大原・三千院周辺のおすすめ紅葉スポット4選|京都の秋の訪れを一足早く感じよう

こんにちは、うーすけです。

京都の紅葉スポットというと清水寺や永観堂、嵐山などがありますが、京都の紅葉について詳しい方がよくおすすめするのが大原・三千院周辺の紅葉スポットです。

このあたりのエリアは車などを使っていかなければ不便な場所にあるため、府外から来られた方は行くのをためらう方も多くいらっしゃいます。

しかし、この大原・三千院エリアの紅葉はとても素晴らしく、せっかく京都に紅葉観賞に来て行かないのはもったいないです。

今回は、そうした大原・三千院エリアのおすすめ紅葉スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

大原・三千院周辺のおすすめ紅葉スポット

三千院

三千院は、最澄が延暦寺の根本中堂を建立する際に、比叡山に結んだ草庵が始まりとされています。

妙法院、青連院とともに天台宗三門跡のひとつにも数えられており、明治以降に、現在の大原の地へ移されました。

紅葉の見頃は京都内の名所では早く、11月中旬からとなっています。

境内の紅葉は真っ赤に染まり、特に作家の井上靖が「東洋の宝石箱」と賞賛した往生極楽院と有清園は、苔と紅葉のコンストラストこの上なく綺麗です。

また、往生極楽園の内部も大変見ごたえがあるので、訪れた際は見逃せません。

大原エリアきっての紅葉の名所となっています。

住所:京都市左京区大原来迎院町540

交通:京都バス停大原から徒歩10分

料金:拝観料700円

休日:無休

駐車場:なし

宝泉院

額縁庭園が大変綺麗なことで有名で、前方の紅葉と後方の竹林、里山の風景が重なり奥行きある絶景を見ることができます。

また、この宝泉院では血天井や樹齢700年を超える五葉の松などがあることでも知られています。

ライトアップも行われており、夜に訪れても大変美しい紅葉を見ることができる大原エリアを代表する名所です。

住所:京都市左京区大原勝林院町187

交通:京都バス停大原から徒歩11分

料金:拝観料800円(抹茶と和菓子付き)

休日:1月3日

駐車場:なし

実光院

仏教音楽・声明を伝承する僧侶の住まいとして建てられ、声明で使う楽器なども展示されています。

書院には2つの雰囲気の異なる庭園があり、秋は茶室がある池泉回遊式庭園が紅葉が美しいので、おすすめです。

また、不断桜という十月桜の一種である桜が植えられており、秋の紅葉シーズンにも咲いているため、多くの観光客が見に訪れています。

住所:京都市左京区大原勝林院町187

交通:京都市バス停大原から徒歩11分

料金:拝観料700円(抹茶と和菓子付き)

休日:1月1日

駐車場:なし

寂光院

聖徳太子が父の菩提を弔うために建立したとされています。

普段から静寂に包まれており、わびさびの雰囲気が漂う寺院となっています。

秋の紅葉シーズンにはそうした雰囲気と紅葉がとても相性がよく、ゆっくりと寺院を回っていたくなります。

少し離れているため、比較的人が少なく、ゆっくりと拝観できるのも嬉しいです。

住所:京都市左京区大原草生町676

交通:京都バス停大原から徒歩15分

料金:拝観料600円

休日:無休

駐車場:なし

まとめ

いかがでしょうか。

この大原・三千院周辺の紅葉名所は、市内の北の方に位置しているため、少し早めにピークを迎えます。

京都の秋の訪れを一足早く感じたいのであれば、このエリアに出向きましょう。

また、郊外ではありますが、やはりピーク時には大変混雑しますので、少しでもゆっくりと観賞したいのであれば、午前中に行くようにしましょう!


▷合わせて読みたい
・京都・紅葉旅行・観光準備情報まとめ|ホテルや新幹線予約や見頃、グルメ情報など満載です

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ