素人でも分かるマイルの基礎知識!旅行好き必見の貯めやすいカードや貯める方法

こんにちは、うーすけです。

旅行や出張で飛行機をよく使う人なら「マイル」が貯まるクレジットカードがお得!という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かにそのとおりで、飛行機の利用が多い人ほど「マイル」が貯めやすいですし、「マイル」を貯めるとお得になります。

しかし、そもそもマイルって何?どうやって貯めるの?とマイルについてよく分かっていない方も多いのではないでしょうか。

 

飛行機をあまり利用しない方にとってマイルはあまり馴染みがないかもしれませんが、知っておくととてもお得になることがあります。そこで今回はマイルを一度も貯めたことがない方にも分かるようにマイルの基礎知識をどこよりも簡単にご説明します。

マイルを貯めると無料で飛行機に搭乗できたり、座席をグレードアップできたりととてもお得に飛行機を利用することができます。

飛行機をよく利用する方やこれから利用する予定の方で、まだマイルを貯めていないという方は是非この記事を読んでマイルを貯めてみましょう!

マイルとマイレージ

まず、マイルの説明で押さえておかないと話しにならない「マイル」「マイレージ」の言葉に意味を確認していきましょう。

マイルとは「各航空会社が提供しているポイントのこと」マイレージとは「各航空会社のポイントサービスプログラムのこと」です。

要するにマイルとは利用するごとに貯まっていくポイントのことで、クレジットカードやじゃらんなどのポイントと同じようなものです。

そして、マイレージとはこのマイルを貯めるためのプログラムのことで、各航空会社ごとにプログラムが異なるため、マイルの貯まり方や使い方も違ってきます。

そのため、マイルを効率よく貯めて、お得に使うためにもどの航空会社のマイレージを貯めていくのかが重要になります。

マイレージ選びのポイント「アライアンスとは」

どの航空会社のマイレージを利用してマイルを貯めていくのかを考える上で「アライアンス」について知っておく必要があります。

アライアンスとは「航空会社のネットワークのこと」をいいます。

このネットワークが同じ航空会社同士であれば、マイルの獲得と利用が可能となります。逆にアライアンスが異なるとせっかく貯めたマイルを利用することができなくなります。

例えば、AアライアンスのB航空会社のマイルを10,000貯めても、CアライアンスのD航空会社のマイルとしては使えず、無料航空券などに利用することはできないことになります。

 

そのため、自分がどの航空会社をよく利用するかを確認し、複数の航空会社を利用する場合はそれぞれのアライアンスが何かを確認しておく必要があります。

アライアンスが同じであればマイルの獲得や利用を共有することができるので、とてもお得になりますので重要です。

現存するアライアンスとしては、「スターアライアンス」「スカイチーム」「ワンワールド」の3アライアンスとなっています。日本の大手航空会社であるJALやANAもこの中にもちろん含まれています。

では、それぞれのアライアンスの詳細をどのようなものか、みていきましょう。

アライアンス参加航空会社就航都市数主な所属航空会社
スターアライアンス28社1,300ヶ所以上ANA
ユナイデット航空
アドリア航空
エーゲ航空
中国国際航空
シンガポール航空など
ワンワールド13社1,000ヵ所以上JAL
アメリカン航空
British Airways
キャセイパシフィック航空
Finnair
イベリア航空など
スカイチーム20社1,080ヶ所以上デルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
ケニア航空など
注意
同じアライアンスのマイルを貯める際には、自分が貯めたいマイルを決めておくことが必要です。

これはどういうことかというと、同じアライアンスに属する航空会社であっても、マイレージプログラムは全くの別物であるため、簡単には合算することができません。

例えば、Aアライアンスに属するB航空会社のマイルを1000マイル、同じAアライアンスに属するC航空会社のマイルを1000マイル持っていたとしても、合算してB航空会社の2000マイルとしては使えないということです。

ただし、BとCは同じアライアンスに所属しているので、C航空会社を利用する際にB航空会社のマイルを貯めることはできるというわけです。

そこで航空券を予約する際には、自分が貯めたいマイルの種類を決めておいて、同一のマイルを貯めていくことが重要です。

ちなみに同じアライアンスの航空会社のマイルを合算して貯めていくには、航空券予約の際に貯めたいマイルの種類のマイレージ会員番号を申告すればOKです。 

主要マイレージの比較

ここまでの説明でマイルについての基本は分かってきたのではないでしょうか。

では実際にどの航空会社のマイレージを利用してマイルを貯めていくかですが、国内で利用しやすい航空会社は「ANA」「JAL」「デルタ航空」「ユナイテッド航空」の4社だと考えています。

それぞれのアライアンスや有効期限は次のようになっています。

航空会社マイル有効期限アライアンス譲渡内容
JAL3年ワンワールド両親・子供・配偶者のみ
ANA3年スターアライアンス両親・子供・配偶者のみ
デルタなしスカイチーム誰でもOK
ユナイテッド1年半(※1)スターアライアンス誰でもOK

(※1)マイル交換や加算があれば18ヶ月延長

また、各航空会社マイレージプログラムのメリット・デメリットはこのようになっています。

JALマイレージのメリット・デメリット

JALは国内大手航空会社だけあり、国内線が充実していますので、出張や国内旅行が多い方はマイルが貯めやすくなっています。

また、年末年始やGWなどの繁忙期においても特典航空券に必要なマイル数が変わらないのは嬉しいところです。

ただ、特典航空券が人気のため、取ることが難しい場合があります。

しかし、それをふまえてもファミリーマートなどでJALマイルが貯まるクレジットカードを使うだけでお得にマイルを貯めることができたりと魅力的なマイレージといえます。

JALマイレージのメリット

・国内便・海外便ともに数が多いのでマイルが貯めやすい
・マイルを移行できるポイントが豊富
・ディスカウントマイルやJALカード割引でお得
・繁忙期も必要なマイル数に変わりがない

JALマイレージのデメリット

・特典航空券が人気で取りにくい
・マイルの有効期限が3年間
・JALボーナスマイルは条件として搭乗必須
・燃油サーチャージ費が別途必要 ※2019年現在は無料

JALマイレージがおすすな人

・国内便の利用が多い
・ファイミリーマートやENEOSの利用が多い ※JALマイル特約店

ANAマイレージのメリット・デメリット

ANAも国内大手航空会社だけあり、海外便だけでなく豊富な国内便でもマイルをどんどん貯めていくことができます。

また、スターアライアンス所属で就航都市数が1,300都市以上というのも魅力的です。

クレジットカードの種類も他の航空会社と比較して豊富なのも嬉しいところです。

しかし、ANAも特典航空券が人気過ぎてとりにくいところやブラックアウトデイト(特典航空券が利用できない期間)が設定されているなど難点もいくつかあります。

ただそうした部分をふまえても大変マイルを貯めやすいおすすめのマイレージとなっています。

ANAマイレージのメリット

・クレジットカードの種類が豊富
・提携航空会社が多いスターアライアンス所属
・ANAクレジットカード更新時にボーナスマイルが貯める
・国内便・海外便ともに数が多いのでマイルが貯めやすい

ANAマイレージのデメリット

・特定航空券の扱いが期間(ブラックアウトデイト)が多い
・特定航空券が人気で取りにくい
・燃油サーチャージ費が別途必要になる ※2019年現在は無料
・マイル有効期限3年間

ANAマイレージがおすすめな人

・国内便の利用が多い
・日常生活でセブンイレブンやイトーヨーカドーを利用する ※ANAマイル特約店
・クレジットカードでの支払いが多い

デルタスカイマイルのメリット・デメリット

デルタスカイマイルはANAやJALと違い、マイルの有効期限がないことが特徴的です。

有効期限がないため、あまり飛行機を利用しない方やショッピングをしない方でもゆっくりとマイルを貯めていくことができます。また、ブラックアウトデイトがないのも嬉しいですね。

ただし、渡航都市が少なかったり、特典航空券に必要なマイル数が多かったりしますので、じっくりとためる人におすすめのマイレージとなっています。

デルタスカイマイルのメリット

・マイルの有効期限がない
・特定航空券の予約が取りやすい
・ブラックアウトデイト指定がない
・マイルを人に譲渡可能

デルタスカイマイルのデメリット

・特定航空券交換に必要なマイル数が多い
・他ポイントへの交換や移行ができない
・渡航都市数が少なめ

デルタスカイマイルがおすすめな人

・飛行機にあまり乗る機会がない人
・特定航空券の予約がマイル利用のメインである
・海外旅行に行くことが多い

ユナイテッド・マイレージプラスのメリット・デメリット

ユナイテッド・マイレージプラスも実質無期限でマイルを貯めていくことができるので、ゆっくりとマイルを貯めたい人にはおすすめです。

また、就航都市数が多いので、海外に行く機会が多い人は使い勝手がいいかもしれません。

しかし、特定航空券がとりにくかったり、クレジットカードの種類が少ないなどデメリットもありますが、それでも海外旅行や海外出張が多い方にはおすすめのマイレージです。

ユナイテッド・マイレージプラスのメリット

・マイルの有効期限が交換・加算で18ヶ月延長
・就航都市数が多い
・燃油サーチャージ費が無料 ※2019年現在無料なので恩恵はなし
・マイルを他人へ譲渡可能

ユナイテッド・マイレージプラスのデメリット

・クレジットカードの種類が少ない
・特定航空券が人気で取りにくい
・他ポイントへの交換や移行ができない

ユナイテッド・マイレージプラスがおすすめな人

・飛行機にあまり乗る機会がない人
・特定航空券の予約がマイル利用のメインである
・海外旅行に行くことが多い

マイルを貯めると何ができるの

ここではマイルを貯めると何ができるのかをご説明します。

一番よく知られているマイルの使い方は航空券と交換するということですが、それだけではありません。

マイルを貯めると色々なことに使用することができますので、自分に合った使い方をしてお得にマイルを使っていきましょう。

タダで飛行機に乗れる

まず、一番マイルの使い方として知られていて、実際にこの使い方をする人が多いのが「特典航空券」に交換するということです。

一般人には高価な航空券をタダでゲットして、飛行機を利用できるなんて本当にいいですよね!

マイルをたくさん貯めて、是非ともタダで海外旅行などに行ってみたいものです。

座席をアップグレードできる

マイルの使い方として、飛行機の座席をアップグレードするというものがあります。

普段はエコノミークラスしか利用できなくても、マイルが貯まっていれば憧れのビジネスクラスやファーストクラスにランクアップすることができます。

ゆったりと贅沢に飛行機移動をしてみたい方は、こんなマイルの使い方もありますよ。

ただし、座席アップグレードで注意が必要なのが、「正規航空券」のみアップグレード可能ということです。よくネットなどで広告が出ている格安航空券などは原則アップグレードできません。

あくまで座席アップグレードする場合は、正規航空券を持っている場合にしましょう。

電子マネーに交換できる

マイルを航空券や飛行機の座席アップグレードに使用せずに電子マネーに交換することもできます。

電子マネーに交換すれば、自分の好きなものを買うことができるので、飛行機利用が少ない方はこうした使い方もよいかもしれません。

JALの場合はSuicaやWAON、ANAの場合は楽天EdyやTポイントといった具合に交換できます。

ただし還元率は100%ではないので、無駄なくマイルを使いたい方にはあまりおすすめできません。

マイル交換商品をゲットできる

各航空会社で用意されているマイル交換商品に使用することができます。

例えば、海鮮やお肉などのグルメセット、スーツケースなどが用意されています。自分が欲しい商品があれば、こうした商品交換に利用するもいいのではないでしょうか。

結局特典航空券が一番お得

貯めたマイルの使い方を説明してきましたが、結局のところ「特典航空券」への交換がお得だと私は思います。

電子マネーやマイル交換商品との交換もできますが、還元率がよくないので、実質損をしてしまいます。

やはりマイルは特典航空券との交換が一番得ですし、マイルを貯めようと考えている人なら無料で飛行機を利用できるのが一番嬉しいのではないでしょうか。

マイルの貯め方

マイルは具体的にはどのように貯めていくのでしょうか。

マイルを貯める方法はいくつかありますので、これらを組み合わせることでマイルを効率よく貯めていくことができますよ!

飛行機に乗って貯める

まず、マイルを貯める方法として一番分かりやすいのが、飛行機に乗ることです。

自分が貯めたいマイルの航空会社の飛行機に乗れば、どんどん貯まっていきます。

例えば、JALマイルを貯めたいなら日本航空を利用すればいいですし、ANAマイルを貯めたいなら全日空を利用すればOKです。

また、提携航空会社を利用することで、自分が貯めたいマイルを貯めていくことができます。

飛行機を利用する際には、自分が貯めているマイルが貯まるかどうかをしっかり確認してみるといいでしょう!

クレジットカード利用で貯める

マイルはクレジットカードを利用することでも貯めていくことができます。

意外に飛行機を普段は利用せずに、買い物や生活費をクレジットカードで支払いことで、マイルを貯めている人は大勢います。

クレジットカードでの支払いを1枚に集約することができれば、1~2年の間には特典航空券と交換することができるはずです。

また、各航空会社でマイルが貯まりやすい特約店を設定していることが多いので、上手く利用すると2倍、3倍のスピードで貯めることが可能です。

提携ホテルに泊まって貯める

航空会社によっては提携ホテルに宿泊することでマイルを貯めることができます。

例えば、日光ホテルやプリンスホテル、インターコンチネンタルなどは提携ホテルとなっています。

旅行などで泊まるホテルを自分が貯めている航空会社の提携ホテルにすれば、それだけでマイルを貯めていくことができますよ!

電子マネーで貯める

電子マネーを利用することでJALやANAのマイルを貯めていくこともできますよ。

例えば、JALマイルでしたら「WAON」、ANAマイルでしたら「楽天Edy」を利用することでどんどん貯めていくことが可能です。

自分が貯めているマイルと親和性の高い電子マネーを利用すると、一緒にマイルを貯めることもできるんですね!

ポイントサイトを利用して貯める

最後にポイントサイトを上手く利用することで、飛躍的にマイルを貯めていくことが可能です。

普段のショッピングや旅行の予約、クレジットカードの申込をポイントサイト経由にするだけのお手軽な方法です。

こちらのポイントサイトで貯めていく方法にはコツがありますので、別記事で詳しく紹介します。

マイルが貯まりやすい!おすすめクレジットカード

マイルの貯め方のところで、クレジットカードを使うことを紹介しましたが、マイルを貯めやすいカードと貯めにくいカードが存在します。

そこで、ここではおすすめのマイルを貯めやすいクレジットカードをご紹介します。

JALマイルが貯まるクレジットカード

JALアメリカン・エキスプレス・カード

「JALアメリカン・エキスプレス・カード」では、年会費が6000円ほどかかりますが、それが安く感じるほど充実したゴールドカード級のサービスを受けることができます。

国際ブランドの中でもステータスが高いアメックスですので、通常はグリーンカードでも12000円の年会費がかかります。

それが「JALアメリカン・エキスプラス・カード」でしたら、6000円でアメックスの充実したトラベルサービスを楽しむことができるのが魅力です。

空港のラウンジが同伴者1名が無料になったり、レストランやホテルが最大70%ほど割引になる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」も利用することができます。

ただ、唯一気をつけなければならないのが、マイルを貯めていくことができる「WAON」と連携ができないことです。

それを除けば、JALマイルを貯めるにあたり大変お値打ちのカードとなっています。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、JALマイルと親和性の高い「WAON」を上手く使うことでどんどんマイルを貯めることができるカードです。

「WAON」にチャージした電子マネーを利用することで、マイルを二重取りすることができます。

また、TOKYUポイントとも二重取りがすることができますので、東急系列のショップをよく利用する方にもおすすめです。

クレジットカードの利用だけでなく、イオングループや東急グループのショップを利用する機会が多い方はJALマイルを効率よく貯めることができますよ!

ANAマイルが貯まるクレジットカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイルを効率よく貯めるのであれば、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

ANAマイルは原則有効期限が3年となっていますので、あまりゆっくり貯めてしまうとマイルが失効してしまいます。

しかし、この「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」であれば、ポイント移行コース(税抜6,000円)に参加することで、無期限にマイルを貯めていくことができます

マイルは大量に貯めて、ヨーロッパなどの長距離航空券に交換するほうが価値が高くなりますので、とてもお得です。

また、こちらのカードは海外旅行保険が家族特約付きですので、家族で海外旅行を考えておられる方にもおすすめです。

さらに空港ラウンジが同伴者1名まで無料になるなど、ゴールドカード・プラチナカード級のサービスがついてくることも魅力の一つです!

ANA VISA Suicaカード

「ANA VISA Suicaカード」は「クレジット」「ANAマイル」「Suica」という3種類の機能がクレジットカード1枚に入った大変便利なカードです。

通勤でJRを利用する方ならどんどんANAマイルが貯まっていきます。

また、毎年1000マイルのボーナスマイルがプレゼントされるのも嬉しいポイントです。

これだけのサービスがついて、年会費がたったの2000円(初年度無料)というのも魅力の一つです。

買い物でクレジットカードを利用し、移動手段としてJRを使われる方でANAマイルを貯めたい方にぜひおすすめしたいカードです。

デルタスカイマイルが貯まるクレジットカード

デルタスカイマイルを貯めていきたいのであれば、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」がおすすめです。

アメックスのゴールドカードはステータスが最高位だけあって、年会費がとても高いですが、それに見合ったサービスも受けることができます。

「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年会費が26000円となっており、通常のアメックスゴールドカードの年会費29000円よりも少し割安になっています。

また、ゴールドカードの特典だけでなく、初年度にはゴールドメダリオンの資格がついてくるのも大変魅力です。

ゴールドメダリオンの主な特典は主に次のようなもので、利用額によっては来年度以降も資格を得ることができますよ。

■ゴールドメダリオンの優待特典

・運賃に応じて8マイル付与/ドル
・優先搭乗や優先で空席待ちができる
・到着時に優先的に手荷物を受け取ることができる
・スカイチームラウンジが同伴者1名まで無料で利用できる

また、デルタスカイマイルを貯めるにあたり、ボーナスマイルがもらえる機会が多いのも嬉しいところです。

フライトボーナスとしては、入会時に「8000マイル」、更新時に「3000マイル」、初回フライトボーナスとして「ビジネスクラス:25000マイル」「エコノミークラス:10000マイル」がついてきます。

海外でカードを利用した場合には、通常の1.5倍の貯まるので、買い物好きの方にもお得です。

通常の買い物や光熱水料の支払いなど通常カード利用でも1マイル/100円(マイル付与率1%)貯まるだけでなく、デルタ航空利用だとマイル獲得率3倍(マイル付与率3%)、ゴールドメダリオン特典とあわせると11%とものすごい還元率となるので、デルタスカイマイルを貯めるならこの1枚は絶対に持っておきましょう。

ユナイテッド・マイレージプラスが貯まるクレジットカード

ユナイテッド・マイレージプラスを効率よく貯めていくなら、「マイレージプラスセゾンカード」がおすすめです。

こちらのクレジットカードは、クレディセゾンとユナイテッド航空が提携して発行しているカードで、マイルをお得に貯めていくことが可能です。

買い物をする際に貯めることができるショッピングマイルは「5マイル/1000円」で貯めていくことができます。

年会費は1500円と大変格安になっており、年会費に5000円追加すれば、さきほどのショッピングマイルを「15マイル/1000円」にグレードアップすることができます。

また、海外旅行に必須の海外旅行保険の内容も充実しているのが、嬉しいポイントです。

年会費をかけずにマイルをしっかり貯めて、かつ、海外旅行保険もつけたいという方にはおすすめのクレジットカードとなっています。

最後に

マイルを効率よく貯めると航空券代がタダになったり、座席をグレードアップしてゆっくり快適に移動することができるようになります。

それだけで旅行が楽しくなりますよね。

この記事を読んでいただいたあなたは、マイルについての基礎知識はしっかり理解されたと思いますので、あとはコツコツと貯めていくだけです。

自分が貯めたいマイルを決めて、クレジットカードなどを上手く利用して、是非快適な空の旅を楽しんでください!


赤ちゃん連れ旅行を計画するなら
【べビ旅!】


赤ちゃんと旅行ならベビ旅!

 

赤ちゃんとの旅行は分からないことがいっぱいで不安ですよね。

「子どもが産まれて初めての家族旅行は最高の思い出にしたい」

そんな気持ちを叶えるために、赤ちゃん連れ旅行専門のサイトを立ち上げました。

ぜひあなたの最高の思い出作りにお役立てください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です