鎌倉のあじさい観賞でここは外せない名所7選|見頃や特徴を詳しく紹介します!




こんにちは、うーすけです。

5月下旬ころからあじさいの名所が多数集まる鎌倉でも見頃を迎え始めます。

 

梅雨でなかなか外に出る気が起きないような時でも、色鮮やかなあじさいを見に行こうかなと思ってしまうところが不思議です。

鎌倉には数多くのあじさいの名所がありますが、今回はその中でも特に外してほしくない名所をご紹介します。

 

鎌倉にあじさいを観賞に行かれる場合は、ぜひ参考にしてくださいね!

鎌倉のあじさい

鎌倉のあじさいは全国的にも有名であるため、見頃の時期には全国から多くの人が訪れます。

見頃の時期はあじさいの種類やその年の気候、名所の場所によって異なりますが、おおむね5月下旬~6月下旬くらいまでとなっています。

 

鎌倉の中でも特に有名なのが、北鎌倉エリアにある「明月院」と長谷エリアにある「長谷寺」です。

これらの名所は平日であってもかなりの人混みとなりますので、行く予定の方は覚悟していきましょう!

(混雑するだけあって見事なあじさいを楽しむことができますが)

 

その他にも様々な場所であじさいを楽しむことができますが、その中でも特におすすめの場所を紹介していきます。

鎌倉のあじさい鑑賞で外せない名所7選

長谷寺

鎌倉のあじさいと言われて、ぱっと思いつく人も多いほど有名な名所「長谷寺」。

超がつくほどの鎌倉のあじさい鑑賞で有名な場所です。

 

長谷寺には約2000株のあじさいがあり、山の斜面に沿って咲き誇っています。

色も青や赤、紫など色とりどりでとても綺麗な景色を楽しむことができます。

 

山の斜面に沿って散策路が作られており、下から見上げるあじさいと上から見下ろすあじさいという2通りの楽しみ方ができます。

かなり高い位置にありますので、鎌倉や逗子の海が晴れた日は見ることができますよ。

 

ただし、満開の時期には混雑は避けられないため、1時間以上待つことは覚悟して行きましょう!

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

見頃:5月下旬~6月下旬

 

明月院

北鎌倉エリアで一番の人気となっているあじさいの名所が「明月院」です。

鎌倉全体で長谷寺に並ぶ超人気の名所となっています。

 

JR横須賀線の北鎌倉駅から歩いて10分ほどのところにある寺となっています。

こちらのあじさいがあまりに美しいことから、別名「紫陽花寺」とも呼ばれており、例年多くの人で賑わいます。

 

境内には約2500株のあじさいが植えられており、それらが満開になっている光景は大変美しいです。

こちらの名所では「明月院ブルー」と呼ばれる、青のあじさいが特徴的です。

 

特に入口付近の石段の脇にはこの青のあじさいが先渡っており、撮影スポットとしても有名なところです。

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189

見頃:6月中旬~6月下旬

 

御霊神社

(出展:http://mikmitti.at.webry.info/201006/article_8.html)

御霊神社は長谷駅から徒歩5分ほどで行ける名所の一つです。

御霊神社のあじさいは参道付近に咲き渡ります。

 

こちらのおすすめポイントとしては、なんといっても江ノ電とあじさいが一緒に見れる唯一のスポットということです。

鳥居近辺の細い通路のあたりがベストフォトスポットです。

 

撮影をする際には身を乗り出したりせずに、マナーを守って撮影することが暗黙のルールです。

また、快適に撮影をしたいのであれば、早朝の8時頃までに行くようにしましょう!鳥居付近の細い通路が撮影場所です。身を乗り出さず、マナーを守って撮影しましょう。

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下3-17

見頃:6月上旬~6月下旬

 

光則院

長谷エリアにある「光則院」は山あじさいが楽しめることで有名な名所となっています。

長谷駅より大体10分程で行くことができます。

 

こちらの見頃は他の名所と比べても早い方で、6月上旬に見に行くと満開の山あじさいが楽しめるでしょう。

6月中旬以降には階段や本堂付近のあじさいが見頃を迎えていきますので、6月いっぱい見頃を楽しめる名所となっています。

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市長谷3-9-7

見頃:5月中旬~6月上旬

 

東慶寺

北鎌倉エリアにあるあじさいの名所の一つが「東慶寺」です。

北鎌倉駅から徒歩5分ほどのところにあるため、アクセスがとてもいいのが嬉しい場所となっ

 

こちらの名所はあじさいの株数自体は他の名所と比較するとそれほど多くはありませんが、山門へ続く石段付近に咲くあじさいはまさに絶景です。

石段の両側に綺麗に咲いているあじさいに思わず息を呑むほどです。

 

同じ北鎌倉エリアの明月院などと比べて人混みもまだ少ないので、ゆっくりと静かに楽しみたい方にはおすすめです。

 

JR横須賀線の北鎌倉駅から歩いて5分ほどのところにあるお寺です。入口を入って少し進むと山門へ続いている石段があります。

この両側に咲くあじさいは圧巻の一言に尽きます。数は多くはありませんが、下から見上げるとあじさいの花が鮮やかで、きれいで、静かに楽しめます。

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1367

見頃:5月下旬~7月上旬

 

浄智寺

浄智寺は鎌倉五山の第四位のお寺となっており、こちらもあじさいの名所として多くの方が訪れます。

特に見ごたえがあるのが、甘露の井付近にかかっている反り橋とあじさいのコラボレーションや山門までのあじさいのアーチです。

 

また、この時期にはあじさいだけではなく、岩壁一面に咲きわたっている岩煙草が紫色の綺麗な花を咲かせているので、一緒に楽しみましょう!

詳細情報

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1402

見頃:6月上旬~7月中旬

 

成就院

「光則院 あじさい 無料素材」の画像検索結果

(出展:http://www.kamakura-burabura.com/meisyohasejyojyuin.htm)

明月院と同じく北鎌倉エリアの名所として外せないのが「成就院」です。

あじさいの本数は262株とかなり少ないですが、こちらの数字がなんの数字かご存知でしょうか。

そう、般若心経の文字数と同数となっているのです!!そう思うとすごくありがたみがあるように思えてきます。

 

当然、株数は少なめですが大変綺麗なあじさいの光景が広がっていますし、他の名所よりも人混みがマシな時が多いようです。

※参道工事の影響で現在はあじさいは見ることができません

詳細情報

住所:

見頃:

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

鎌倉はあじさいの名所として数多くの鑑賞スポットがありますが、今回ご紹介した場所は絶対に行ってもらいたい名所となっています。

 

梅雨の時期はなかなか外に出かける気がしなくなりますが、この時期にしか楽しめないあじさいを見に行ってみてはどうでしょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です