ハワイで気をつけたいドレスコードと服装マナー|思わぬ恥をかかぬために確認を!

こんにちは、うーすけです。

ハワイは常夏の楽園というだけあって、気候も穏やかで服装もTシャツ1枚と下は水着でも全然快適に過ごすことができます。

街を歩いている人を見てもアロハシャツなどを来ており、レストランなどにもラフな格好で入っても大丈夫と勘違いをしている人が結構います。

ハワイでは、意外と気をつけなければならない服装のマナーやドレスコードがあります。

なんとなくいけるだろうと思っていても、実は絶対にNGな服装であったりもします。

今回はそうしたハワイでの服装に関するトラブルに遭わないために、ハワイの服装マナーとドレスコードについてご紹介します。

スポンサーリンク

滞在中の服装の注意点

ハワイ滞在中に気をつけたい、滞在中にありそうな注意点を紹介します。

大丈夫と思っていても完全にマナー違反という場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

水着のみで店内に入るのはNG

ハワイにおいて、水着のまま、レストランやホテル内を歩いたりするのは、完全にNGとなっています。

たとえ、ビーチサイドのレストランなどでも、水着だけではダメです。

上にTシャツを着ていたとしても、濡れた水着のままはマナー違反となります。

よくあるのが、子供連れの方で、子供が水着だけでホテルなどを走り回ったりすることがありますが、大変マナーが悪いお客になってしまいますので注意しましょう。

これは、結構知らずにやってしまう方もいますので、気をつけておきましょう!

水着でもOKな場合がある

水着でも短パンと似たようなデザインで、パッと見ただけでは判別できないようなものもあります。そうした水着に上着を着ているのであれば、カジュアルなレストランやカフェならOKです。

ただし、水着が濡れたままであれば、当然NGとなりますので、注意しましょう。

ビーチサンダルはケースバイケース

レストランのレベルによっては、ビーチサンダルがNGの場合があります。

全てのレストランでダメなわけではなく、クラスが高いところでNGとなります。

ただし、初めて行くお店などでは分からないと思いますので、ビーチサンダルよりも靴を履いていくほうが無難です。

ファーストフード店やフードコート、カフェなどであれば、ビーチサンダルでも全く問題はありません。

Tシャツ1枚だと肌寒い時もある

ハワイは常夏の楽園だから、いつでもTシャツ1枚でいけると思い込んでいる人いますが、それは間違いです。

ハワイも日本と同じように夏(7~9月)は暑く、冬(11月~3月)は寒くなります。

ただし、寒い時期でも日本の秋や冬のようになるということではなく、朝や晩の冷え込んだ時にTシャツ1枚では寒いときがあるという程度です。

ただし、それで風邪などひいても馬鹿らしいので、気温を事前にチェックしてちょっと冷えそうかなと思ったら、軽く羽織るものを持っていくと安心です。

ドレスコードの注意点

ハワイでは、Tシャツ1枚、短パン、ビーチサンダルという格好がとっても楽ですが、それでレストランなどに入ってしまうと大問題です。

ハワイでのドレスコードをしっかりと確認して、恥をかかないように気をつけましょう。

男性のドレスコード

ハワイでの男性のドレスコードにおいて、気をつけたいのはレストランでの服装です。

特に一流のレストランの場合、日本と同じく、襟付き、ジャケット、長袖というところもあります。

日本人にも人気のハレクラニなどの一流ホテル内のレストランや名高いシェフがいるレストランでは上述した服装が基準となりますので、気をつけましょう!

また、一流レストランでなくても、ファーストフード店やフードコートでなければ、襟付きのシャツくらいは着て行くようにしましょう。

女性のドレスコード

女性の場合も男性と同じく、一流ホテルのレストランに行く場合は、日本と同レベルのドレスコードと考えておけば、問題ありません。

また、通常のレストランの場合はワンピースでも問題はありませんが、あまりにもラフすぎる格好はNGとなりますので、気をつけましょう!

その他の注意点

ドレスコードについて、その他にも知っておくと役に立つことが、いくつかありますので、確認しておきましょう!

アロハシャツは正装

ハワイの服装でパッと思いつくのが、アロハシャツだと思います。

そのアロハシャツはいたるところで目にします。

このアロハシャツですが、冠婚葬祭の場でも地元の人は使用しているほどです。

アロハシャツはハワイでは正装となりますので、レストランなどに着ていっても問題ありません。

ムウムウ(ムームー)も正装

アロハシャツと同じく「ムウムウ」もハワイでは正装となります。女性でもアロハシャツを着てレストランなどに行っても問題ありませんが、女性らしいハワイアンな衣装をせっかくなので着たいという方には、おすすめです。

昼と夜でドレスコードが違う場合も

同じレストランであっても、昼と夜でドレスコードが異なる場合があります。

昼間はTシャツに短パンでもOKだが、ディナー時は襟付きシャツが必須というケースもあるので、事前に確認しておきましょう!

判断に迷ったら従業員を参考に

自分の行きたい店のドレスコードが分からない場合には、レストランで実際に働いている従業員の方の服装を参考にするといいでしょう。

スタッフがしている格好と同じものであれば、ドレスコードはOKとなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハワイというとなんだか開放的なイメージがありますので、どこでもラフな格好で行けそうに思ってしまいますが、そうではありません。

しっかりとしたレストランには、きっちりドレスコードがありますので、気をつけましょう。

基本は今回の記事で押さえていただければOKですが、レストランのホームページなどで確認してもらえるとさらに安心でしょう。

服装で思わぬ恥をかかぬように気をつけましょう!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ