赤ちゃんの日焼け止めの選び方知ってる?正しい選び方と効果のある塗り方

赤ちゃんの日焼け止めの選び方知ってる?正しい選び方と効果のある塗り方

赤ちゃんの日焼け止めってどうやって選ぶんだろう、赤ちゃんに日焼け止めを塗るときにどうやって塗ったらいいんだろうと困っていませんか。

昔と違って最近は赤ちゃんにも紫外線対策として、日焼け止めを塗ることがふつうとなっています。

でも、赤ちゃんの肌はデリケートなので、赤ちゃんに塗ることができる日焼け止めや塗り方はよくわからないですよね。

「大人と同じ日焼け止めを使ったり、同じ塗り方をしたらダメなんじゃないかな。」
「塗る量ってどのくらいが適切なんだろう」
「ちゃんと塗ったつもりだったけど、日焼けしてしまったような。。。」

赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合には、赤ちゃんに最適な日焼け止めを選んで、正しい塗り方をする必要があります。

しかし、赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方や日焼け止めの選び方なんて、どこでも習わないですよね。

そこで、今回は赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方と赤ちゃん用の日焼け止めの選び方についてご紹介します。

この記事を読んで、赤ちゃんに日焼け止めをしっかりと塗って、紫外線予防をしてあげましょう!

赤ちゃんにも日焼け止めを塗ってあげよう

赤ちゃんの皮膚は大人とくらべて、とてもデリケートなため、強い紫外線に長時間さらされることはよくありません。

特に日中の紫外線が強い時間帯や春先から夏ころまでの紫外線が強いシーズンには日焼け止めをしっかりとつけてあげましょう。

 

日本で生活をしている限り、よく言われる日焼けによる皮膚がんのリスクや白内障発症のリスクはほぼないと考えていいですが、やはり肌がデリケートなことに変わりはありませんので、しっかりとケアはしてあげましょう。

また、最近では赤ちゃん用のオーガニックのものやノンケミカルのものを選ぶといいでしょう。

赤ちゃんの紫外線対策については「赤ちゃんにも紫外線対策は必要?知っておくべきUVケアと紫外線の危険性」にまとめていますので、あわせてご参考ください。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

赤ちゃんの日焼け止めは大人と同じものを使うのは避けましょう。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、できるだけ刺激が少ないものがおすすめです。

また、無添加・無香料・無着色のもので、石けんですぐに洗い落とせるものがいいでしょう。

 

その他の日焼け止め選びのポイントとしては、「紫外線指数」「成分」「塗り心地」です。

紫外線指数については、下記図のSPFとPAのグラフを参考に使い分けるといいでしょう。

SPFとPA

外出する場所や時間帯などによって、紫外線指数(紫外線の強さ)は異なります。

「紫外線指数」に合わせたSPFとPAの値の日焼け止めを選びましょう。それぞれ値が高くなるほど紫外線予防の効果が高くなります。

SPFとは「サン・プロテクション・ファクター」のことで、「UV-B波」を防ぐ効果を示す指数となっています。PAとは「プロテクション・グレイド・オブ・UVA」のことで、「UV-A波」を防ぐ効果を示す記号となっています。

赤ちゃんの紫外線予防や「SPF」「PA」については、「赤ちゃんにも紫外線対策は必要?知っておくべきUVケアと紫外線の危険性」の記事で詳しく解説しています。

また、日焼け止めを選ぶ際のSPFとPAの目安は下記図をご参考ください。

紫外線指数

日焼け止めの成分

成分については、まずチェックしたいのが「紫外線散乱剤」か「紫外線吸収剤」かで、それぞれの特徴は下記のとおりです。

●紫外線散乱剤:紫外線を肌の表面で反射させ、肌に届かないようにする

●紫外線吸収剤:紫外線を吸収し、熱などのほかのエネルギーに変換して肌への侵入を防ぐ

赤ちゃん用の日焼け止めについては、紫外線吸収剤が無配合のものがおすすめとなります。

そのほかにも日焼け止めの成分として、無香料・無着色・ノンアルコール・パラベンフリーなど赤ちゃんの肌にやさしいものを選びましょう。

もちろん、赤ちゃん用の日焼け止めはお母さんも使用できますので、一緒に使ってもいいですね!

塗り心地のよさ

赤ちゃんの中には、日焼け止めを塗ったあとのべたべたした感じが嫌で泣いてしまう子もいます。

クリームタイプでも伸びがよくべたつかないものも出ていますので、できるだけ赤ちゃんが不快に思わない日焼け止めを選びましょう。

また、最近ではミストタイプやジェルタイプなどクリームタイプよりも塗り心地がよい商品も増えています。

赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方

日焼け止めを全身に塗る前に必ずパッチテストを

赤ちゃんに初めて日焼け止めを使用するときには、必ずパッチテスト行うようにしましょう。

使用する前日の夜に、腕に薄く日焼け止めを塗っておき、翌朝に赤くなったり、湿疹が出ていないかチェックします。

もし、赤ちゃんの肌に何らかの異常が出ていたら使用するのは絶対にやめましょう。

「赤ちゃん用」と書いてあっても、赤ちゃんによって合う合わないはありますので、赤ちゃんに合う日焼け止めを探しましょう。

赤ちゃんの顔への日焼け止めの塗り方

赤ちゃんの顔へは、顔の中心から外側にむかってゆっくりと伸ばしていきます。

ひたい・鼻の頭・ほお・あごに少しずつ日焼け止めをつけて伸ばします。

その際に顔の中でも特にデリケートな目や口のあたりは避けるように気をつけましょう。

また、紫外線が強い場合には、この顔全体に塗る工程を二回繰り返します。

赤ちゃんの体への日焼け止めの塗り方

自分の手のひらに日焼け止めを適量とり、手のひらに伸ばしていきます。

そして、赤ちゃんの肩から手の甲にむかって日焼け止めを塗っていきます。

脚は太ももから足の甲にむけて、腕と同じ要領で塗っていきます。

塗っていくときに、腕や脚をにぎるようにつけていくとムラができにくいですよ。

赤ちゃんの全身

日焼け止めを塗る際のポイント

塗り残しや塗りムラに注意

赤ちゃんに日焼け止めを塗っていく際に、塗り残しをしやすい場所がありますので注意しましょう。

塗り残しやすいのは次の場所です。

①頭のはえぎわ
②耳
③小鼻のわき
④首の後ろ
⑤ひじやひざまわり
⑥手や足の甲

これらの箇所もしっかりと日焼け止めを塗ってあげましょう。

また、フェースラインやあごの下はムラになりやすいので、しっかりとつけてあげましょう。

日焼け止めは塗りなおしが基本

日焼け止めは一回塗っておしまいではなく、何度も塗りなおしてあげましょう。

赤ちゃんはとっても汗かきですので、すぐに最初に塗った分がおちてしまいます。

赤ちゃんの汗かき具合などにもよりますが、2~3時間に一度は塗りなおしてあげたいところです。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めの落とし方は、基本的には石けんで洗い流してあげればOKです。

塗った部分はすべてしっかりと洗ってあげましょう。

ほとんどの商品は石けんで落とすことができますが、まれにクレンジングなどが必要な場合があります。

そうしたときには、赤ちゃん専用のクレンジングを使って落とすようにしましょう。

赤ちゃんに合った日焼け止めを適切な方法で

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、赤ちゃんに合わない日焼け止めを使ってしまうと大変です。

せっかく紫外線予防をしようとしているのに本末転倒になってしまいますので、注意しましょう。

デリケートな赤ちゃんにもおすすめな日焼け止めは「敏感な赤ちゃん肌にやさしい!赤ちゃんにおすすめの日焼け止め12選」で紹介しています。

また、赤ちゃんに塗ってあげる際にはとにかくやさしく、ゆっくりと塗ってあげましょうね。

万全の紫外線対策を行って、一緒に外でいっぱい遊んであげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です