おすすめカーシェア会社4社の料金・サービスを徹底比較!充実のカーシェアライフを!

流行りのカーシェアリングで旅行するのはお得なのか!?

カーシェアリングって知っていますか?

カーシェアリングとは、自分が使いたいときだけ、好きな時間だけ車を利用することができる「会員制自動車共有システム」のことです。

 

マイカーは購入費だけでなく、そのあとの車検代や駐車場代などの維持費がかかりますが、カーシェアリングはそうした費用が一切かからないので、若者を中心に広がっています。

昔はマイカーを持つことが一つのステータスと考えられていた時代もありますが、今はそうした考えは古くなってきているのが現状です。

できるだけお手軽・お得に車を利用したいという方が増えてきており、そうした希望にカーシェアリングは見事に合致しています。

 

しかし、日本国内でカーシェアリングが急速に広がったこともあり、カーシェア会社は約30社ほどあり、その中から各会社のサービスを比較して、自分のライフスタイルに合った会社を見つけ出すのは、なかなか大変ですよね。

そこで今回は数あるカーシェア会社の中でもおすすめの4社の料金やサービスを比較紹介したいと思います。

今回の記事を参考にして、自分が利用するカーシェア会社を決めて、便利なカーシェアライフを楽しんでくださいね

レンタカー

国内大手レンタカー会社5社を徹底比較!料金やサービス内容まで詳しく紹介

2019年1月12日

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは、自分が使いたいときだけ、好きな時間だけ車を利用することができる「会員制自動車共有システム」のことです。

カーシェアリングの最大の特徴は「自分が使いたいときだけ、好きな時間だけ」というところで、PCやスマートフォンから簡単に予約でき、使った分だけお金を精算すればいいという簡単なシステムになっています。

短時間でも利用することができ、1回数百円程度から車に乗ることができるお手軽さから若い人を中心として、全国的に普及しています。

 

また、利用用途にもよりますが、駐車場代や車検代などが一切かからないことから、経済的にも優しくなっているのが、人気の理由の一つではないでしょうか。

またレンタカーでありがちな、6時間パックで予約したけど4時間しか使わなかったというような、もったいない時間をなくすこともできます。

カーシェア会社にもよりますが、全国の主要駅や空港近くにカーステーションが設置されているので、旅行や出張にも大活躍です。

カーシェアリングの特徴

カーシェアリングには、レンタカーやマイカーとは違う独自の特徴があります。

利用する場合には、これから説明する特徴をしっかりと理解しておくことが重要となります。

短時間の利用ができる

カーシェアリングの特徴として、短時間利用ができるということがあります。

レンタカーの場合は3時間パックや6時間パックなど「時間」単位となりますが、カーシェアリングの場合には10~15分単位での利用が可能です。

日常の買い物や送り迎えなど、ちょっと車があれば便利なのにな~という際に気軽に利用することができますよ。

24時間利用ができる

24時間利用することができることもカーシェアリングの特徴です。

マイカーは別として、レンタカーの場合は24時間営業しているところは少ないです(ニッポンレンタカーなど一部サービスは除く)

カーシェアリングの場合は、営業所という概念がないので、早朝でも深夜でもいつでも車が空いていれば利用することができます。

例えば、真夜中に子どもが急に高熱を出したときでもすぐに車で病院まで連れて行ったりもできますよ。

ライフスタイルや利用目的に合わせることができる

自分のライフスタイルに合わせて車を利用することができます。

人によって、毎日6時間以上運転する人、休日しか運転しない人、月に1回旅行の際に運転する人など利用目的や頻度も様々です。

カーシェアリングの場合、使った分だけ料金がかかるので、そうした多用なライフスタイルにも対応できます。

各カーシェアリング会社で料金プランやパックなどが異なりますので、しっかりと比較した上で自分のライフスタイルに合ったサービスを選べば、満足する利用ができることでしょう。

保険料やガソリン代が無料

あとで詳しく説明しますが、カーシェアリングでは保険料やガソリン代がかかりません。

レンタカーの場合はガソリンを満タンにして返すことが一般的ですが、カーシェアの場合はそうした面倒な作業は発生しません。

基本的にはこうした料金や維持費はすべて基本料金に含まれていますので、追加の請求が発生しないことも選ばれている理由ではないでしょうか。

カーシェアリング会社の選び方

カーシェアリングの特徴は分かったけれど、数多くあるカーシェアリング会社から自分に合った会社の選び方が分からないという人も多いことでしょう。

そこで、カーシェアリング会社を選ぶ上でのポイントをご説明しますので、選ぶ際の参考にしてください。

自宅からカーステーションが近い

個人的にはまず一番重要視してほしいポイントが「自宅からステーションが近い」会社を選ぶということです。

ちょっと想像してもらいたいのですが、自宅から15分歩いた場所にある車がある場合、みなさんは気軽に利用するでしょうか。

私はめんどうくさいな~となって利用する回数が少なくなります。

 

カーステーションからの距離が遠くなればなるほど使い勝手が悪くなり、せっかく登録しても利用しなくなってしまいます。

利用したいときにすぐに使えるようにするためにも、歩いて5~10分くらいにカーステーションがある会社を選ぶようにしましょう。

利用頻度と料金プランのバランス

自分が車を利用する頻度と各カーシェアリング会社の料金プランのバランスを考えて選んでみましょう。

カーシェアリングの利用料金は、初期費用や基本料金、距離料金などの合計額となります。

 

「月にどれくらい利用するのか」「1回あたり何時間くらい利用するのか」「平日と休日はそれぞれどのくらいの頻度で利用するのか」などによって、どのカーシェアリング会社を選ぶと得なのかが変わります。

自分の利用するシーンをしっかりと考えた上で、それぞれの会社の料金プランや初期費用などを比較することで、自分にあった会社を選ぶことができるでしょう。

用途にあった車種が揃っている

どのカーシェアリング会社でもほとんどの場合はコンパクトカーやセダンタイプが利用することができます。

しかし、会社によっては軽自動車や外国産車、軽自動車などその他のタイプの車も用意している場合があります。

 

日常使いでしたらコンパクトカーなどで十分ですが、旅行やデートなどで利用する場合やためしに気になってる車種がある場合は、それらの車種が揃っている会社を選ぶといいでしょう。

また、乗車人数が何人くらいになりそうかで車の種類も変わりますので、そのあたりも考慮にいれて選んでみましょう。

自分にあったオプションがある

各カーシェアリング会社でついているオプションが異なります。

代表的なオプションとしては、小さな子どもがおられる方には嬉しいチャイルドシートをつけることができるオプションや携帯充電器を貸出してくれるオプションです。

基本的にはカーナビやETCは標準装備されているところは多いですが、念のため確認しておくといいでしょう。

おすすめ4社の特徴

タイムズカープラス

POINT
●業界最多数のカーステーション数
●ネットで簡単予約、予約3分後には利用可能
●短時間利用は206円/15分
●輸入車や電気自動車など車種多数

カーシェアと聞いて、まず思い浮かべる方も多いのが「タイムズカープラス」です。

業界の中でもトップを走り続けている会社で、時間貸駐車場のタイムズで有名なパーク24グループのタイムズ24㈱が運営しているサービスです。

特徴としては、業界最大級のカーステーション数と設置車数を有しているところで、カーステーションへのアクセスが他社と比べて圧倒的にいいです。

サービス利用では予約3分後には車を利用できたり、利用開始1分前までキャンセルできたりと、柔軟に利用可能なところが人気です。

初期費用としてはカード発行料のみですぐに利用開始することができ、分かりやすい料金設定なので安心して利用することができますよ。

オリックスカーシェア

POINT
●24時間365日予約可能
●長時間パックが業界最安値
●学生プランや月額基本料無料プランなどプランが豊富
●主要都市に駅前カーステーション多数

タイムズカープラスほどではありませんが、カーステーションの数は業界の中でもトップクラスで、全国の様々な場所で利用することができます。

24時間365日いつでもPCやスマホから予約することができ、気軽に利用することができます。

料金プランではお得に利用できるよう工夫がなされており、月額基本料が無料プランや長時間パックが業界最安値設定など利用者のことが考えられています。

学生プランや法人プランもありますので、様々な方の需要に合わせてプランを選ぶことが可能です。

最近では主要都市の駅前カーステーションをどんどん増やしていますので、旅行や出張の際に大活躍です。

カレコカーシェアリングクラブ

POINT
●首都圏では業界最大級のカーステーション数
●カレコ独自のカーシェアリングサービス多数
●業界最多数の車種数

東京・神奈川・千葉・埼玉など首都圏にカーステーションを多数展開し、山手線内エリアでは業界でもトップクラスのステーション数となっています。

また、最近では大阪や京都、兵庫などの関西エリアにもサービスを積極的に展開しており、ステーション数を急激に拡大しています。

車種の多さでは他のカーシェア会社を圧倒しており、色々な車を試しに乗ってみたいという方にはおすすめです。

「マンション移住者向けカーシェアリングサービス」など、他の会社にはない独自サービスも色々ありますので、一度チェックしてみては。も豊富です。

dカーシェア

POINT
●初期費用や月額基本料が無料
●カーシェア以外にレンタカーも利用可能
●利用するたびにdポイントが貯まる
●分かりやすい料金設定

dカーシェアの特徴としては、初期費用や月額基本料が0円となっており、カーシェア初心者でも気軽に始めることができることです。

料金設定も分かりやすく、利用したいときに利用した分だけ支払えばいいプランとなっています。

また、dカーシェアの他社にはない特徴としては、カーシェア利用だけでなく、7つのレンタカー会社も選ぶことができるので、利便性というところではとても評価が高いです。

カーシェアに詳しくない方でも分かりやすいサービス設定になっているので、ためしに使ってみたいという方にはおすすめです。

おすすめ4社の車種比較

各カーシェアリング会社では利用できる車種にも違いがあります。

何でもOKという方なら問題ないかもしれませんが、このメーカーの車がいいとか、外車がに乗ってみたいなど車種にこだわりがある方はチェックが必要です。

タイムズカープラス

プリウス
(TOYOTA)
プレマシー
(MAZDA)
デミオ
(MAZDA)
デミオ
(MAZDA)
フィット
(HONDA)
アクア
(TOYOTA)
ノート
(NISSAN)
ヴィッツ
(TOYOTA)
カローラフィールダー
(TOYOTA)
スイフト
(SUZUKI)
ソリオ
(SUZUKI)
i-MiEV
(MITSUBISHI)
ADバン
(NISSAN)
NV200バネット
(NISSAN)
ハスラー
(SUZUKI)
パッソ
(TOYOTA)
フリード
(Honda)
N-BOX
(Honda)
インプレッサ
(SUBARU)
ウェイク
(DAIHATSU)
シエンタ
(TOYOTA)
NV350キャラバン
(NISSAN)
ミラ トコット
(DAIHATSU)
COMS
(TOYOTA)
MINI One CROSSOVER
(BMW)
LEAF
(NISSAN)
Audi A1
(Audi)
セレナ
(NISSAN)
CX-5
(MAZDA)
ノア
(TOYOTA)
スバル XV
(SUBARU)
VOXY
(TOYOTA)
C-HR
(TOYOTA)
i-ROAD
(TOYOTA)

オリックスカーシェア

アクア
(TOYOTA)
ノート
(NISSAN)
フィット
(HONDA)
フィット HYBRID
(HONDA)
フィット3
(HONDA)
フィット3 HYBRID
(HONDA)
デミオ
(MAZDA)
ヴィッツ
(TOYOTA)
マーチ
(NISSAN)
プリウス20
(TOYOTA)
プリウス30
(TOYOTA)
プリウス50
(TOYOTA)
インサイト
(HONDA)
カローラ アクシオ
(TOYOTA)
ティーダラティオ
(NISSAN)
フィットシャトル HYBIRID
(HONDA)
カローラフィールダー
(TOYOTA)
シャトルHV
(HONDA)
ヴェゼル HYBRID
(HONDA)
フリード
(HONDA)
フリード HYBRID
(HONDA)
フリード2HV
(HONDA)
エクストレイル
(NISSAN)
ステップワゴン
(HONDA)
ステップワゴン5
(HONDA)
セレナ ハイブリッド
(NISSAN)
リーフ
(NISSAN)

カレコカーシェアリングクラブ

C-HR
(TOYOTA)
ヴェゼル
(HONDA)
スイフト
(SUZUKI)
ヴィッツ
(TOYOTA)
タンク
(TOYOTA)
ノート
(NISSAN)
N-BOX
(HONDA)
フィット
(HONDA)
フォーフォー パッション
(スマートスマート)
フォーフォー プライム
(スマートスマート)
フォーフォー ブラバスS
(スマートスマート)
ブラバス カブリオ Xc
(スマートスマート)
iMiev
(MITSUBISHI)
ハリアー
(TOYOTA)
エクストレイル
(NISSAN)
XV
(SUBARU)
XV HYBRID
(SUBARU)
CX-5
(MAZDA)
新型CX-5
(MAZDA)
レヴォーグ
(SUBARU)
エクスファイア
(TOYOTA)
ヴォクシー
(TOYOTA)
ヴォクシーHYBRID
(TOYOTA)
シエンタ
(TOYOTA)
フリード
(HONDA)
新型フリード
(HONDA)
プリウス
(TOYOTA)
新型プリウス
(TOYOTA)
プリウスPHV
(TOYOTA)
アクセラ
(MAZDA)
リーフ
(NISSAN)
A250 スポーツ
(メルセデス・ベンツ)
新型A180スタイルAMGライン
(メルセデス・ベンツ)
A180スタイル
(メルセデス・ベンツ)
B180
(メルセデス・ベンツ)
CLA220 クーペ
(メルセデス・ベンツ)
CLA180 AMGスタイル
(メルセデス・ベンツ)
GLA220
(メルセデス・ベンツ)
GLA180
(メルセデス・ベンツ)
C180カブリオレ スポーツ
(メルセデス・ベンツ)
ロードスター
(MAZDA)
A3 Sportback
(アウディ)
レクサス CT
(レクサス)
レクサス NX
(レクサス)
レクサス IS
(レクサス)
GLC220d  スポーツ
(メルセデス・ベンツ)
GLC220dクーペ スポーツ
(メルセデス・ベンツ)
GLC200 スポーツ
(メルセデス・ベンツ)
V220d
(メルセデス・ベンツ)
ハイラックス
(TOYOTA)
ランドクルーザープラド
(TOYOTA)
アルファード
(TOYOTA)
ヴェルファイア
(TOYOTA)
キャンピングカー
(TOYOTA)

dカーシェア

dカーシェアは「オリックスカーシェア」と「カレコカーシェアリングクラブ」で取り扱っている車を利用することができます。

そのため、車種も上記のオリックスカーシェアやカレコカーシェアリングクラブで紹介したものが利用できますので、非常に豊富です。

おすすめ4社の料金プラン比較

自分が利用するカーシェアリング会社を決める上で、料金をしっかりと比較して決めたいという方は多いのではないでしょうか。

そこで、ここではおすすめ4社の料金プランについて比較していきます。

まずは、カーシェアリングの料金体系について説明します

カーシェアリングの料金体系

カーシェリング会社によって料金体系は少しずつ違っていますが、基本的な料金計算の考え方は同じです。

入会費やカード発行手数料などの「初期費用」、毎月固定で発生する「月額基本料」、利用時間や利用距離分だけかかる「利用料金」が必要になります。

■カーシェアリング利用にかかる費用

【初期費用】+【月額基本料】+【利用料金】

もう少し詳しく説明すると、次のようになります。

初期費用

入会時にかかる費用で、主に「入会金」や「ICカード発行手数料」などを支払う必要があります。

入会金については、大体1,000円~2,000円くらいの会社が多いですが、会社によっては初期費用が無料というところもあります。

この費用は最初に支払いが終われば、その後は発生しない料金となります。

月額基本料

退会をしない限り、毎月払う必要がある料金が「月額基本料金」です。

こちらの基本料金は、サービスの利用有無に関わらず、必ず支払う必要がある料金ですので、すこしでも安いほうがランニングコストが下がることになります。

料金設定は大体800円~2,000円で設定されているところが一般的です。基本料金が高い場合は、利用料金が低めに設定されていることが多いです。

月額基本料金が無料になるプランや月額基本料金分を利用料金にあてることができるサービスを行っている会社もありますので、比較してみるといいでしょう。

時間料金(利用料)

サービスを利用した時間に比例して支払う必要がある料金です。

利用時間の単位は15分単位や30分単位など各社でばらばらですので、自分の利用スタイルに合ったところを選ぶといいでしょう。

距離料金(利用料)

サービス利用時に走った距離に比例して支払う必要がある料金です。

大体10円~20円/kmくらいの料金設定が一般的です。会社によっては距離料金が無料のサービス会社も出てきています。

パック料金

サービスを利用する際に、長時間利用の方が普通に利用するよりも割安になるサービスパックの料金です。

一般的には「6時間パック」「12時間パック」「24時間パック」などを設定していることが多いです。

また、深夜の時間帯利用の際にさらにお得になる「ナイトパック」を設定しているところもあります。

長時間利用が多い方は、この「パック料金」を比較してみるといいでしょう。

おすすめ4社の料金体系


(dカーシェアはオリックスカーシェアの車利用を想定)

タイムズカープラス

タイムズカープラスは、24時~のナイトパック利用が4社の中で一番おすすめです。深夜移動にカーシェア利用を考えている方はお得になります。

また、距離料金が6時間までかからないのも魅力的です。普段の買い物や子どもの送り迎えに利用を考えておられる方にはおすすめです。

また、タイムズカープラスはカーステーションの設置数が他の会社とは段違いですので、時間料金や距離料金などで多少他よりも高くても、利便性という面で選ばれる方も多いようです。

オリックスカーシェア

オリックスカーシェアは、長時間パックが業界最安値ということもあり、旅行などの長時間利用を考えておられる方におすすめです。

車種も豊富ですし、タイムズカーシェアほどではありませんが、主要都市にはカーステーションが設置されているので、とても便利です。

おすすめ4社の中では、短時間利用でも距離料金がかかってしまうところが残念ですが、旅行などの長時間利用がメインの人にとってはメリットが大きいと思います。

カレコカーシェアリングクラブ

カレコカーシェアリングクラブでは、ベーシックプランと平日プランを選ぶことはできて、平日メインで利用する方は平日プラン、休日も利用する方はベーシックプランとライフスタイルに合わせて選ぶことができますよ。

また、カレコカーシェアリングクラブも6時間までの短時間利用の場合、距離料金が無料なので気軽に利用することができます。

また、選べる車種も業界No.1なので、色々な車に乗ってみたいという方は、カレコカーシェアリングクラブを選んでみるのもいいと思いますよ。

dカーシェア

dカーシェアはなんといっても、初期費用と月額基本料がまったくかからないのが魅力です!

料金は使った分だけ支払って、さらに6時間までの利用なら距離料金がかからないのも嬉しいです。

カーシェリングってどんな感じだろうと検討している方は、とりあえず登録してみてもいいんではないでしょうか。

また、利用するたびに「dポイント」が貯まっていくのも楽しいですね!

■オリックスカーシェア利用の場合

■カレコカーシェアリングクラブ利用の場合

料金シミュレーション

シミュレーション①

平日利用メイン

1ヶ月に8回、平日2時間利用(6km)利用の場合

タイムズカープラス

月額基本料金

1,030円

利用料金

206円/15分×8(2時間)×8回=13,184円

||

合計

14,214円

オリックスカーシェア

月額基本料金

980円

利用料金

(200円/15分×8(2時間)+15円/km×6km)×8回= 13,520円

||

合計

14,500円

カレコカーシェアリングクラブ

月額基本料金

980円

利用料金

130円/10分×12(2時間)×8回=12,480円

||

合計

13,460円

dカーシェア

※オリックスカーシェア利用

月額基本料金

0円

利用料金

220円/15分×8(2時間)×8回=14,080円

||

合計

14,080円

シミュレーション②

休日利用メイン

1ヶ月に4回、休日12時間(30km)利用の場合

タイムズカープラス

月額基本料金

1,030円

利用料金

(6,690円(12時間パック)+16円/km×30km)×4回=28,680円

||

合計

29,710円

オリックスカーシェア

月額基本料金

980円

利用料金

(4,500円(12時間パック)+15円/km×30km)×4回= 19,800円

||

合計

20,780円

カレコカーシェアリングクラブ

月額基本料金

980円

利用料金

(5,300円(12時間パック)+15円/km×30km)×4回= 23,000円

||

合計

23,980円

dカーシェア

※オリックスカーシェア利用

月額基本料金

0円

利用料金

(6,500(12時間パック)+16円/km×30km)×4回=27,920円

||

合計

27,920円

シミュレーション③

平日・休日どちらも利用

1ヶ月に4回平日2時間(6km)、1ヶ月に4回休日6時間(20km)利用の場合

タイムズカープラス

月額基本料金

1,030円

利用料金

206円/15分×8(2時間)×4回+ 4,020円(6時間パック)×4回=22,672円

||

合計

23,702円

オリックスカーシェア

月額基本料金

980円

利用料金

(200円/15分×8(2時間)+15円/km×6km)×4回+ (3,500円(6時間パック)+15円/km×20km)×4回=21,960円

||

合計

22,940円

カレコカーシェアリングクラブ

月額基本料金

980円

利用料金

130円/10分×12(2時間)×4回+ 3,800円(6時間パック)×4回=21,440円

||

合計

22,420円

dカーシェア

※オリックスカーシェア利用

月額基本料金

0円

利用料金

220円/15分×8(2時間)×4回+4,200(6時間パック)×4回=23,840円

||

合計

23,840円

シチュエーション比較まとめ

カーシェア利用で気になるポイント

ガソリンはどうなるの

カーシェアリングでは、原則としてガソリンの満タン返しは必要ありません。

レンタカーでよくある営業所の近くにガソリンスタンドがなくて困ってしまったということは、カーシェアリングでは起こらないのです。

また、もしガソリンが少なくなってきたときは、近くのガソリンスタンドに行き、備え付けのクレジットカードを使って給油することができます。

当然そのクレジットカードはカーシェアリング会社のものですので、利用者に請求がいくことはありえません。

会社によっては、給油をしてあげると手間賃として利用料金の一部が無料になるところもありますので、どちらかというと利用者が得をするようになっています。

利用料金に含まれているもの

カーシェアリングを利用するにあたって支払う必要がある料金は、ほとんどの会社で「初期費用」「月額基本料金」「利用料金」の3種類です。

その他には支払う必要がないので、とても明瞭な請求システムとなっています。

ちなにレンタカーやマイカーの利用で必要となってくる次のような料金は、利用料金の中に含まれていますので支払う必要はありません。が含まれています。

・ガソリン代
・自動車保険料
・車両代
・税金関係
・整備・点検費
・駐車場代
・維持費
・車内装備費

保険や補償はどうなっているの

カーシェアリングの利用料金の中には、はじめから自動車保険料が含まれていますので、いざというときも安心です。

補償内容は各カーシェアリング会社で異なりますので確認は必要ですが、基本的には以下のような補償が含まれています。

●対人補償:1名につき 無制限(自賠責保険含む。免責額0円)
※「対人補償」とは、他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償です。

●対物補償:1事故につき 無制限(免責額0円)
※「対物補償」とは、他人の車や物に損害を与えた場合の補償です。

●車両補償:1事故につき 時価額(免責額0円)
※「車両補償」とは、利用しているカーシェアリング事業者の車両に損害を与えた場合の補償です。

●人身傷害補償:1名につき 3,000万円~無制限
※「人身傷害補償」とは、ご自身や同乗者が死傷した場合の補償です。

レンタカーとの補償の違い

レンタカーを利用する際にも補償をつけることができますが、カーシェアリングとは少し異なるところがあります。

一番大きな違いとしては「免責補償」で、レンタカー利用の場合は保険の補償対象にならない「免責額」の設定がされているため、事故を起こした場合には「免責額」(対物免責額や車両免責額など)を負担する必要があります。

この「免責額」を補償してもらうためには、別途「免責補償制度」に入っておく必要がありますが、一般手金は任意加入となっていますので、入り忘れたりすると大変です。

この点、カーシェアリングでは、「免責補償」も利用料金に含まれていますので、事故を起こしてしまったとしても自己負担は「無料」となります。

レンタカーの場合でも任意加入しておけばいいのですが、はじめから含まれているほうが安心だといえるかと思います。

 

ノンオペレーションチャージ

レンタカーやカーシェアリングの補償の話の中で「ノンオペレーションチャージ」についても知っておくと安心です。

ノンオペレーションチャージとは「営業補償」のことで、事故などによって車両の修理等が必要となった場合、その期間の営業の補償するための金額です。

あくまで「営業補償」ですので、さきほど説明した「免責補償」とは異なります。

ノンオペレーションチャージの金額については、各カーシェアリング会社で異なりますので、こちらも調べておく必要がありますが、一般的には「20,000円~50,000円」くらいとなっています。

乗り捨てはできるの

カーシェアリングは原則乗り捨てはできません。

利用者は自分が車を借りたカーステーションにきちんと返す必要があります。

ただし、一部のカーシェアリング会社では、乗り捨てができるサービスを提供しているところもあります。

タイムズカープラスでは、大阪国際空港(伊丹空港)と関西国際空港、広島空港で乗り捨て(ワンウェイ)式カーシェアリングが利用可能です。

事故や故障時はどうすればいいの

事故をおこしてしまったら・・・

万が一事故を起こしてしまったら、通常の対応と同じく、まずは人命救助と二次事故の防止に努めましょう。

その後、警察への届出を忘れずに行いましょう。事故証明書がないと保険適用不可となってしまうため、注意が必要です。

また、当たり前ですが、利用しているカーシェアリング会社への連絡も行います。

ほとんどのカーシェアリング会社では事故発生時の対応窓口を設けておりますので、そこに速やかに連絡するようにしましょう。

手続きで分からない点があれば、カスタマーサポートの方が丁寧に教えてくれます。

また、上述したとおり、補償については自動車保険がついていますので保険が適用されますが、車両の修理が必要な場合はノンオペレーションチャージを支払う必要があります。

故障してしまったら・・・

故障してしまった場合は、すぐに各カーシェアリング会社のカスタマーサポートセンターへ連絡し、指示をうけるようにしましょう。

また、事故などで車両が故障・破損してしまった場合も同様です。

カーシェアリングでは自動車保険がついていますので、補償範囲内で保険適用されますが、利用者に過失がある場合などは利用者負担となるケースもあります。

詳細については、各カーシェアリング会社のサービス内容の確認が必要ですが、何よりも安全運転を常に心がけるようにしましょう!

まとめ

おすすめカーシェア会社4社(タイムズカープラスオリックスカーシェアカレコ・カーシェアリングクラブdカーシェア)について、料金やサービス面で比較をしてきました。

ここまで読んでいただいたなら、かなり自分のスタイルに合ったカーシェア会社が分かったのではないでしょうか。

個人的には料金も大事ですが、何よりもカーステーションが近く、利便性が高いことがポイントです。

やはり車を利用するのは、便利でラクをしたいからです。

 

とはいうものの人によって優先順位は違いますので、しっかりと各社の違いを見極めた上で選ぶようにしましょう。

充実したカーシェアライフを過ごす一助になれば幸いです!

流行りのカーシェアリングで旅行するのはお得なのか!?

赤ちゃん連れ旅行を計画するなら
【べビ旅!】


赤ちゃんと旅行ならベビ旅!

 

赤ちゃんとの旅行は分からないことがいっぱいで不安ですよね。

「子どもが産まれて初めての家族旅行は最高の思い出にしたい」

そんな気持ちを叶えるために、赤ちゃん連れ旅行専門のサイトを立ち上げました。

ぜひあなたの最高の思い出作りにお役立てください。


2 件のコメント

  • 私もカーシェアリング使っています。車は無かったら無かったで、徒歩・自転車・電車を組み合わせて生活を成り立たせられるんですよね。

    車って必須じゃないんだな、と日々実感しています。

    • 徳川様

      コメントありがとうございます。

      本当に車はあったら便利なんですが、なくても生活が成り立つので、今の車離れに繋がっているのかなと思っています。

      私は車の運転が好きなので離れられそうにはないんですが。笑

      これけらも記事更新していきますので、また遊びに来てください

  • うーすけ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です