詩仙堂周辺のおすすめ紅葉スポット6選|京都でも紅葉名所巡りをしやすいエリアです

こんにちは、うーすけです。

京都の中で紅葉のおすすめスポットを紹介するうえで外すことができないのは、今回ご紹介する詩仙堂周辺の名所です。

詩仙堂周辺の紅葉スポットの特徴はそれぞれの名所が固まってくれているため、他のエリアと比べて名所同士を巡るのに時間がかからないところです。

全ての名所を巡ったとしても、大体約2時間程で回ることが可能です。

今回はそうした紅葉めぐりをしやすい詩仙堂周辺の紅葉スポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

詩仙堂周辺の紅葉スポット

詩仙堂

徳川家に仕えた武士であり、有名な漢詩の大家としても名を轟かした石川丈山が造営し、晩年の31年間を過ごしたとされているのが、この「詩仙堂」です。

こちらの特徴は、敷地内にある様々な部屋や庭園が当時のまま残っているということです。

そうした造営当時の姿を保つ詩仙堂は、秋のシーズンになると、美しく整えられたサツキの刈り込みに、朱色の染まった紅葉が差し色を加えて、素晴らしい景色を作り出します。

こうしたアートのような風景をゆっくりと眺められるのは、このシーズンだけの贅沢です。

また、石川丈山が考案したとされる「鹿おどし」の音が心地よく、耳でも秋の風情を感じられます。

「詩仙の間」からも大パノラマの庭園ビューを一望でき、静寂に包まれた風情ある山荘の趣を楽しむことができます。

住所:京都市左京区一乗寺門口町27

交通:市バス停一乗寺下り松町から徒歩7分

料金:拝観料500円

休日:5月23日

駐車場:なし

曼殊院門跡

平安時代の延暦年間(782~802)に最澄が比叡山延暦寺に建立した道場が起源と言われています。こちらの曼殊院門跡ですが、京都の数ある歴史的建造物の中でも、宮中の造形美を受け継ぐ寺院として知られています。

境内は紅葉だけでなく、四季折々の花や植物が楽しめるようになっています。

その中でもやはり紅葉の時期と5月の霧島ツツジの時期は格別です。

カエデが茂高い石段の上に立つ勅使門や、ヤマギワの紅葉が鮮やかな差し色となる宝来形式の枯山水庭園は、京都屈指の紅葉スポットとして人気となっています。

住所:京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

交通:市バス停一乗寺清水町から徒歩20分

料金:拝観料600円

休日:無休

駐車場:50台

圓光寺

圓光寺は徳川家康が伏見に開いた学問所・洛陽学校に端を発する臨済宗の名刹となっています。

その後、現在の場所に移りましたが、近年まで日本最初の尼僧研修道場ということで有名でした。

そんな圓光寺ですが、秋の紅葉シーズンには名所として有名です。

十牛の庭と呼ばれる庭園は洛北最古の庭池と言われており、紅葉のシーズンには息を呑むほどの美しさということで多くの観光客が訪れます。

住所:京都市左京区一乗寺小谷町13

交通:市バス停一乗寺下り松町から徒歩8分

料金:拝観料500円

休日:無休

駐車場:20台(11月末は利用不可)

赤山禅院

方除けや厄除けの信仰が厚いことで知られています。

こちらの赤山禅院は別名「もみじ寺」とも言われており、参道には真っ赤に染まった紅葉がトンネル状に続いており、絶景が広がっています。

拝殿の屋根には猿の像が表鬼門を見守っていますので、見つけてみてください。

住所:京都市左京区修学院開根坊町18

交通:市バス停修学院道から徒歩15分

料金:無料

休日:無休

駐車場:なし

詩仙堂周辺からちょっと足をのばした名所(八瀬・岩倉周辺)

詩仙堂周辺からちょっと足をのばしたら、他にも素晴らしい紅葉の名所があります。

時間がある方は是非一緒に行ってみてください。

実相院

代々皇族が住職を務めてきた格式高い門跡寺院となっています。

こちらの実相院の境内には、2つの庭園があり、一つ目は裏山を背にした山水庭園、二つ目は比叡の山並みが借景の石庭となっています。

そして、秋のシーズンに見逃せないのが、客殿「滝の間」の美しい床に、鮮やかな色の紅葉が映り込む「床もみじ」。

その日の天気や紅葉の状態によって、日々表情が変わるのも魅力の一つです。

これぞ京都という光景は一見の価値ありです!

住所:京都市左京区岩倉上蔵町121

交通:京都バス停岩倉実相院から徒歩すぐ

料金:拝観料500円

休日:不定休

駐車場:秋季利用不可

蓮華寺

蓮華寺の魅力は石川丈山作とも言われている池泉回遊式庭園です。

紅葉のシーズンには、紅葉に囲まれるように広がる池の周囲に灯篭などが見事にマッチし、素晴らしい光景が広がります。

また、もう一つの魅力が、書院の鴨居、床、柱を額縁に見立てた額縁庭園です。

鮮やかな紅葉が切り取られ、一枚の絵のように見ることができます。

こうした額縁庭園をゆっくりと鑑賞したのであれば、午前に行くのがマストです。

住所:京都市左京区高野八幡町1

交通:叡山電車三宅八幡駅から徒歩7分

料金:拝観料400円

休日:8月24日午前

駐車場:6台

まとめ

いかがでしょうか。

京都の紅葉スポットというと清水寺や嵐山がパッと思いつきますが、この詩仙堂周辺にも素晴らしい紅葉を見ることができるスポットが数多くあります。

このエリアは名所ごとの移動がすぐにできるので、1日ゆっくりと見て回ることができるので、なかなかのおすすめエリアです。

また、一乗寺といえばラーメン激戦区でも有名ですので、紅葉鑑賞の帰りにでも美味しいラーメンを食べて帰ってはどうでしょうか。


▷合わせて読みたい
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ