赤ちゃん連れ旅行でのホテルのベッドの注意点!ホテルの選び方から気をつけよう!

赤ちゃん連れ旅行でのホテルのベッドの注意点!ホテルの選び方から気をつけよう!

赤ちゃんと旅行でホテルに泊まる際に「どうやって赤ちゃんとホテルのベッドで寝るんだろう?」と不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

それ以外にも、

「ホテルで赤ちゃんが泣き出したらどうしよう」

「哺乳瓶の消毒ってできるのかな」

など色々なことが気になってきますよね。

赤ちゃんと一緒にホテルに泊まる際にはいつくか知っておきたいポイントがあり、それを知っておくだけで赤ちゃんとのホテル宿泊の不安がかなり解消されます。

また、赤ちゃんとホテル宿泊をする場合には、どのホテルを選ぶのかということがかなり重要になってきます。

そこで今回は、赤ちゃんとホテルのベッドで寝る際の注意点や赤ちゃんと泊まるホテルの選び方についてご紹介します。

【完全網羅】赤ちゃん旅行の持ち物リスト|移動手段・温泉旅行・海外旅行などシチュエーション別にも紹介

2018.06.03

失敗しない赤ちゃんと泊まるホテルの選び方

ホテルのロビー
赤ちゃんと泊まるホテルの選び方のポイント

●ビジネスホテルは選ばない

●ベビーベッドやベッドガードの貸出がある

●ベッドの位置が変えられる

●赤ちゃん用の貸出グッズが豊富

●目的地へのアクセスがいい

●ホテル内レストランが赤ちゃん入店可能

●赤ちゃん用プランがある

●部屋が赤ちゃんにやさしい

●託児サービスがある

ビジネスホテルは選ばない

赤ちゃんとの旅行において、宿泊先にビジネスホテルは選ばないようにしましょう。

出張などの際にはリーズナブルに泊まれるホテルとして、多くのサラリーマンの方などが愛用していますが、赤ちゃん連れの場合にはデメリットが大きくなります。

ビジネスホテルは基本的には1人だけの宿泊や大人数名の宿泊を考えて作られていますので、赤ちゃん用のサービスがなかったり、部屋の造りが赤ちゃんに優しくないことが多いです。

また、赤ちゃんが夜鳴きしてしまったときに、防音設備も整っていないところも多いですので、クレームになってしまう可能性もあります。

そうしたことから、赤ちゃん連れの旅行の際にはビジネスホテルは可能なかぎり選ばないようにしましょう。

ベビーベッドやベッドガードの貸出がある

ホテルからベビーベッドやベッドガードの貸出があるホテルがおすすめです。

ベビーベッドの貸出ができると赤ちゃんはそこに安全に寝かすことができ、パパママの就寝中の負担が軽くなります。

また、ベビーベッドの貸出ができない場合は、ベッドガードの貸出ができないか確認しましょう。

パパママと同じベッドで寝る場合に心配なのが、やはり赤ちゃんのベッドからの転落です。

もし赤ちゃんが転落してしまうと、大怪我につながってしまうこともありますので、これらの貸出可否は事前にしっかり確認するようにしましょう。

ベッドの位置が変えられる

ベビーベッドの貸出ができれば、赤ちゃんを安心・安全に寝かせることができますが、すべてのホテルで貸出対応ができるわけではありません。

そうした際にはベッドガードの貸出確認が必要ですが、合わせてベッドの位置が規定の場所から変えられるかを確認するようにしましょう。

ベッドの位置を変えられるのであれば、ベッドを壁側にひっつけてもらうように依頼してみましょう。

壁側にベッドを寄せることができれば、赤ちゃんを壁サイドに寝かせることでベッドからの転落を防止することができます。

また、ツインベッドをくっつけて大きな一つのベッドにして、みんなで川の字で寝たりもできますので、しっかり確認しておきたいポイントとなります。

赤ちゃん用の貸出グッズが豊富

赤ちゃん用の貸出グッズが豊富なホテルを選ぶようにしましょう。

ホテルによっては、ベビーソープや歯ブラシ、おしりふき、哺乳瓶の消毒ケースなど様々なものを貸し出してくれます。

赤ちゃんとの旅行は荷物がとても多くなってしまいますので、ホテル側で少しでも用意してくれるとその分荷物の量を減らすことができますね。

また、ネットで書いていること以外にも問い合わせてみると対応可能や貸出可能ということもありますので、事前に電話で確認しておくといいでしょう。

目的地へのアクセスがいい

ホテルは、旅行で行く予定の観光地や施設など、目的地からできるだけ近いところにしましょう。

赤ちゃんとの旅行ではトラブルがつきものですので、少しでも旅行中の移動時間を短くしておきましょう。

また、連泊する際には、すぐに必要なものをホテルの部屋に取りに戻れますので、ホテルから目的地が近いと大変便利です。

ホテル内レストランが赤ちゃん入店可能

赤ちゃんや子供が小さいうちは、外のレストランで食事をするのが難しいですよね。

そうしたときにホテル内に赤ちゃん連れOKなレストランがあると、とても助かります。

レストランによってはキッズメニューや赤ちゃんでも食べれるものを用意してくれますので、事前に赤ちゃんがいることを伝えておくといいでしょう。

スタッフの方も状況に合わせて気遣ってくれますので、安心して食事をすることができます。

赤ちゃん用プランがある

ホテルによっては赤ちゃん用プランを用意しているところがあります。

赤ちゃん用プランを選ぶと、部屋が赤ちゃんでも安全に過ごせるように設計されていたり、貸出備品が増えたりするなど、赤ちゃん連れにとって大変お得なプランとなっています。

また、そうした赤ちゃん用プランを用意している施設は、赤ちゃん連れの宿泊客になれていますので、様々な場面でフォローをしてくれます。

宿泊プランを見比べて、可能であれば赤ちゃん用のプランが用意されているホテルを選ぶといいでしょう。

部屋が赤ちゃんにやさしい

ホテルによっては、部屋の造りがハイハイしても大丈夫なように畳スペースがあったり、ベッドの高さが低く造られていたりと赤ちゃん仕様になっているところがあります。

そのように部屋が赤ちゃんにとってやさしい造りになっていると、部屋で赤ちゃんと過ごすのも安心ですね。

ベビールームというように、赤ちゃん連れの宿泊客専用の部屋を用意してくれているホテルもありますので、ホテルを選ぶ際にチェックしてみるといいでしょう。

託児サービスがある

ホテル内に一定時間赤ちゃんを預かってくれる託児サービスを設けているホテルもあります。

パパママにとって、数時間でも赤ちゃんを預かってくれるとリラクゼーションや買い物など行動の幅が広がりますよね。

少しの時間だけでも自分の時間が持てると、心も体もリフレッシュしますので、そうした託児サービスがあるところも安心して赤ちゃんを任せられるのでおすすめですよ。

赤ちゃんをホテルのベッドで寝かせる際のポイント

ホテルのベッド

ベビーベッドが貸出できると一番安心

ベビーベッド貸出可能なホテルで、予約もしっかりと行いベビーベッドを借りることができれば、一番安心です。

ベビーベッドは赤ちゃんが転落しないように柵で囲まれているため、パパママも安心して寝ることができます。

ただし、数に限りがあるホテルがほとんどですので、タイミングが悪ければ貸出できないケースも発生します。

貸出ができない場合には、これから紹介するようにパパママの真ん中に寝かせたり、ベッドを移動させるなどして対応しましょう。

ダブルベッドで真ん中に赤ちゃんを寝かせる

ベビーベッドが借りれない場合は、大人のベッドで一緒に寝ることになります。

そのときにはツインベッドではなく、ダブルベッドを予約するようにし、ダブルベッドの真ん中に赤ちゃんを寝かせて、川の字のように寝ることで赤ちゃんの転落防止をすることができます。

また、表記はダブルベッドで一緒でも、ホテルによって大きさが違いますので、予約する際にはダブルベッドのサイズをしっかりと確認するようにしましょう。

小さめのダブルベッドですと、かなり狭く感じてしまいますので、せっかくの旅行でゆっくり寝ることができなくなってしまいます。

ダブルベッドを予約する際には、大きめのサイズであるかどうか、三人で寝ても余裕があるかを確認するようにしましょうね。

ベッドを壁際に移動させて赤ちゃんを壁際に寝かせる

ツインベッドなどの場合には、ダブルベッドのときのように赤ちゃんを真ん中にして寝るということができません。

そうなると赤ちゃんが寝ている間に転落してしまう可能性が高くなってしまいます。

そのためツインベッドの場合には、ベッドを壁際に移動させて片側を壁でふさいで、赤ちゃんが落ちないようにしましょう。

壁側に赤ちゃんを寝かせて、隣にパパかママが寝れば安心ですね。

ただし、ホテルによってはベッド移動ができないケースもありますので、事前に確認するようにしましょう。

もしベッドの移動ができない場合は、ベッドガードをつけることなどで対応することができますので、予約の際に貸出希望なことを伝えておきましょう。

赤ちゃんとのホテル利用の際の注意点

最後にホテルを赤ちゃんと利用する際に気をつけたい注意点をいくつか紹介します。

ホテル利用の際のおむつ処理

まず、ホテルを利用している際に出る使用済みのオムツですが、一般ゴミと同じ袋にまとめるのはやめておきましょう。

一般ゴミと袋を分けて、オムツが入っていることが分かるようにメモなどを添えておくと親切です。

ホテルによっては貸出備品として、オムツ用ゴミ箱を用意してくれますので、予約する際に確認しておきましょう。

旅行中のおむつ処理については、「赤ちゃん連れ旅行でのおむつ処理ってどうするの!?処理方法やにおい対策まで詳しく紹介!」の記事にもまとめています。

壊れそうな備品を撤去

また、ホテルの部屋で壊れそうな備品がある場合は、事前に撤去してもらうようにしましょう。

赤ちゃんが触ったりして壊してしまうだけでなく、倒れて赤ちゃんがけがをしてしまう可能性があります。

できるだけ部屋にはものがないのが、赤ちゃんとの旅行においては理想的です。

ホテルで授乳をしたくなったら

ホテルによっては授乳室の用意がないホテルもあります。

そうしたホテルで授乳を行いたい場合は、フロントに赤ちゃんの授乳をしたいことを伝えてみましょう。

ほとんどのホテルでは部屋の貸出を行ってくれ、そちらの部屋で授乳を行うことができるはずです。

最近では、授乳室やオムツ替え室を完備しているホテルも増えてきているので、事前にそうしたホテルを選んでおくと心配はありません。

まとめ

5つ星

赤ちゃんとの旅行でホテルは利用しにくいイメージがあるかもしれませんが、ベビーベッドの貸出やベッドガードの貸出+寝方の工夫によって安全に赤ちゃんと寝ることができます。

ホテルが旅行で使えると選択の幅が広がり、旅行がもっと楽しくなりますよね。

赤ちゃんとの旅行でホテルを選ばれる際は、今回紹介したポイントや注意点を参考にして、安心・安全なホテルを選んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です