赤ちゃん連れ旅行で飛行機にベビーカーは持ち込めるのか?預ける際の注意点もご紹介します

赤ちゃん連れ旅行で飛行機にベビーカーは持ち込めるのか?預ける際の注意点

赤ちゃんと旅行する際にベビーカーがあると、移動が楽になりますよね。

赤ちゃんを乗せるだけでなく、荷物も一緒に乗せることができるので大活躍です。

 

しかし、旅行の移動手段として飛行機を利用する場合、「飛行機の機内にベビーカーは持ち込めるんだっけ?」「もし、預けるにしても注意点とかあるのか?」など分からないことも多いのではないでしょうか。

赤ちゃん連れ旅行で飛行機を使う手段は少ないので、なかなか情報も手に入りにくいですよね。

 

そこで今回は、飛行機にベビーカーを持ち込んでいいのか、ベビーカーを預ける際はどうするのか、預ける際の注意点などをご紹介します。

では、さっそく見ていきましょう!

ベビーカーは飛行機内に持ち込めるのか

ベビーカーを持って飛行機を利用する際に、機内に持ち込むことはできるのでしょうか。

大きさの関係からほとんどのベビーカーは持ち込みが難しいですが、各航空会社に規定されているサイズ内であれば持ち込み可能です

どのくらいのサイズであれば、持ち込むことができるのか見ていきましょう。

国内線でのベビーカーの機内持ち込みについて

国内線でのベビーカーの機内持ち込みは、規定の範囲内のサイズであれば可能です。

今回は国内大手のJALとANA、LCCのジェットスターの規定について確認していきます。

JAL機内持込サイズ100席以上:3辺の和が115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
100席未満:3辺の和が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)
手荷物制限機内持ち込みの手荷物は一人一個まで
総重量10kg以内
ANA機内持込サイズ100席以上:3辺の和が115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
100席未満:3辺の和が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)
手荷物制限機内持ち込みは一人一個まで
総重量10kg以内
ジェットスター機内持込サイズ高さ56cm×幅36cm×奥行23cm
手荷物制限保護カバーやバッグなどで安全に梱包されているものであれば、通常の機内持込手荷物の沸くとは別に、機内に持込可能
総重量40kg以内(一個あたり32kg以内)

このようにJALとANAでは、持込のサイズや重量、手荷物制限など同じとなっています。

ジェットスターではサイズの制限はほぼ同じですが、ベビーカーは手荷物にカウントされないなど、少し規定が異なっています。

 

このように各航空会社で機内への荷物の持ち込みについては、少しずつ異なりますので、準備の際には事前に確認しておくといいでしょう。

また、実際にサイズを見てもらったので分かると思いますが、普通のベビーカーですとサイズオーバーとなり、持ち込みはできなくなっています。

もし、どうしても飛行機に持ち込みたいのであれば、かなり厳選してベビーカーを選ぶ必要がありそうです。

国際線でのベビーカーの機内持ち込みについて

国際線についても、各航空会社の規定サイズ以内であれば持ち込みはできますが、国際線利用の場合は長時間移動となりますので、ベビーカーの持込はやめておくべきでしょう。

ベビーカーを持ち込むと、他の赤ちゃんグッズ(おむつやミルク、おもちゃなど)を持っていけず、フライト中に困ります。

※手荷物制限については、このあと説明します。

 

基本的には無料でベビーカーは預けることができますので、国際線利用の場合はチェックインの際に預けるようにしましょう。

手荷物制限について

ベビーカーの機内持ち込みについて問題となっていくるのは、サイズだけではありません。

ジェットスターなど航空会社によっては、ベビーカー以外にも手荷物を持ち込めますが、JALやANAなどはベビーカーを持ち込むと他の荷物の持込ができなくなります。

 

これは手荷物制限で、「機内持ち込みできる手荷物は一人一つまで」と決まっているからです。

ベビーカーも一つの荷物としてカウントされるので、その他のバッグなど持ち込むことができなくなってしまいます。

 

機内に持ち込む荷物としては、赤ちゃんのおむつやミルク、おもちゃなど必需品が多いと思います。

このようなことから、ベビーカーはチェックイン時に預けて、他の赤ちゃんグッズを機内に持ち込むことをおすすめします。

 

JALやANAの手荷物制限などについては、こちらから確認することができます。

チェックインでベビーカーを預ける際はどうする

これまでの説明で、ほとんどの場合はベビーカーを持って飛行機に乗る際は預かることになることが理解できたと思います。

では、実際にベビーカーを預ける際にはどうすればいいのか、預ける場合の注意点は何かということについて、ご説明します。

 

まず、ベビーカーについては基本的には無料で預けることができます。

ただし、航空会社によっては料金がかかることもあるので、事前の確認は必ずしておきましょう。

JALやANAの手荷物預かりのルールは以下のようになっています。

国内線国際線
JALサイズ:50cm×60cm×120cm以内
重量:他の手荷物を合わせて20kg以内
ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料で預かる(手荷物許容量に含めず)
ANA折りたたみ式ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料で預かる(手荷物許容量に含めず)ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料で預かる(手荷物許容量に含めず)

ベビーカーを預ける場合の注意点

ベビーカーを預ける際には、いくつか気をつけておきたいポイントがありますので、ご紹介します。

付属品を外しておく

ベビーカーには荷物をかけられるフックなど便利な付属品が色々あります。

しかし、それを付けたまま預けると壊れてしまったり、なくなってしまったりする可能性があります。

事前に必ず外しておくようにしましょう。

カバーをつける

購入した際にカバーがついている場合は、それをつけるようにしましょう。

汚れや破損などからベビーカーを守るのにいくぶんか役に立ちます。

 

また、カバーを持っていない場合は、ベビーカーが入るサイズのビニール袋を無料で用意してくれています。

ただし、国際線の場合は用意されない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

目印をつけておく

長期休暇の際などは、赤ちゃん連れの旅行客が多いため、似たようなベビーカーがいっぱいです。

そうしたときにすぐに自分のものと分かるように目印をつけておくといいでしょう。

 

また、ロストバゲッジにあったときのために、連絡先がついたタグをつけておいてもいいかもしれません。

 

ちなみにロストバゲッジでいうと、預ける前にスマホで写真を撮っておくと、なくなったときに助かります。

私はベビーカーではありませんが、スーツケースの際にその方法で上手く見つかりました。(違う国にありましたが。。)

ベビーカーの貸し出しサービスを利用しよう

ベビーカーを預けてしまった後に役に立つのが、各航空会社のベビーカーの貸し出しサービスです。

こちらのサービスを利用すると、赤ちゃんをずっと抱っこしておく必要がないため、ママやパパがすごく楽になりますので、ぜひ利用しましょう。

 

JALやANA、ジェットスターのベビーカー貸し出しサービスは次のようになっています。

ジェットスターなどLCCでは、貸し出しサービスがないところもあるので注意です。

JAL希望するお客には登場口まで使うことができるベビーカーを用意。到着後に希望する方は、出発空港で係員に申し出。
ANA赤ちゃん連れのお客さんのためにベビーカー(B型/AB型兼用)を用意している。お手伝いが必要なお客様専用カウンターへ。登場口までベビーカーは利用できます。
ジェットスターベビーカーの無料貸し出しのサービスはありません。

ベビーカーが壊れてしまったとき

考えたくはないですが、預けていたベビーカーが壊れてしまったときの対応も押さえておきましょう。

JALやANAの場合は、申告期限内に申告をすれば、修理などの対応をしてくれるようです。

ただし、期限を過ぎてしまうと対応はしてくれませんので、基本的には到着時に申告をすることを忘れないようにしましょう。

 

JALとANA、ジェットスターなどでは荷物の破損時の対応についてまとめていますので、参考にしてください。

また、その他の航空会社についても、破損時の対応は事前に確認しておくようにしましょう。

どの航空会社においても申告期限を設けていることがほとんどですので、申告は早めにするように心がけましょう。

まとめ

ベビーカーについては、各航空会社の規定サイズ内であれば持ち込みは可能ですが、基本的には預けるのが無難でしょう。

理由としては、他の荷物を持ち込むことができないケースがほとんどだからです。

 

また、ベビーカーを預ける際には今回ご紹介したポイントを参考にしてもらえるといいでしょう。

今回の記事を参考にして、飛行機を利用する場合でも、赤ちゃんとの旅行に便利なベビーカーを持って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です