赤ちゃんとの新幹線の乗り方完全ガイド!いつから?座席は?料金は?

赤ちゃん連れの新幹線旅行完全マニュアル

赤ちゃんと旅行に行くときや帰省をするときに、新幹線を利用することを考えておられる方は多いのではないでしょうか。

車のように運転で疲れることもないですし、飛行機よりも気軽に利用できるのが新幹線の魅力です。

しかし、

「赤ちゃんといつから新幹線に乗っても大丈夫なんだろう」

「赤ちゃんと新幹線に乗るときにおすすめの席が分からない」

「赤ちゃんが泣いてしまったときはどうすればいいの」

など色々と不安に感じることもあると思います。

 

他の乗客の方をみても膝の上に抱っこしている方もおられますし、席をとって寝かしている方など様々で、何を参考にしていいのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、赤ちゃんとの旅行や帰省などで新幹線を利用しようと考えている方のために、赤ちゃんとの新幹線の乗り方を徹底解説します。

この記事を参考にして、赤ちゃんと一緒に新幹線で楽しくお出かけしましょう!

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるのか

まず、赤ちゃんが新幹線を利用するにあたり、「〇歳から」というように制限はありません。

すなわち、生まれたばかりの赤ちゃんであっても新幹線を利用することはできるのです。

しかし、生後間もない赤ちゃんは環境の変化にも弱いため、原則として外出はしない方がいいと多くの医療関係者の方が意見をあげています。

最低でも1ヶ月検診を受けて問題がないとされてからでないと、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても不安な要素が多すぎると思います。

 

また、1ヶ月検診が終わった後でも、生後3・4ヶ月くらいまではできるだけ外出は避けたほうがいいともと言われています。

その理由としては1ヶ月検診の直後などでは、まだまだ赤ちゃんの首もすわっていないですし、赤ちゃんの体への影響もかなり大きいからです。

そうしたことから新幹線の利用においても、生後4ヶ月くらいから利用するのがいいのではないでしょうか。

里帰りなどでどうしても新幹線を利用しなければいけない場合には、かかりつけの産院の先生に相談してみるといいでしょう。

赤ちゃんの座席や料金はいるのか

赤ちゃん(1歳未満)の新幹線の料金は基本的には無料です。

この料金が無料になる条件ですが、大人が赤ちゃんを抱っこして座席を利用しないということが条件となります。

1~6歳の乳児も同じ考え方で、抱っこして座席を利用しなければ「無料」となります。

 

ただし、この「大人が抱っこをすれば無料になる」という条件ですが、一定の制限があるので注意が必要です。それは、「大人1人に対して乳幼児2人まで」という人数制限です。

この人数制限により大人1人に対して3人の乳幼児がいる場合は、乳幼児1人分の乗車料金は発生してしまうということになります。

また、JRの利用者の年齢と料金を比較表にすると下記表のようになります。

区分年齢料金
大人12歳以上(中学生以上)大人料金
小人6歳~12歳未満大人料金の半額
幼児1歳~6歳未満(小学校入学前)無料(※1)
乳児1歳未満無料(※1)

※1:大人が抱っこして座席を利用する場合

補足(赤ちゃんのグリーン車利用・指定席利用・自由席利用の比較)

赤ちゃんを大人が抱っこせず、席1つを赤ちゃん用に用意する場合を比較してみました。

〇グリーン車利用の場合
赤ちゃんが新幹線のグリーン車利用する場合、たとえ乳幼児であっても有料となります。
料金は「子供料金+大人のグリーン車料金」となります。

〇指定席利用の場合
赤ちゃんが新幹線の指定席利用する場合、グリーン車利用と同様に有料となります。
料金は「子供料金」が必要となります。

〇自由席利用の場合
赤ちゃんが新幹線の自由席利用する場合、原則無料となります。
空いてる席に赤ちゃんを寝かせても無料となります

赤ちゃん連れにおすすめの座席とは

最前列または最後列の座席

赤ちゃんと一緒に新幹線を利用する場合には、車両の最前列または最後列の座席を指定予約するようにしましょう。

最前列と最後列の座席の場合、もし赤ちゃんが泣き出したりしても、すぐにデッキに避難することができます。

また、ベビーカーを持ってきている場合にも、最前列でしたら席の足元、最後列でしたら席の後ろに置いておくことができるので安心です。

2人掛けの席

お父さん、お母さん、赤ちゃんで新幹線に乗る場合には「2人掛け」の席を利用するといいでしょう。

3人掛けの席で隣に赤の他人が座ってしまうと、赤ちゃんの声や動きで隣の方の迷惑になっていないか気になってしまいます。

2人掛けの席ならそうした心配もいらないので、比較的リラックスして利用することができますよ。

多目的室・多目的トイレの近く

日本のほとんどの新幹線には「多目的室」という具合が悪くなった方や体の不自由な方のための部屋が用意されています。

この多目的室は利用されていない場合は、授乳やおむつ替えに使わせてもらうことができますので、お母さんにとってはとても助かります。

多目的室はだれも使っていない時は施錠されていますので、利用したい場合は車掌さんなどに一声かけるようにしましょう。

また、「多目的トイレ」というのはおむつ交換台などが置いてある通常よりも広いトイレのことです。

多目的室が空いていない場合でも、多目的トイレがあればおむつ交換などを行うことができますよ。

補足(多目的室ってどこにある)

東海道新幹線
11号車(全列車)

山陽新幹線
11号車(16両編成)
7号車(8両編成)

九州新幹線
7号車(8両編成)
5号車(6両編成)

東北・北海道・山形・秋田新幹線
5号車(E5/H5系10両編成)
9号車(E2系10両編成)
11号車(E3系6両編成)
12号車(E6系6両編成)

上越・北陸新幹線
9号車(E2系10両編成)
7号車(E2系8両編成、E7系12両編成)
8/16号車(E4系8/16両編成)

授乳やおむつ替えをしたいときは

授乳やおむつ替えをしたいときには、先ほどご紹介した多目的トイレや多目的室を利用するのがいいでしょう。

授乳の場合には、周りの方の目を気にする方もおられると思いますので多目的室を利用するのがおすすめです。

多目的室は約2畳ほどの大きさがあり、大人一人が横になれるくらいのベッドも備え付けられていますので、そこで授乳を行うことができます。

 

ただし、多目的室は体が不自由な方や具合が悪い方の利用が優先されますので、利用できない場合に備えて、授乳ケープは荷物に入れておいたほうがいいでしょう。

また、オムツ替えの場合は、オムツ交換台のある多目的トイレや先ほどの多目的室で行うといいでしょう。

新幹線にベビーカーは持ち込めるのか

赤ちゃんと一緒に新幹線を利用される方の中には、ベビーカーを持ち込みたい方も多いかと思います。

ベビーカーはちゃんとコンパクトに折りたたんだ上で、置き場所を間違えなければ持ち込むことができます。

ベビーカーの置き場所としては、最前列の座席の足元や最後列の座席の後ろのスペースなどがあります。

こうしたことから、ベビーカーを持ち込む方は2人席の最前列または最後列を予約しておいたほうがいいかと思います。

補足(車いす用の座席なら折りたたまずに持ち込める)

新幹線の種類によってはそういったスペースがないものもありますが、車いす用のスペースが設けられた席であれば、ベビーカーを折りたたまずにそのまま乗車することができます。

乳幼児の赤ちゃんの場合には、ベビーカーからの赤ちゃんの乗り降りがなくなりますので、本当に助かります。

ただし、この車いす用の座席の予約は、原則車いすの方優先ですし、当日しか予約できないケースも多いです。
もし予約できたらラッキーくらいの気持ちで、窓口で聞いてみるといいでしょう。

赤ちゃんと新幹線に乗るときの持ち物は

赤ちゃんと新幹線に乗るときの持ち物は、次の持ち物を持っていくといいでしょう。

自分たちの状況やスタイルに合わせて、荷物は取捨選択していただいて大丈夫です。

<おむつ>
3~4枚は持っていきましょう。

乗車する時間によっては、枚数を調節してもいいでしょう。

<おしりふき>
オムツ替えをするときには必須のアイテムです。

携帯用のものもあるので、できるだけかさばらないものにしましょう。

<ビニール袋>
汚物入れやゴミ入れとして使用しますので、多めに持っていくと安心です。

<着替え>
赤ちゃんが吐き戻しなどをして汚れてしまったときのために、用意しておくと安心です。

<抱っこ紐>
デッキに出て赤ちゃんをあやすときに必要となります。

<授乳ケープ>
多目的室などが使えず、席やデッキで授乳をする際に必要となります。

<ミルクセット>
ミルクを飲む場合は、粉ミルクやお湯、哺乳瓶などを忘れないようにしましょう。

赤ちゃん連れ旅行で洗剤ってどうするの?おすすめの哺乳瓶の洗浄・消毒や衣服の洗濯方法もご紹介

2018年6月20日

<飲み物>
お茶やジュースなどを飲む場合は、持っていきましょう。

<離乳食>
離乳食が始まっている赤ちゃんの場合は持って行きましょう。食べるときに使うエプロンや食器も忘れないように注意しましょう。

赤ちゃんとの旅行で離乳食はどうするの?注意点とオススメ

赤ちゃんとの旅行で離乳食はどうするの?旅行での注意点やおすすめ離乳食をご紹介

2018年6月18日

<おくるみやブランケット>
新幹線の車内は冷えることもありますので、体温調節用に持っていくようにしましょう。

<おもちゃ>
赤ちゃんが新幹線内でぐずってしまったとき用にお気に入りのおもちゃを持っていきましょう。

ただし、周りの方もおられるので、できるだけ音がならないものにしておきましょう。

赤ちゃんと新幹線に乗る際のポイント

指定席予約する

今回ご紹介したおすすめの席ですが、人気の席となっており指定席予約しないと確保できないので、早めに予約をしておきましょう。

また、自由席は混雑しない日時での利用ならいいのですが、混雑するときには最悪車内の通路でも立ちっぱなしになってしまいます。

赤ちゃんを抱っこしながら、大量の荷物を持って何時間も立ちっぱなし、、、考えただけでも恐ろしいですよね。

赤ちゃんがいる際は確実に座れるように、指定席予約をするようにしましょう。

オムツ替えは乗車前に

これはタイミングにもよりますが、可能であればオムツ替えは新幹線に乗車する前に行っておきましょう。

多目的トイレなどではオムツ替えをできますが、新幹線が走りながらですので、車体が揺れながらの作業となります。

不安定な中での作業となってしまいますので、乗車前にオムツを替えておくか、多目的室を利用するのがおすすめです。

お昼寝のタイミングに合わせる

どのような移動手段を使っても同じですが、赤ちゃんが寝ていてくれると一番楽です。

そのため、お昼寝のタイミングに合わせて、新幹線を予約するのはおすすめです。

運がよければ、移動中ほとんど寝ていてくれて、お母さんやお父さんもすごく楽になるかもしれません。

周りの方への気遣いを忘れずに

どれだけ事前に用意したりしても、赤ちゃんは泣くときは泣いてしまいます。

そうしたときに周りの人もしょうがないと思いながらも、快適に過ごしている方はほとんどいません。

そこで赤ちゃんの親がデッキに移動してあやしたりもせず、周りに気遣いができていないとトラブルに発展することもあります。

また、「おむつ替えを席でしない」「授乳は多目的室などで行うか、授乳ケープを使う」など最低限のマナーは守るようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんとの新幹線の旅行は、色々と不安なことも多いと思います。

もし、「泣いてしまったときに周りの人から罵声をあびせられるんじゃないか」とか考えてしまいますが、乗客の多くの人は優しく赤ちゃんとお母さん、お父さんを迎え入れてくれます。

ですので、そこまで気を張らずに新幹線を利用していただきたいと思います。

ただ、しっかりと準備は行って、周りの人には誠意を持って対応することが前提となりますので、そこだけは忘れないようにしましょう。

今回の記事を参考にして、赤ちゃんと一緒に新幹線での旅行を楽しんでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です