赤ちゃんを紫外線から守れ!おすすめ車用UVカットサンシェード7選

赤ちゃんを紫外線から守れ!おすすめ車用UVカットサンシェード7選

赤ちゃんと車でお出かけをするときには、赤ちゃんをチャイルドシートに載せることが義務付けられています。

しかし、チャイルドシートに乗ってしまうと、赤ちゃんは自分で身動きがとれなくなりますので、窓から入ってくる紫外線によって日焼けをしてしまう可能性がありますよね。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、お父さんやお母さんが紫外線対策をしてあげることが必要となってきます。

長時間車で移動した後に、「あれ、赤ちゃんがなんか日焼けしているような、、、」となっては大変です!

外出するときにお手軽にできる対策としては、赤ちゃんに日焼け止めを塗ってあげる方法がありますが、車でのお出かけの場合には窓にサンシェードをつけてあげる方法もおすすめです。

サンシェードは紫外線予防だけでなく、車内の温度を調節するのにも役立ちますので一石二鳥ですよ!

ただ一言で「サンシェード」といっても、いろいろなメーカーからいろいろな種類のものが販売されていますので、この記事で各商品の特徴を理解して自分達に合ったサンシェードを選びましょう!

赤ちゃん用のサンシェードをつけてあげよう

赤ちゃんの肌はとても敏感で、大人とくらべて外からの刺激などに大変弱くなっています。

皮膚には機能が二つあり、「外敵から守る機能」「体の内側から水分が外側へぬけることを防ぐ機能」です。

出生間もない赤ちゃんは、これらの機能がまだまだ未発達ですので、お父さんやお母さんが紫外線対策をしてあげる必要があります。

赤ちゃんが紫外線を浴び続けてしまうと、日焼けをしてしまうだけでなく、皮膚の機能低下・組織破壊を起こすとも言われています。

車の中にいると紫外線対策を忘れてしまいそうですが、窓にサンシェードをつけて外から入ってくる紫外線をカットしてあげましょう。

赤ちゃん用のサンシェードの選び方

赤ちゃん用のサンシェードを選ぶ場合には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

デザインや機能などいろいろありますが、最低限以下3つのポイントを押さえた上でサンシェードを選んでいきましょう。

UVカット機能があるか

赤ちゃん用のサンシェードを選ぶ場合は、必ずUVカット効果があるものを選びましょう。

最近ではほとんどの車用サンシェードにはUVカット機能がついていますが、中にはついていないものもありますので注意しましょう。

また、UVカット機能がついていてもカット率が違いますので、できるだけ効果が高いものを選びましょう。

取り付けが簡単か

サンシェードはできるだけ取り付けが簡単なものを選ぶようにしましょう。

場合によってはつけたり外したりを繰り返すこともありますので、できるだけ取り付けが簡単なものを選びましょう。

サンシェードのタイプを選ぶ

サンシェードには色々なタイプがありますので、自分たちに合ったタイプを選ぶようにしましょう。車用のサンシェードで主なタイプは以下のとおりです。

■網タイプ
一番メジャーなタイプのサンシェードです。吸盤やクリップで窓に貼り付けて使います。
専用の袋などに折りたたんで収納できるものが多いので、使わないときはコンパクトになります。
大きさや角度が調節できるものなど種類が多いので、自分たちが好きなものを選ぶことができます。

■カーテンタイプ
カーテンタイプの特徴は開閉がすぐに行えることです。日差しが強いときには閉じて、赤ちゃんに外を見せてあげたいときにはあけたりすることができます。
吸盤がついているものやカーテンレールがついているものなど種類も豊富です。

■チャイルドシート取付タイプ
窓などにつけるのではなく、チャイルドシート自体に取り付けるタイプです。
チャイルドシート取付タイプには2種類あり、シート全体を覆うものとチャイルドシート上部に取り付けるものがあります。
取り付けるチャイルドシートや日差しをどの程度カットしたいかなどで選ぶといいでしょう。

それぞれのタイプで特徴や価格も異なりますので、各サンシェードを比較した上で決めていくといいでしょう。

おすすめの赤ちゃん用のサンシェード7選

MATCC サンシェード

素材に超高密度ガーゼを使用して、従来のサンシェードよりも多くの日光と紫外線を防いでくれます。

取り付けはとても簡単で、静電気のフィルムで吸盤などを使用せずに直接窓に貼り付けることができます。

吸盤などを使用しないことから、吸着力の低下の心配がなく、何度でも使うことができますよ。

サンシェードを使用しないときには、折りたたんで収納袋にしまうことで、コンパクトに保管や持ち運びができます

ほとんどの車種に対応しているところも嬉しいですね!

Asiso 車用カーテン

カーテンタイプのサンシェードで、「UVカット+遮光裏地+可愛い柄プリント」の三層構造により窓から入る強い日差しや紫外線から赤ちゃんの肌を守ります。

また、自由に伸縮することができ、各車種にあったカーテンにすることができるようになっています。

取り付けも簡単で、サンシェード両側に5つの吸盤がついており、それをガラスにくっつけるだけです。

表にプリントされた柄も可愛い動物柄など、子供も喜ぶようなデザインとなっているので、赤ちゃんや子供連れには嬉しいですね!

created by Rinker
Asiso
¥1,190 (2019/09/17 23:53:09時点 Amazon調べ-詳細)

TFY サイド窓用サンシェード

こちらのサンシェードは二層メッシュになっており、日光を防ぎ、日焼け防止や紫外線カットを実現します。

特徴としては、開いたドアの上部から引っ掛けるタイプとなっているので、サンシェードを装着した状態でも窓の開け閉めには問題がないということです。

また、使用しないときはコンパクトにたたんで収納できるため、スペースをとりません。

後部ドアの窓ガラスのサイズでは25インチ~45インチ、縦18インチまで対応しているため、様々な車に取り付け可能なところも嬉しいところです。

created by Rinker
TFY
¥2,150 (2019/09/17 23:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

スマートスタート チャイルドシート サンシェイド

チャイルドシートをすっぽりと包むタイプのサンシェードです。

シートをすっぽりと覆う形になり遮光効果が大変高いので、夏の日差しが強い時期でもチャイルドシートが熱くならず安心です。

口コミを見ていると、車を駐車しているときにこのサンシェードを使うことで、駐車後乗り込むときにチャイルドシートが熱くなく、赤ちゃんをすぐにシートに乗せられるということです。

運転中は他のサンシェードを使って、駐車中のチャイルドシートの高温化防止に使ってもいいですね!

Sassy ビタットシェードキャンディードット

アメリカのトイブランド「Sassy」の車用のサンシェードです。

トイブランドらしくハイコントラストなサンシェードとなっており、赤ちゃんを楽しませてくれます。

取り付けはとても簡単で、吸盤なしですぐに窓に設置することができますし、吸着力が悪くなっても窓をさっと拭くだけで回復します。

使用しないときは折りたたんで、収納袋にいれることで場所をとらずに保管することができますよ!

日本育児 サンシェード

車用サンシェードの中ではめずらしいロールスクリーン式の商品です。

サンシェードの上側のボタンを押すことで、自動的に巻き取って長さを調節することができます。

収納時には「縦6×幅41×厚み3.5(cm)」とコンパクトになり、使用しないときには邪魔になりません。

取り付けについては吸盤タイプで簡単に設置できますので、あまり慣れていない女性でも安心です!

ナポレックス クリップぱっシェード

車用のサンシェードで数が少ないクリップタイプの商品です。

クリップタイプの特徴は日差しにあわせてサンシェードの角度を調節することができ、赤ちゃんを常に日差しから守ることができるところです。

ワイヤーが入っておりパッと広げることができ、車だけでなくチャイルドシート本体や外でベビーカーなどにも取り付けることができます。

デザインもディズニー柄などかわいいものが多いので、赤ちゃん用にはぴったりですね!

赤ちゃんの車内での日焼け対策も万全に

外に出ているときにはみなさん日焼け対策を万全にされている方がほとんどだと思います。

しかし、車の中のUVケアや日焼け対策は忘れがちです。

紫外線は車の窓を通過して赤ちゃんの肌にも影響を与えてしまいますので、しっかりと対策するようにしましょう。

サンシェードは種類も多いので、自分達の車に設置できる好みの商品を購入するといいでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です