いつから赤ちゃんは飛行機に乗れるのか!?航空会社規定やおすすめの座席・持ち物情報も紹介します

いつから赤ちゃんは飛行機に乗れるのか!?航空会社規定やおすすめの座席・持ち物情報も紹介

「赤ちゃんは一体いつから飛行機に乗れるのか?」

赤ちゃんとの旅行を計画されている方や里帰りの移動の手段として考えておられる方は、こうした不安が頭をよぎっているのではないでしょうか。

 

「赤ちゃんは環境の変化に弱いっていうし、飛行機とか大丈夫なのかな」

「そもそも航空会社の規定ってどうなっているのかな」

赤ちゃんと飛行機に乗るときには、分からないことがいっぱいですよね。

 

そこで今回は「赤ちゃんとはいつから飛行機に乗れるのか」ということについて解説します。

また、赤ちゃんと飛行機に乗る際にオススメの座席やぐずり対策、持ち物などについてもご紹介します。

 

赤ちゃんと飛行機に乗るかたは参考にしてくださいね!

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのでしょうか。

各航空会社には赤ちゃんと飛行機に乗る方のために、赤ちゃんとの搭乗に関する規定があります。

まずはそちらを参考にされるのがいいでしょう。

 

また、医学的には赤ちゃんが飛行機に乗るのはいつからとされているのかについてもご説明します。

航空会社の規定では

各航空会社では、赤ちゃんとの搭乗に関する規定があります。

それぞれの航空会社の規定を見ていただければ分かりますが、赤ちゃんが「生後8日以降」であれば飛行機に搭乗は可能です。

 

今回は大手のJALとANA、そしてLCCで人気のジェットスター、ピーチ、スターフライヤーの国内線の規定について、ご紹介しています。

※国際線の規定でも「生後8日以降」というのは同様ですが、同伴規定の赤ちゃんの年齢が異なる場合があります(例えば、JALやANAは国際線では2歳未満)ので、国際線利用の場合はHPで確認するようにしましょう。

JAL

生後8日以降の赤ちゃんは登場できます。

3歳未満までは、大人1人につき子供2名同伴できます。(大人1名につき、子供1名無料)

ANA

生後8日以降の赤ちゃんは搭乗できます。

3歳未満までは、大人1人につき子供2名同伴できます。(大人1名につき、子供1名無料)

ジェットスター

生後8日以降の赤ちゃんは搭乗できます。※診断書があれば8日未満でも認められる場合もあり

2歳未満までは、大人1人につき子供2名同伴できます。(大人1名につき、子供1名無料)

ピーチ

生後8日以降の赤ちゃんは搭乗できます。

2歳未満までは、大人1人につき子供2名同伴できます。(大人1名につき、子供1名無料)

スターフライヤー

生後8日以降の赤ちゃんは搭乗できます。

3歳未満までは、大人1人につき子供2名同伴できます。(大人1名につき、子供1名無料)

医学的には

医学的には、原則いつからでもOKです。

新生児搬送の場合は、未熟児であっても飛行機を利用したりしますので、気圧の変化に耐えられないわけではないです。

 

ただし、生まれたての赤ちゃんが環境の変化に弱かったりすることは事実なので、ある程度経ってからの方が安心できます。

こちらのブログで、小児科女医の方が赤ちゃんの飛行機搭乗について書いてます。

赤ちゃんと飛行機に乗る際の座席について

赤ちゃんと飛行機に乗る際の座席についても悩ましいところです。

個人的にオススメなのが「後方の通路側」の座席です。

 

後方の通路側の席は、トイレやオムツ替えに行きやすく、飛行機内での赤ちゃんのお世話がしやすい場所となっています。

また、後方にはCAさんもいますので、何かあった時にすぐに声をかけやすいことも助かります。

 

航空会社や飛行機の種類によって違いますが、後方には2列シートがあることが多く、そこを座席指定できれば隣の人に気を遣うこともなくなるので、よりベターです。

 

ただし、赤ちゃんの様子によっては、他の席がいいこともあります。

前の席をすぐに蹴ってしまう場合やバシネットを利用する場合などは最前列の席がおすすめです。

 

赤ちゃん連れの飛行機座席の選び方については、下記記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

【完全版】赤ちゃん連れの飛行機の座席の選び方!機内で快適に過ごせる場所とは?

赤ちゃん連れの飛行機の座席の選び方を徹底解説!機内で快適に過ごせる場所とは?

2018年6月6日

赤ちゃんのぐずり対策

赤ちゃんが泣かないように準備や対策をしていても、泣いてしまう時は泣くのが赤ちゃんです。

そうしたときもお母さんやお父さんは慌てずに対応して、赤ちゃんを安心させてあげてください。

 

事前にできる赤ちゃんのぐずり対策としては、次のようなことをしておくといいでしょう。

赤ちゃんのぐずり対策

○離陸時と着陸時に赤ちゃんの耳抜きをしてあげる

○お昼寝の時間をフライト時間に合わせる

○登場前に体を動かして遊ばせておく

○座席周りの方に、赤ちゃんがいるので迷惑をかけるかもしれないことを事前に詫びておく

 

こうした事前のぐずり対策をしておくことが大切です。

赤ちゃんがぐずり対策や泣いてしまった時の対処についてはこちらでも詳しく紹介しています。

飛行機で泣く赤ちゃんの対処・対応方法|搭乗前の事前対策や座席、あやし方をご紹介

飛行機で泣く赤ちゃんの対処・対応方法|搭乗前の事前対策や座席、あやし方をご紹介

2018年6月11日

赤ちゃんと飛行機に乗る際の持ち物について

赤ちゃんと飛行機に乗る際に必要な持ち物は、一般的に次のようなものとなっています。

赤ちゃんと飛行機に乗る際の持ち物

○オムツ

○おしりふき(2~3枚は用意したい)

○着替え(長時間フライトの場合は2セットあると安心)

○おやつ

○ミルク(航空会社によっては用意してくれる場合も)

○おもちゃ(なるべく音のでないもの)

○授乳ケープ

○汚物入れ用のビニール袋

これらを全て持っていくと機内にもって行く荷物が多くなってしまうと思いますので、自分たちの状況に合わせて取捨選択してくださいね。

【完全網羅】赤ちゃん旅行の持ち物リスト|移動手段・温泉旅行・海外旅行などシチュエーション別にも紹介

【完全網羅】赤ちゃん旅行の持ち物リスト|移動手段・温泉旅行・海外旅行などシチュエーション別にも紹介

2018年6月3日

赤ちゃんと飛行機に乗る際のコツや注意点

航空会社のサービスを利用する

各航空会社では赤ちゃん向けのサービスを提供していますので、利用してみましょう

例えば、搭乗前のサービスでは優先搭乗や空港内でのベビーカーの貸出、荷物の宅配サービスなどがあります。

 

また、機内サービスでは、ミルク作り用のお湯や粉ミルクのサービス、赤ちゃん用のブランケットのサービスなどがあります。

事前予約が必要なものもありますので、しっかりと確認して利用できるものは最大限利用しましょう。

飛行機内での赤ちゃんの座席

生後1年以内などの場合は、赤ちゃんは座席を利用しません。

赤ちゃんが座席を利用しない場合は、赤ちゃんはお父さんやお母さんに抱っこされてフライトすることになります

 

バシネットを利用している場合は、安定飛行中はそこで寝させることができますが、飛行機が揺れているときや離着陸のときは、抱っこをする必要があります。

 

そうしたことから、機内が満席ではない場合はチェックインの際に隣をブロックしてもらうと、かなり負担が軽減されます。

こちらは多くの赤ちゃん連れの方が普通に希望を出していることですので、しっかりと航空会社に伝えておきましょう!

※ただし、希望が多い場合は早いもの勝ちですので、チェックインは早めに行くことをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんとのフライト色々と不安もあるかと思いますが、しっかりと準備をしておけば大きなトラブルにはなりません。

また、各航空会社の赤ちゃん用サービスも充実してきておりますので、利用できるものはしっかりと利用しましょう!

 

赤ちゃんとの飛行機移動は恐るものではありませんが、赤ちゃんが環境の変化に弱いことは事実ですので、ときにはキャンセルする勇気も持ちましょう。

みなさんの赤ちゃんとのフライトの不安解消に少しでもなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です