ハワイでのチップの相場と払い方を徹底解説|これでチップ対応も怖くない!

こんにちは、うーすけです。

海外旅行に初めて行く方やあまり行き慣れてない方にとって、チップの支払い方が分からなくて不安に思っておられるのではないでしょうか。

私も初めて海外旅行に行った際には、いくら渡せばいいのか、どのタイミングで渡せばいいのかが全く分からず、あたふたした覚えがあります。

しかし、基本さえ覚えてしまえば、慌てることなんて全くありませんし、そもそもチップとは感謝の意味を込めて渡すものです。

今回の記事を参考にして、素晴らしいサービスをしてくれた方に感謝の気持ちを込めて、スマートにチップを渡しましょう!

スポンサーリンク

チップって何

まず、チップという制度について、全く知らない方もおられるかもしれませんので、簡単に説明させてもらいます。

アメリカにはチップという制度があり、簡単にいうと自分に対して行ってくれたサービスの対価を渡すものです。

ハワイもアメリカですので、当然チップの制度があります。

チップのある地域では、サービス業の賃金が低めに設定されていることもよくありますので、サービス料としてもらうチップが従業員の方の重要な収入源となっています。

従業員の方にはしっかりとチップを渡すようにしましょう。

サービスが悪かった場合、チップを渡さなくていいと考えておられる方が多いです。

そういった選択肢も当然考えられますが、そうしたケースは最悪の場合のみと覚えておきましょう。

例えば、お店の料理が美味しくなかったといって、丁寧な対応をしていたウェイターさんにチップを払わないのはルール違反です。

また、期待以上のサービスを行ってもらった際には、通常よりも多めにチップを払うようにしましょう。ただし、相手があきらかに過剰なサービスを行ってくる場合は、そういった対応を必要ありません。

ケースバイケースで対応していくことが大切です。

チップの渡し方

初めて海外旅行に行かれる方は、どうやってチップを渡せばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

別にこれでなくてはダメ!という厳格なルールがあるわけではありませんが、できればスマートに渡したいところです。

チップを渡す際の覚えておくと得するポイントとしては次のようなものがあります。

●チップはお札で用意する

●チップはポケットに用意しておく

●チップは1ドル札を用意

●チップを含めて支払うことができる

●カードで払う場合の対応

それぞれ簡単に説明していきます。

チップはお札で支払うのが基本

チップは最低でも1ドルから支払うものとなっています。

支払う際には、コインでは絶対にダメ!ということはありませんが、できればお札で渡したいものです。

ポケットに用意しておく

1ドルや2ドル程度のチップであるなら、財布から出して渡すよりも、ポケットから出して渡す方がスマートです。

ただし、品の高いレストランなどの場合は、財布から出したほうが上品な印象を与える場合もあるので、あくまでケースバイケースで対応しましょう!

1ドル札を用意

初めてハワイに行った方の中にはチップを支払う関係で1ドル札が思った以上に必要だったという方が多いです。

ちょっと多いかなというくらい1ドル札を到着後すぐに用意するか、事前に日本で両替しておくと便利です。

お釣りをもらわないと簡単

チップは必ず手渡しで支払う必要があるものではなく、レストランやタクシーなどではチップを含めて料金を支払う方法もよく使われます。

タクシー代が35ドルでチップが10%とすると、38.5ドルとなるが、その場合は39ドル渡すか、ちょっと多めに40ドル渡せばOKです。

英語で “Keep the change, please.” と言えば「お釣りはとっていで下さい」の意味になりますので、使ってみましょう。

カードで払う

海外旅行ではクレジットカードで支払いを行うのがベターですが、サービス料(チップ)が伝票に含まれていない場合があります。

その場合は自分でチップの欄に、チップの額を書いてカードと一緒に渡せばOKです。

チップの記入欄がない場合は、金額のしたなどにチップを合算した金額を書き直しても大丈夫です。

チップを渡す必要がない場合とは

基本的には、自分にサービスを行ってくれた場合は、チップを渡す必要があります。

しかし、例外的にチップを渡す必要がないケースもありますので、確認していきましょう。

ファーストフード店

ファーストフード店では、カウンターで注文したものを自分で席まで持っていき、ゴミなども自分でゴミ箱へ捨てるため、チップなどは当然必要ありません。

チップが必要なのは、自分に対して、何かしらのサービスを行ってもらった時だからです。

チップがすでに料金に含まれている場合

レストランなどでよくありますが、チップがすでに料金に含まれていることがあります。

伝票を確認すると、チップの欄がありますので、代金に含まれているか、いないかはしっかりと確認するようにしましょう!

ツアー利用時のサービス

パックツアーを利用してハワイ旅行に行く場合、荷物などはまとめて運んでもらう場合が多く、その場合のチップは不要です。

あくまで個別にお願いするとき以外はチップは必要ありません。

チップ支払い時の注意点

チップを支払うときには、いくつか注意しておいたほうがいいこと、知っておいた方がいいことがあります。

下記にまとめてみましたので、一読しておきましょう。

レストランで10%は失礼、不満があればもの申す

初めてハワイに旅行に行く方に多いのですが、なんとなくチップは料金の10%くらいかなと思い、全て「料金×10%」で払ってしまう方がおられます。

しかし、レストランなどでは15~20%くらいが相場となっていますので、しっかりと計算して渡すようにしましょう。

もし、料理やサービスの質が悪いと思ったのであれば、マネジャーなどを読んでしっかりと意思表示していくことが大切です。

カタコトの英語でもそうした意思はしっかりと伝わります。

高級レストランではチップも高めに

ハワイのレストランのチップ相場は大体15%くらいですが、高級レストランとなるとサービスの質にも自身がありますので、20%くらいになるところが多いです。

レストランによって差がありますので、覚えておきましょう!

渡し過ぎもNG

相場よりも低いチップを渡すのは当然失礼ですが、渡し過ぎもNGです。

あくまでもそのサービスに対する相場に沿ったチップを渡すように心がけましょう。

主なチップの相場

ハワイ旅行でチップを渡す場面の主な相場についてご紹介します。

あくまで目安として考えて、ケースバイケースで対応しましょう。(レストランが高級レストランの場合など)

業種職種内容チップ相場渡し方
ホテルルームキーパーメイドサービス1~2ドル机の上や下
ホテルルームキーパー接客/対応1~2ドル手渡し
ホテルボーイ接客/対応1~2ドル手渡し
ホテルキーパー荷物運び荷物一個につき1ドル手渡し
ホテルドアマン接客/対応2ドル手渡し
ホテルベルマン接客/対応1~2ドル手渡し
ホテルバレーパーキング車の出し入れ2ドル手渡し
ホテルコンシェルジェ接客/対応2ドル手渡し
レストランサービス全般接客/対応15~20%料金に合算
バーウェイター接客/対応1杯につき1ドル手渡し
タクシー運転手荷物の積み下ろし1ドル手渡し
タクシー運転手タクシー代10~15%手渡し
レンタカー送迎バス運転手荷物の積み下ろし荷物一個につき1ドル手渡し
アクティビティインストラクター案内など15~20%手渡し

まとめ

ハワイ旅行に初めて行く方やあまり行き慣れていない場合は、チップ対応に不安があると思いますが、慣れてしまえば、なんてことはありません。

今回の記事を参考にして、基本を押さえておけば、特に困ることはないと思います。

チップもスマートに払って、楽しい旅行にしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ