赤ちゃん連れ旅行で洗剤ってどうするの?おすすめの哺乳瓶の洗浄・消毒や衣服の洗濯方法もご紹介

赤ちゃんとの旅行は、色々なものを持っていかなければいけないですよね。

大人だけの旅行と違って、オムツやおしりふき、哺乳瓶など赤ちゃんにとって必要なものを忘れるわけにはいきません。

 

そのように荷物を準備している中で、「哺乳瓶を洗うための洗剤ってどうやって持っていこう」「赤ちゃんの衣服を洗う洗剤っているのかな」など、「洗剤」の準備について分からないお母さんは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんとの旅行で持っていく洗剤の種類としては、「哺乳瓶の洗浄用」「赤ちゃんの衣類洗濯用」の2種類があります。

 

哺乳瓶は常に清潔にしておく必要があるので、旅行先でもミルクを与える場合は必須品です。

衣服を洗う洗剤は、旅行先で洗濯をする予定のある方や赤ちゃんが服を汚してしまったときにすぐに洗いたいお母さんは持っていく必要があります。

今回はそうした赤ちゃん連れの旅行における「洗剤」の準備について、詳しく解説したいと思います。

哺乳瓶洗浄に使う洗剤について

哺乳瓶のお手入れ方法

赤ちゃんが使ったあとの哺乳瓶のお手入れ方法には気をつけなければなりません。

生後間もない赤ちゃんは、雑菌にとても弱いため、哺乳瓶を常に清潔してあげる必要があります。

 

使用後の哺乳瓶のお手入れは、次の2ステップで行うことになります。

①哺乳瓶を洗剤で洗う

②哺乳瓶を消毒する

まず、最初のステップの哺乳瓶を洗剤で洗う際に、しっかりと汚れを落とすことが重要になっています。

この洗浄の際には、この後ご紹介するような専用の洗剤とスポンジを使うようにしましょう。

 

また、2つ目のステップである赤ちゃんの哺乳瓶を消毒するのは、生後「3~4ヶ月」くらいまでが一つの目安となっています。

消毒の方法は「煮沸消毒」「電子レンジ消毒」「消毒液消毒」の3つがあり、それぞれの特徴は次のようになっています。

煮沸消毒

鍋などでお湯を沸かして、あらかじめ洗っている哺乳瓶やちくびをいれて、5分くらい煮沸して消毒する方法です。

電子レンジ消毒

電子レンジと専用のケースを使って消毒する方法です。

専用のケースなどが必要ですが、こちらも5分ほどでお手軽に消毒できます。

消毒液消毒

哺乳瓶消毒用の消毒液に、大体1時間程度漬け置きすることで殺菌することができます。

殺菌後、すぐに使うことができる点がメリットです。

赤ちゃん連れ旅行におすすめの哺乳瓶用洗剤

赤ちゃん用の哺乳瓶洗剤には色々な種類がありますが、その中でも旅行用におすすめなものをご紹介します。

ベッタ (Betta) シュガーウォッシュ(アミノ酸系洗浄剤) 150mL

ヤシとサトウキビから抽出した植物油で作られた洗剤です。

無香料・無着色の赤ちゃんにも環境にもやさしい洗剤となっています。

 

コンパクトなサイズ感となっており、150ml~400mlまで色々なサイズが選ぶことができますよ。

コンビ 哺乳びん野菜洗い 300mL

哺乳瓶メーカーで人気の「コンビ」の哺乳瓶用洗剤となっています。

こちらも無香料・無着色の商品となっており、赤ちゃんにとってもやさしい洗剤となっています。

 

容量は300mlと少し荷物になるかもしれないので、他の容器に詰め替えてもいいかもしれません。

created by Rinker
Combi(コンビ)
¥334 (2018/12/18 01:27:24時点 Amazon調べ-詳細)

和光堂 哺乳びん洗い 泡スプレータイプ 280mL

無香料・無着色の泡スプレーが特徴となる商品です。

哺乳瓶に直接スプレーできますので、他のタイプと違って細かいところまで洗剤が行き渡ります。

赤ちゃん連れ旅行におすすめの哺乳瓶用スポンジ

家で使っている哺乳瓶用スポンジは柄が長いものが多く、旅行に持って行くとかさばりますよね。

そんなときに役立つ「哺乳瓶洗浄用スポンジ」をご紹介します。

実際に使った方も問題なく汚れは落ちたとの意見が多いですので、ぜひ検討してみてくださいね。

フルフルほ乳びん洗い

少しの水と洗剤と付属のスポンジを哺乳瓶に入れて、後は振るだけの簡単アイテムです。

荷物を増やしたくない旅行には、とてもいい商品だと思います。

赤ちゃん連れ旅行時の消毒について

赤ちゃん連れの旅行の際には、消毒液での消毒がおすすめです。

お湯を沸かす設備があれば「煮沸消毒」、ホテルなどで電子レンジが借りることができれば「電子レンジ消毒」が可能ですが、これらはできない可能性もあります。

しかし、「消毒液での消毒」であれば、場所を選ばずに行えるため、旅行の際にはおすすめといえます。

 

荷物を減らしたい旅行の際には、「ジップロック」と「薬液用のタブレット」を準備するといいでしょう。

ジップロックに水とタブレットを入れて薬液を作って、大体1時間ほど漬けておけば消毒完了となります。

 

旅行にも持っていきやすいタブレットで人気のものは次のような商品があります。

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠

created by Rinker
ミルトン
¥1,473 (2018/12/18 01:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

チュチュベビー つけるだけタブレット 24錠入

created by Rinker
チュチュベビー
¥582 (2018/12/18 01:27:26時点 Amazon調べ-詳細)

ピジョン Pigeon ミルクポン S

赤ちゃんの衣服洗濯用の洗剤について

赤ちゃんの衣類洗濯用の洗剤についても、持っていくと役にたちます。

例えば、衣服自体の量を少なくして、現地で洗濯をして使いまわす場合などは必須です。

 

また、赤ちゃんはすぐに服を汚してしまいますので、その場ですぐに洗うことができればシミ防止になります。

ただ、量を多く持っていくと荷物になってしまいますので、必要最低限の量を取り分けて持っていくといいでしょう。

洗濯の方法については、「ジップロック」を持っていき、その中に水と洗剤を入れてもみ洗いをすれば、結構きれいに汚れがおちます。

ケチャップやカレーなどの落ちにくい汚れでも、すぐに洗うことでシミを防ぐことができますよ。

赤ちゃん連れ旅行におすすめの衣類洗濯用洗剤

赤ちゃん連れ旅行におすすめの衣類洗濯用洗剤をご紹介します。

旅行に持って行くにしては大きいものもあるので、100均などのケースを別途購入して、必要な量だけ詰め替えて持っていくとかさばりません。

ミヨシ 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん

無添加の商品として有名な「ミヨシ」の赤ちゃん用洗剤です。知名度やママからの口コミの高さが際立ちます。

お手ごろな価格にもなっているのもうれしいところです。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥541 (2018/12/18 01:27:26時点 Amazon調べ-詳細)

太陽油脂 パックスベビ― 洗濯せっけん

植物油脂(マカデミアナッツ油など)を原料に使っているせっけんとなっています。

こちらの商品はその洗浄力はもちろんのこと、洗った後のふんわりした感じも人気となっています。

created by Rinker
PAX BABY(パックスベビー)
¥615 (2018/12/18 01:27:27時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、赤ちゃん連れ旅行の持ち物の中の「洗剤」について紹介しました。

色々な種類がありますが、自分たちの旅行スタイルや荷物量によって選んでいただければいいと思います。

皆さんの赤ちゃん連れ旅行の準備のお役に少しでも立てていれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です