1歳の赤ちゃんとの飛行機搭乗レポート|大変だけど事前準備をきちんとすればなんとかなる!

飛行機画像

赤ちゃんが少しずつ大きくなってくると、お出かけの範囲も広がって旅行にも行きたくなりますよね。

旅行に行く際には移動手段として、主に車や電車を使う方が多いのではないでしょうか。

車や電車は実際に自分たちが使う機会が多いので勝手が分かっていますし、いざというときの対応もしやすいというのが理由ではないでしょうか。

それと比較して飛行機での移動はわからないことが多く、特に子どもが小さいうちは利用しない方も多いかと思います。

 

今回は私はちょうど1歳になる愛娘と妻と一緒に沖縄旅行に行ってきました。

当然子どもとの飛行機は初めてなのでドキドキしながら搭乗しましたが、色々な情報を仕入れて万全の体制で行くことで、大変ではありましたが無難にフライトを乗り切ることができました。

今回は1歳ころのまだまだ小さなお子さまと飛行機での移動を考えておられる方のために、実際の搭乗レポをしたいと思います。

飛行機に乗る前

1歳の赤ちゃんとの飛行機搭乗時に準備したもの

おむつ

基本的には搭乗前におむつを替えておくことで問題ないですが、2~3枚程度は持っていたほうが安心です。

おしりふき

オムツ替えの際に必要となります。また、食事の際の台拭きなどにも使うことができます。

離乳食

フライト中にご飯を食べさせる場合には持って行きましょう。パウチタイプのものや赤ちゃん用のパンなどが便利です

赤ちゃん用食器

食事をする予定がある方で食器を使っておられる方は持って行きましょう。

お菓子

お菓子を与えない主義の方もいらっしゃるかと思いますが、特に抵抗がない方はぐずったときなどに活躍します。

飲み物

お茶やミルクなど普段飲みなれているものを持って行きましょう。耳抜き対策にも使えます。

おもちゃ

あかちゃんがぐずった時用に用意しましょう。新しいおもちゃだと長時間遊んでくれる傾向にあります。

着替え

食事やうんちなどで汚れてしまった時用に1着は持って行きたいところです。

授乳ケープ

まだ授乳をされている場合は必須アイテムです。離着陸時の授乳は耳抜き対策にもなります。

抱っこ紐

こちらはマストアイテムではありませんが、ぐずったときには大活躍します。今回私たちは結構使用しました。

ビニール袋

汚物入れやゴミ入れ、遊び道具にとかなり役立つアイテムですので、忘れないように!

チェックインは念のためカウンターで行う

最近はチェックインをオンラインで済ませてしまえることが多いのですが、赤ちゃん連れの場合はできるだけカウンターで行うことをおすすめします。

その理由としては赤ちゃん連れにより最適な座席があった場合(後ろの座席や2人席など)、そちらの座席への変更を柔軟に行っていただけるからです。

大人だけで旅行や飛行機移動する際は、時間短縮のためにオンラインで済ませる方も赤ちゃん連れの場合はできればカウンターで行うようにしましょう。

また、ベビーカーの貸出などを行っている航空会社の場合は、チェックインカウンターから登場口までベビーカーを用意してくれたりもしますので、おすすめですよ。

赤ちゃんをできるだけ遊ばせて寝かさない

これは可能であれば、、、となりますが、フライト中に一番理想なのが赤ちゃんが寝てくれていることです。

寝てくれてさえいれば、後述する耳抜き対策も不要となりますし、お母さん・お父さんの負担もぐっとラクになります。

そのためできるだけ寝てくれる可能性をあげるために、フライト前にはいっぱい遊ばせて、飛行機搭乗の際に寝てくれるように頑張ってみましょう!

もし寝なかったら、それはしょうがないので、あとから紹介するぐずり対策などを駆使して乗り切りましょう!

おむつ替えをしておく

赤ちゃんのオムツ替えは搭乗前にすませておくことをおすすめします。

フライト中もオムツ替えは可能ですが、スペースがせまかったり、揺れたりと環境としては悪いです。

できるだけフライト中におむつ替えの対応をしなくてすむようにしておきましょう!

飛行機搭乗時

赤ちゃんの耳抜き対策

赤ちゃんは大人と違って一人では上手く耳抜きができません。

そのため何もしてあげないと耳の違和感があったり、痛みが出てくるので泣き出してしまいます。

赤ちゃんが上手く耳抜きをするには、飛行機の高度が上がったり下がったりするタイミングに合わせて、おっぱいやお茶などを飲ませることが一番簡単な方法です。

 

1歳くらいの赤ちゃんの場合は、まだ断乳していない子も多いかと思いますので、授乳ケープなどを上手く使ってあげるといいでしょう。

私たちの場合も妻を奥の座席に座らせて授乳ケープで隠しながらおっぱいをあげていました。

※さらに旅行会社での予約の時点で一番後ろの端の座席を確保してもらうことで周りの目を気にすることなく対応できました。

 

授乳やお茶などの飲み物をあげるタイミングですが、ちょうど飛行機が飛び立つ滑走路に入ったくらいのタイミングがベストです。

飛行機が動き出したくらいですと、結構離陸までに時間があるため、子どもによってはすでに飲み終えてしまう場合もあるためです。

ちょうど高度が上がるタイミングに合わせてあげてみましょう。

 

着陸の際には10~15分ほど前にアナウンスで着陸態勢に入ることが連絡されますので、大体それくらいに準備を始めるといいでしょう。

また、一番耳抜き対策でいいのは子どもが離陸や着陸時に寝ていることです。

この場合は親にとっても子どもにとっても一番楽になりますので、特に出発時には飛行機に乗り込む前に思いっきり遊ばせたり、昼寝のタイミングに合わせたりするといいでしょう。

フライト中のぐずり対策

上手く耳抜きをクリアしたあとはフライト中の子どものお相手が待っています。

これくらいの時期の赤ちゃんは基本的にじっとしているのが苦手です。

私たちの娘も同様にすぐに「もう飽きました!動きたいです!」とアピールを始めていました。

 

このフライト中のぐずり対策として、私たちは主に次のような準備をして望みました。

フライト中のぐずり対策

●新しいおもちゃを用意

●iPadに好きな番組の動画を用意

●機内を簡単に動けるように抱っこ紐を用意

おもちゃで時間を稼ごうという場合は、可能であれば新しいおもちゃを用意しましょう。

目新しいものが出されると赤ちゃんは興味津々で長時間遊んでくれる傾向にあります。

1歳ころの赤ちゃんには少し難しかったですが、自分で色を塗ったり、シールを貼ったりできる月齢のお子さんの場合は、そうした絵本を用意してあげるのもおすすめです。

 

今回の私たちの旅行においてかなり絶大な効果を発揮したのが、「iPadに好きな番組の動画を用意」です。

具体的には「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあ」を計6時間分入れてきたのですが、それが流れている間はきちんと座ってみていてくれました。

これはフライト中だけでなく、現地での車移動中にも大活躍したのでおすすめです。

 

また、眠たくなった際にはやはり抱っこ紐が効果抜群ですので、抱っこ紐が好きなお子さんの場合は念のため持っていくことをおすすめします。

ずっと抱っこしているとフライト中だけで大人の方がばててしまいます。

 

沖縄へのフライトは大体2時間半ほどでしたが、準備したものを駆使することでなんとか乗り切ることができました。

フライト中の対策を考えておられる方は是非参考にしてみてくださいね。

優先搭乗は利用すべきか否か

赤ちゃん連れの場合は一般搭乗の方よりも早く優先搭乗をすることができます。

この優先搭乗を利用するかしないかについては意見が分かれるところですが、私たちは利用しました。

やはり後から搭乗するとお客さんでごった返していますし、落ち着いて赤ちゃんグッズの用意ができないかと思ったからです。

ただし、これはそれぞれの考え方によるところが大きいですので、ギリギリまで搭乗を待ってぐずらないようにするなどそれぞれのお子さんに合わせて利用していただければいいかと思います。

しかし、こうした制度があることを知っているのと知っていないのとでは大きく違うことがありますので覚えておきましょう。

まとめ

赤ちゃんとの飛行機移動は分からないことだらけで不安な方も多くいらっしゃると思います。

私たちも同じ気持ちでしたが、できるだけの準備をすれば意外となんとかなりましたので、あまり不安になり過ぎない方がいいかと思います。

事前に周りの方に赤ちゃん連れであることをお伝えして、泣いてしまった場合には全力で対応していれば文句を言ってくる方はほとんどいないと思います。

フライトの先には楽しい旅行やお出かけが待ってますので、家族一丸となって乗り越えましょう。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です