赤ちゃんは飛行機で耳抜きはどうするの?原因・対処法・タイミングなど徹底解説

赤ちゃんの飛行機での耳抜きはどうする?やり方やタイミング・注意点まとめ!

赤ちゃんと飛行機に乗ったときに心配なのが、飛行機の中で泣いたりして、周りの方に迷惑がかからないのかということではないでしょうか。

赤ちゃんが機内で泣いてしまい、周りの方に迷惑をかけてしまう原因の一つとして、赤ちゃんが「耳抜き」を上手くできていないということがあります。

大人と同じように赤ちゃんも気圧の変化によって耳詰まりを起こしてしまいますが、上手く耳抜きができないために痛くて泣いてしまいます。

 

大人であれば、自分で鼻をつまんで空気を出そうとしたり、つばを飲み込んだりすることで「耳抜き」を行うことができます。

しかし、赤ちゃんは自分で「耳抜き」ができないため、お父さん、お母さんが解消してあげる必要があります。

 

しかし、「赤ちゃんの耳抜きの方法はどうやってやるのか、分からない。。。」「いつ赤ちゃんの耳抜きをしてあげれば、いいんだろう?」と赤ちゃんの耳抜きに不安を感じておられる方は多いと思いのではないでしょうか。

そこで今回は、飛行機での赤ちゃんの「耳抜き」について、やり方やタイミング、耳抜きをする際の注意点について、ご紹介します。

赤ちゃんの耳抜きの方法をマスターして、赤ちゃんとの飛行機移動の不安を解消していきましょう!

赤ちゃんって耳抜きできないのか

赤ちゃんに限らず大人でもそうですが、飛行機での離陸や着陸のとき、高層ビルのエレベーターに乗っているとき、電車がトンネルをとおったときなどに「あれっ耳が詰まった感じがするぞ。。。」と感じます。

これがいわゆる「耳詰まり」と言われているものですが、原因としては中耳と外気圧のバランスが崩れることによっておこります。

症状が軽いときは「なんか耳が詰まっているな。。。」くらいの感じですが、ひどい場合は痛みを伴うこともあります。

また、赤ちゃんは中耳内の圧力を均等にすることができないため、大人とくらべて「耳詰まり」が発生しやすいといわれています。

補足(耳詰まりの原因)
離陸後に高度が上がっていくと、中耳の中の空気が膨張することにより鼓膜を外側に押していくことで違和感や痛みを感じます。
逆に、着陸時には高度が下がることで機内の気圧が下がり、外側から内側へ圧力がかかり、違和感や痛みを感じます。
このような気圧の変化による空気の膨張や収縮などが原因となっています。

こうした「耳詰まり」が起こったときに大人でしたら、「唾を飲み込む」「鼻をおさえて鼻から空気を出そうとする」「あくびをする」といった対処法があります。

しかし、赤ちゃんはそういった行動がとることができませんので、自分ひとりで「耳詰まり」を解消することができません。

そのため、お父さんやお母さんが赤ちゃんの耳詰まりを一緒に解消してあげる必要があるのです。

赤ちゃんの耳詰まりを放っておくと、フライト中にずっと泣きっぱなしということにもなりかねないので、しっかりと対策してあげましょう!

注意
このようにフライト中におこる耳詰まりのことを正式名称では「航空性中耳炎」と呼んでいます。
航空性中耳炎は気圧差がなくなればすぐに治るものですが、数日たっても違和感や痛みが消えない場合は耳鼻科を必ず受診するようにしましょう。

赤ちゃんの飛行機での耳抜きの方法

赤ちゃんは耳詰まりをしやすいので、お父さんとお母さんが耳抜きを手伝ってあげる必要があります。

適切な対処をしてあげることで、しっかりと赤ちゃんの耳抜きを行うことができますので、これから説明する飛行機での耳抜きの方法を覚えておきましょう。

これをやれば絶対に耳抜きができるというものではありませんが、過去に多くの方がこれからご紹介する方法で、赤ちゃんの耳詰まり問題を乗り切っていますので、ぜひ実践してみましょう!

赤ちゃんに授乳をする

「赤ちゃんに授乳をする」ことで赤ちゃんの耳抜きをしてあげることができます。

これは大人が耳詰まりになったときに、つばを飲み込み、耳管を解放させるのと同じ効果が発揮されます。

ミルクなどの飲み物や食べ物を与える

乳幼児の場合にはミルクを与えることで、先ほどの母乳を与えたときと同じ効果が期待できます。

また、離乳食がスタートしている赤ちゃんには、おにぎりや赤ちゃん用のおかしを食べさせることも有効です。

お茶やジュースなどの飲み物を飲んだり、食べ物を飲み込む際に一緒につばも飲み込むため、赤ちゃんの耳詰まり解消に効果があります。

(補足)飛行機でミルクを与えるときの注意点

ミルクを赤ちゃんに与える場合には、粉ミルクは自分で用意しておきましょう。
航空会社によっては用意してくれるところもありますが、確実ではありません。
また、ミルクを作る際に必要なお湯は用意してくれますが、離陸時などはCAさんも忙しいので早めに必要なことを伝えておきましょう。

哺乳瓶についても、航空会社によって準備があるところとないところがあるので、準備しておくのが無難です。
日系の航空会社でしたらCAさんに頼めば哺乳瓶を洗ってくれる場合もありますが、消毒まではできていないので、不安なかたは与える回数分持っていくようにしましょう。

おしゃぶりを与える

おしゃぶりを与えると、赤ちゃんの口の中に唾液がたまりやすく、それを飲み込む際に耳詰まりが解消されることがあります。

また、顎を動かしていますので、その動きによって耳詰まりが解消されやすくなるといわれています。

耳栓をしてあげる

乳幼児の時期には行うことができませんが、3歳児以降であれば「耳栓」をしてあげることも有効です。

専用の耳栓を使うことで、耳の不快感や詰まった感じを軽減してあげましょう。

赤ちゃんの飛行機での耳抜きのタイミング

赤ちゃんの耳抜きをするのはいつでもいいわけではなく、行うべき「タイミング」があります。

飛行機での「耳抜き」は適切なタイミングで行わなければ、赤ちゃんの耳詰まりを解消することはできませんので、しっかりと意識して行うようにしましょう。

赤ちゃんと飛行機に乗った際の耳抜きのタイミングは、気圧の変化が激しくなる「離陸時」と「着陸時」です。

赤ちゃんの耳抜きを行う際には、「離陸時」と「着陸時」に忘れずにやってあげるようにしましょう!

母乳やミルクを与えたり、おしゃぶりをくわえさせたりするのもこのタイミングで行うことで、赤ちゃんの耳詰まりを回避することができますよ。

離陸時の耳抜きタイミング

離陸の際の耳抜きのタイミングとしては、飛び立つよりも少し前から対応しておく必要があります。

タイミングとしては飛び立つために滑走路まで移動している時間がありますので、そのタイミングで授乳などを開始するとベストです。

飛び立ってからですと、気圧の変化にすぐに発生しますので、赤ちゃんによってはすぐに泣き出してしまうからです。

また、気圧の変化だけでなく、揺れなどによって赤ちゃんが泣き出してしまうケースもありますが、離陸前に授乳などをしておくと、赤ちゃんの不安も和らぐ効果が期待できます。

着陸時の耳抜きタイミング

着陸時は離陸時と比べて、タイミングがとりにくいのが難点です。

こちらも飛行機が下降をし始めてからですとタイミングとしては遅いため、下降の少し前から耳抜きを始めておく必要があります。

大体どこの航空会社も着陸予定時刻の30分くらい前から高度を下げ始めると言われていますが、そのときの状況によって当然変わってきます。

なので、着陸時に関してはCAさんにタイミングについて相談するのが、一番だと思います。

そのフライトの状況を一番把握しておられるので、授乳などの際には色々とフォローもしてくれると思いますよ。

赤ちゃんが寝ていても耳抜きは必要なのか

赤ちゃんが寝ているときは、特に耳抜きは必要ありません。

赤ちゃんにとっても、お父さんやお母さんにとってもとてもラッキーです。

赤ちゃんの耳抜き対策としては一番効果もありフライト中も楽ですので、搭乗前にいっぱい遊ばせておいて、登場してからはお昼寝をさせるようにするのも有効な耳抜き対策です!

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるか

そもそも赤ちゃんはいつから飛行機に搭乗できるかということですが、赤ちゃんとの登場は利用する航空会社で多少異なりますが、生後8日以降というところが多いように思います。

医学的には生後8日すぐに飛行機に乗ったとしても、耳詰まりなどを含めて問題はないといわれています。

しかし、個人的には最低限首がすわってからの方がフライトはいいように思います。

赤ちゃんもお母さんもお互いに出産してすぐは体力も体調も不安定な状態であり、飛行機はいつもと違う環境になりますので、できる限りベストな状態で利用するようにしましょう!

いつから赤ちゃんは飛行機に乗れるのか!?航空会社規定やおすすめの座席・持ち物情報も紹介

いつから赤ちゃんは飛行機に乗れるのか!?航空会社規定やおすすめの座席・持ち物情報も紹介します

2018年6月13日

まとめ

赤ちゃんの飛行機での耳抜きについて解説してきましたが、最後にまとめると以下のようになります。

赤ちゃんの飛行機での耳抜き

・耳抜きのやり方は、「授乳」や「おしゃぶり」などで大人のつばを飲み込む効果と同様の効果を与えてあげる

・耳抜きのタイミングは、「離陸時」と「着陸時」

・分からないことはCAさんに遠慮せずに相談する

赤ちゃんとのフライトは不安も多いかと思いますが、しっかりと耳抜きなど対策をしてあげれば大丈夫です。

赤ちゃんとの楽しいフライトにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です