ渡すケースと自動販売機みたいにチップを入れるケースがあるので、小銭は常に持っておくようにしましょう。

各国のトイレ事情と注意点

タイ

「微笑みの国」ともいわれるタイは日本人にも人気の旅行先で、毎年多くの人が訪れています。

タイのトイレは、日本でいう和式トイレと洋式トイレのどちらもあり、日本同様に洋式トイレへどんどん入れ替わっている時期です。

そのため、トイレのタイプとしてはあまり違和感なく利用できますが、注意が必要なのがトイレットペーパーの扱いです。

日本では使用したトイレットペーパーを便器にいれてそのまま流しますが、タイでは一般的にその行動がNGです。

タイでは便器の横にあるゴミ箱に捨てるのが一般的なので注意しましょう。

理由としては、タイのトイレ配管がかなり細い造りとなっているため、すぐにトイレットペーパーが詰まってしまうからです。

こうした理由からお尻を洗うためのシャワーヘッドのような設備がついているのが普通です。これはなんだと驚かずにお尻をキレイにしてトイレットペーパーの使用量を少なくするようにしましょう。

トルコ

トルコもタイと同様にトイレットペーパーを便器にいれて流さないのが一般的です。

理由も同じで、水圧や配管設備がしっかりと整っていないため、すぐに紙が詰まってしまうからです。

また文化的な違いもあり、トルコの人は紙で局部を拭くのは不衛生で、むしろ備え付けの水と手で局部をキレイにするのが普通という考えを持っている方も多いです。

そうした設備面と文化面の両方からまだまだこの状況は続くように思います。

また、トイレットペーパーを流せない以外にも注意が必要なことが、トイレを使用するときの体勢です。

トルコのトイレのほとんどは和式タイプのトイレですが、しゃがむ向きが日本とは反対になります。

日本と同じ向きでしゃがんでしまうと上手く穴に落ちないので、あとからクレームになってしまうこともあるので注意しましょう。

ネパール・インド

ネパールやインドでは便器にトイレットペーパーをいれて流せないだけでなく、そもそもトイレットペーパーやゴミ箱すらないことがほとんどです。

都市部のキレイなホテルなどを除いて、一般的にはトイレに設置されているおけの水を使って、左手で洗うの基本です。

そのため、どうしてもそれが嫌な方は日本からトイレットペーパーと使用済みの紙を入れる用のゴミ袋を持参することを強くおすすめします。(そもそもゴミ箱もないため捨てるところがないのでゴミ袋も必須)

アメリカ

こちらも多くの日本人が毎年旅行をする国ですが、トイレ事情で戸惑うことがあります。

アメリカのトイレはトイレットペーパーがないとか、トイレットペーパーを流せないとかはないですが、トイレとトイレの壁の隙間がとにかく大きいです。

まあ、普通に外からいくらでものぞき放題みたいな感じになっています。(冒頭で書いた私の経験もアメリカ旅行です)

こればかりは設備のつくりなのでどうしようもないですが、慣れるまではちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

そもそも恥ずかしいと思うのが私たち日本人と海外の方との文化の違いのような気もします。。。

オーストラリア

オーストラリアでは基本的なところは日本の同じようなトイレルールですが、一点絶対に気をつけてもらいたいことがあります。

日本では排泄時の音消しのために水を流す方が一定数おられますが、この行動はオーストラリアでは絶対にNGです。

オーストラリアでは慢性的な水不足に悩まされており、無駄な水の消費についてはとにかく厳しいです。

トイレだけでなく、シャワーや食器洗いなど水を使う行動についてはとにかく気を付けましょう。

まあ、日本でも無駄な水の消費はしないほうがいいですが、特にオーストラリアではトイレの際にも常に節水を心がけましょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパの多くの国では公衆トイレは無料ではなく有料となっています。

例えばドイツの場合だと、有料トイレの前に人が立っていて集金していたり、コインをいれて扉が開くトイレなどがあります。

しかし、無料の公衆トイレにかけこんでしまった場合はちょっと注意が必要です。

ヨーロッパの無料公衆トイレの中には便座がなく便器だけ設置されているという、「どうすればええねん!」というトイレが並んでいます。(フランスやイタリアが多いです)

これは便座やフタが大量に壊されてしまう事件が過去に発生してから、それならそもそも設置しないでおこうという強硬策の結果、このスタイルになったということです。

このトイレを使うのは最終手段として、基本的には有料の公衆トイレを使うようにしましょう。

海外のトイレでのお役立ちグッズ

ここまでの説明で海外のトイレ事情やルールが日本とはかなり異なることはご理解いただけたと思います。

海外のトイレ事情に合わせた出来る限りの準備をしたうえで旅行することが大事ですので、海外のトイレでのお役立ちグッズを紹介したいと思います。

除菌シート・除菌スプレー

海外のトイレは日本と比べて清潔さに大きな違いがあります。

そのため衛生面が心配な方も多いと思いますので、除菌シートや除菌スプレーがあると活躍します。

特に便座に座らなければいけないときなどは、あると安心です。

created by Rinker
エーザイ
¥850 (2019/10/20 16:56:59時点 Amazon調べ-詳細)

トイレットペーパー・流せるウェットティッシュ

上述しましたが、旅行先によってはトイレットペーパーが置いておらず、水で直接局部を洗う国も多いです。

また、公共トイレなどはトイレットペーパーの補充が十分ではないので、切れていることもしばしばあります。

そんなときにトイレットペーパーや流せるウェットティッシュを持っていると安心感が違いますよね。

トイレットペーパーを持っていく場合はまるまる1ロール持っていくとかさばりますので、ある程度の量をかばんに忍ばせておけばいいでしょう。

海外旅行でのトイレトラブルの乗り切るコツ

綺麗なトイレで必ずトイレを済ませる

海外旅行ではキレイなトイレがホテルやレストラン、空港など限られた場所にしかないケースがよくあります。

いったん外に出てしまうとなかなかキレイなトイレが見つからないと困りますので、できるだけキレイなトイレで済ませておくようにしましょう。

ホテルの近くで観光をしているのであれば、一度戻るのもいいですね。

アルコールやコーヒーなど利尿作用のある飲み物は控える

旅行にいくとついついアルコールの入ったビールやワインなどを飲みすぎてしまいますが、トイレに行く回数が増えてしまうので大変です。

綺麗なトイレがあるホテル内の食事などであれば問題ありませんが、近くにない場所であれば控えめにしておきましょう。

また、スパイスを使った料理も同様ですので食事内容にも気を付けたいところです。

まとめ

海外のトイレ事情は日本とまったく違うため、何も知らずに行ってしまうとショックを受けてしまいます。

また、ショックを受けてしまうだけではなく、トイレに行けないなんてことになれば最悪です。

事前に自分が行く国のトイレ事情はどうなっているのか、そして事前に準備して対策できないかを確認しておきましょう。


赤ちゃん連れ旅行を計画するなら
【べビ旅!】


赤ちゃんと旅行ならベビ旅!

 

赤ちゃんとの旅行は分からないことがいっぱいで不安ですよね。

「子どもが産まれて初めての家族旅行は最高の思い出にしたい」

そんな気持ちを叶えるために、赤ちゃん連れ旅行専門のサイトを立ち上げました。

ぜひあなたの最高の思い出作りにお役立てください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です