香川のおすすめ観光スポット9選|香川の魅力はうどんだけやあらへんで!!

こんにちは、うーすけです。

香川県は関西地方からも比較的すぐに行ける人気の旅行先です。

そんな香川県に行く方の多くの目的として、ほぼ100%と言っていいほど挙げられるのが、美味しいうどんを食べに行くことです。

香川県では至るところにうどん屋があり、ふらっと入った小さなうどん屋さんが、とてもつもなく美味しかったなんていうのは香川旅行の魅力です。

しかし、せっかく香川に行ったのにうどんを食べるだけで帰ってしまうのは本当にもったいないです。

香川には絶対に行ったもらいたい、おすすめの観光スポットが数多くあります。

そこで今回は香川観光でおすすめのスポットを厳選して紹介します!

スポンサーリンク

香川のおすすめ観光スポット8選

金刀比羅宮(ことひらぐう)・旧金比羅大芝居

まず最初にご紹介するのは、香川の観光スポットでも有名な金刀比羅宮(ことひらぐう)と旧金比羅大芝居です。

金刀比羅宮は「こんぴらさん」の愛称で呼ばれており、その特徴としてはなんといっても長い石段です。

参道入口から御本宮までの段数は、、785段!

奥社まで行こうとすると、なんと1,368段もあります!

私も登ったことがありますが、正直言ってかなりきついです。。

しかし、このなが~い石段を上り詰めると、なぜか笑顔で晴れ晴れとした気持ちになります。

上り詰めると、瀬戸大橋なども見える絶景を拝むことができます。

ちょっと大変ですが、香川に行ったら是非とも登っていただきたい観光スポットです。

また、金刀比羅宮に行ったら、合わせて旧金毘羅大芝居にも行ってもらいたいです。

旧金毘羅大芝居は、日本最古の芝居小屋となっており、今でも「春の定期公演」では毎年使われている現役の芝居小屋です。

その時期には、全国から多くのファンが訪れます。

中を見学することもでき、地階の奈落やせり上がりなどの仕掛けを見ることができます。

金刀比羅宮の参拝に来たら、忘れずに旧金毘羅大芝居も訪れるようにしましょう!

笠島

笠島は塩飽諸島の中心となる島で、戦国時代には塩飽水軍が活躍したことで有名です。

島には今でも塩飽勤番所や廻船問屋の古い建物が軒を連ねており、ノスタルジックな雰囲気が大変魅力的です。

国の重要伝統的建造物郡保存地区にも指定されています。

やはり一番の見所としては、江戸末期から昭和初期に建てられた漆喰塗りの白壁やなまこ壁のある町並みです。

笠町まちなみ保存地区では、笠島まち並保存センター「真木邸」、ふれあいの館、文書館「藤井邸」の3軒が公開されていますので、絶対に見るようにしましょう!

笠島ではレンタサイクルのサービスを行っておりますので、島の観光をする際にレンタルすればとても楽に回ることができます。

また、疲れた時には「古民家カフェ 月乃雫」などでゆっくりするのもいいのではないでしょうか。

銭形砂絵

次にご紹介するのは、「銭形を見たものはお金に不自由しない」と言われており、観光客からも絶大な人気を誇るパワースポット「銭形砂絵」です。

こちらの銭形砂絵ですが、ドラマやコマーシャルの「銭形平次」のバックに出てきますので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

こちらの銭形砂絵がある場所は香川県観音寺市にある「琴弾公園」です。

縦122m×横90mという超ビックサイズの寛永通宝が造られています。

毎年春と秋には砂絵の修復が行われており、こちらは市民参加型の恒例行事となっています。

こうした市民の方の力によって、あの美しい銭形砂絵は守られているんですね。

こうした素晴らしい香川を代表する観光スポットですが、いつ、だれが、なんのために造ったのかは未だに不明となっているようです。

これほど大掛かりなものにもかかわらず、何も記録書類が残っていないというのも大変神秘的です。

香川屈指のパワースポットである「銭形砂絵」に「金運」や「健康」のパワーをもらいにいってはどうでしょうか。

女木島(鬼ヶ島大洞窟)

女木島は瀬戸内海に浮かぶ小さな島の一つです。

この女木島ですが桃太郎伝説に出てくる鬼ヶ島と言われており、島内には「鬼ヶ島大洞窟」というスポットまであります。

鬼ヶ島大洞窟は紀元前100年頃に造られたものと言われており、中は外と比べてひんやりとしており、雰囲気は抜群です。

中は迷路のようにグニャグニャとした道が続いており、一番奥には鬼の大将が私たちを待ち構えています。

洞窟は紀元前100年頃に造られたものであると考えられており、中は気温がぐっと下がってひんやり。迷路のようなトンネルが蛇行しながら続いていて、最奥部の「堅牢の大広間」と呼ばれる部屋に辿り着くと、ちょっとキュートな顔立ちの「鬼大将」が出迎えてくれます。

鬼ヶ島大洞窟から徒歩10分ほどのところに「鷲ヶ峰展望台」があり、こちらもおすすめです。

こちらの展望台からは男木島や直島など女木島周辺の島々を見わたすことができ、晴れた日には絶景を眺めることができます。

また、女木島はいたるところにアート作品があり、フェリー港にはモアイ像が立っています。

こうしたアート作品を巡るのもおもしろいと思います。

魅力がたっぷり詰まった女木島に是非行ってみましょう!

男木島

瀬戸内の猫島こと「男木島」も香川では大変おすすめの観光スポットとなっています。

猫島と言われるだけあって、島の至るところに猫がいて、可愛い姿を見せてくれています。

島育ちのためか大変のんびりとした性格の猫が多いようで、カメラを向けたりしても全く動じず、あくびをしながら寛いでいます。

また、島のシンボルともなっている「男木島灯台」は見逃せないスポットです。

こちらの灯台は、塗装を施してない地肌のままの灯台となっており、こうした灯台は男木島と山口県にある角島灯台だけだそうです。

塗装していない趣のある灯台は、島の雰囲気ともマッチしています。

島の地形はほとんどが坂道で道も迷路のように入り組んでいます。

そのような独特な道の脇には、男木島ならでは石垣が建てられており、とても雰囲気のある風景を作り出しており素敵です。

平地が少なく少し体力的には大変ですが、行って損はないおすすめの観光スポットとなっています。

四国村

四国村は香川県屋島にある野外博物館です。

江戸~大正時代の建物を約5万㎡の広々とした敷地に移築したものです。

建物の中には当時使っていた民具なども数多く展示されており、タイムスリップしたような感じになります。

四国村に入ってすぐに見えてくるおすすめスポットとしては「かずら橋」があります。

かずら橋とは、カズラと言う植物のツルを編んで作った橋で、スリル満点の橋となっています。

また、四国村には大変趣のある建造物が数多く残っており、その一つが「めがね橋」です。

こちらの橋はアーチ状になっており、頂上部に鯉と唐獅子の彫刻が入っており、日本でもここにしかない作りとして注目されています。

このようなノスタルジックな風景を四国村ではゆっくりと楽しむことができます。

また平成14年には安藤忠雄氏が設計した「四国村ギャラリー」が作られており、ルノワールやピカソなど様々な芸術品が展示されています。

バルコニーには「水景庭園」もあり、讃岐平野などが見渡せる絶景を見ることもできます。

そうした魅力あふれる四国村に行ってみてはどうでしょうか。

豊稔池ダム


上述しました銭形砂地と同じ観音寺市にあります「豊稔池ダム」も見ごたえ抜群のおすすめの観光スポットです。
この豊稔池ダムですが、国の重要文化財にも指定されてる、大変歴史のあるダムとなってます。

特徴としては、日本のダムの中でも珍しい石積式ダムとなっており、その中でも日本最古のものとなっており、完成したのは1930年となっています。
普通のダムですと、なんとなくコンクリの壁から水がダバーと出ているだけの印象ですが、こちらのダムは石積式ということで、なんか趣があって西洋のお城みたいな印象ですごくかっこいいです。

また、内部構造にも特徴があり、マルチプルアーチダムという独特の形状をしているようです(専門家ではないので、よくわかりませんがとにかく凄い構造のようです)。
こちらのマルチプルアーチダムは、なんと日本では2箇所しかないようですので、大変貴重なダムの一つとなっています。

豊稔池ダムでは、中にも気軽に入ることができ、水がどんどんと溜まっていく場所にも普通に行って見ることができます。
これほど至近距離でダムの内部を見れるところはそうそうありません。
このダムはとても写真映えもしますので、SNSやインスタで注目を浴びたいという方にもおすすめです!

栗林公園

香川の中心部である高松市でおすすめの観光スポットといえば、やっぱり「栗林公園」です。

国の特別名勝にも指定されており、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」でも三ツ星を獲得している場所です。

まず驚くべきなのは、栗林公園の広さです!

背景の紫雲山も含めると東京ドーム16個分(約75ha)もの大きさを誇っており、文化財に指定されている公園の中では、日本一となっています。

そうした広大な公園の特徴としては、「池泉回遊式」の庭園ということです。

これは広大な敷地に池泉や築山を配置し、園内をゆっくりと散策しながら景観を楽しめるというものです。

その特徴から「一歩一景」の魅力があると言われています。

そのように散策が楽しめるように造られた栗林公園では、6つの池と13の築山が配されています。公園の回っている場所で変わる景観は他の場所では味わえない楽しみがあります。

シーズンによっても見える景色が変わりますので、春夏秋冬いつでも楽しめる香川のおすすめ観光スポットです。

直島

最後にご紹介するのは、最近インスタやSNSでも見かけることが多くなった「直島」です。

この直島ですが、魅力としては豊かな自然とアートが見事に融合しているところです。

そうした島全体が不思議な魅力に包まれている直島は、近年人気が急上昇しています。

直島のアートですぐに思い浮かぶのが、草間彌生のかぼちゃのアートです。

島に到着してすぐに私たちを出迎えてくれるのも、草間彌生作の「赤かぼちゃ」です。

また、直島のかぼちゃアートで一番有名なものは「黄かぼちゃ」です。

青い空と海に黄色がとても綺麗に映えて、最高にフォトジェニックなスポットとなっています。

島にはこの他にも、色々なアート作品があり、ライトアップが綺麗な直島パビリオン、可愛いトトロのバス停、空き缶や瓦を使ったアート作品などあげれば切りがないほど数多くの作品が島中にあります。

また、島にある地中海美術館は様々な個性的な作品が展示されており、是非とも行っていただきたいスポットです。

美術館の前には「地中の庭」があり、庭師さんが丁寧に手入れされており、とっても綺麗な光景が広がっています。

魅力たっぷりの直島に香川に行った際には、是非訪れてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

香川にはあまり知られてはいないけれども、とてもおすすめの観光スポットがたくさんあります。

うどん屋さん巡りもとてもおすすめの香川観光コースですが、それだけではなくて、今回紹介したような場所も入れてみたら、さらに楽しめるのではないでしょうか。

是非、香川旅行や観光の際には参考にしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ