佐賀の最高にフォトジェニックなスポット6選|美しい絶景をいっぱいSNSに載せちゃおう!!

こんにちは、うーすけです。

九州に旅行に行こうとなった時に、皆さんはどこに行きますか。

もつ鍋を食べに福岡に行こう!温泉に入りに大分に行こう!など色々な意見が上がると思います。

そうした時に候補から外していただきたいくないのが「佐賀県」です。

佐賀というとパッと見所が思い浮かばない方も多いかもしれませんが、豊かな自然がいっぱい残っており、魅力的な場所がたくさんあります。

特にカメラで写真を撮ることが好きな方は、フォトジェニックなスポットもたくさんありますので、佐賀県を訪れたら、きっともう一度行きたくなるはずです。

しかし、佐賀県の情報は他の県と比べても少なくて困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は佐賀県に旅行に行く方や佐賀の魅力をまだ知らない方のために、最高にフォトジェニックなスポットをご紹介します。

佐賀に行かれた際には、他では撮れない最高の写真を撮っちゃいましょう!

スポンサーリンク

佐賀のおすすめフォトジェニックスポット6選

浜野浦(棚田)

まず最初にご紹介するのは、浜野浦にある棚田の風景です。

こちらの棚田は、日本の棚田百選にも選ばれています。

海岸から駆け上がるように斜面を幾重にも重なる棚田が広がっています。

地形に合わせて作られた棚田は、「千枚田」、「段々畑」などとも呼ばれており、昔から変わらない姿を保っています。

浜野浦海岸に流れ込む浜野浦川によって形成された谷に気づかれた棚田は、息を呑むほど美しい景色となっています。

面積11.5haの中に大小283枚の田んぼ幾重にも重なっている光景は、なかなか見ることができません。

時期としては4月中旬から5月下旬がおすすめです。

この時期には、水平線に沈む夕日が海面と水田をオレンジ色に染め上げる絶景を見ることができます。

佐賀でも有数のフォトジェニックなスポットとなっていますので、自然を満喫しながら美しい景色をカメラにおさめてはいかがでしょうか。

●住所 佐賀県東松浦郡玄海町浜野浦

●HP http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00320961/index.html

御船山楽園

次にご紹介するのは、「御船山楽園」です。

こちらは狩野派の絵師によって完成予想図を描かせて、その図を使って約3年かけて造られた池泉回遊式庭園となっています。

佐賀県のつつじや紅葉の名所としても有名で、シーズンには多くの人が訪れるスポットです。

見所としては、御船山楽園の木々の中でもひときわ大きな、樹齢300年の大楠です。こちらの庭園が造られる前からあり、存在感は他の木々とは比べ物になりません。

おすすめなのは20万本のつつじが咲き乱れる春のシーズンです。

御船山をバックに色とりどりのつつじや桜を撮る一枚は最高に綺麗です。

秋~冬のシーズンでしたら、やはり紅葉の時期はとても綺麗です。

佐賀に行ったら訪れたいおすすめフォトジェニックスポットです。

●住所 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100

●HP http://www.mifuneyamarakuen.jp/

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

3つ目のフォトジェニックなスポットは、佐賀で毎年開催される「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」です。

秋に開催されるアジア最大級の熱気球の国際フェスティバルでカラフルな気球が空を舞う幻想的な光景を見ることができます。

会場は、佐賀県佐賀市嘉瀬川の河川敷です。

青い空にカラフルな気球がいくつも飛んでいる光景は、まるでジブリの映画のワンシーンのようです。

夜になると気球のライトアップが行われる日もあり、朝から晩まで楽しむことができます。

このバルーンフェスティバルの様子を撮影したら、きっとSNSやインスタでも一際目を引くこと間違いなしです。

期間限定ですが、佐賀の絶対に行っていただきたいフォトジェニックなスポットです。

●住所 佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷

●HP http://www.sibf.jp/access/kase-river.html

吉野ヶ里歴史公園

次にご紹介するのは、「吉野ヶ里歴史公園」です。

こちらの歴史公園では、弥生時代における「クニ」の中心的な集落の全貌や、弥生時代700年間の移り変わりを知ることができます。

日本の様子を記録している最古の資料である魏志倭人伝に出てくる「邪馬台国」の時代を彷彿とさせ、国の特別史跡に指定されています。

日本の様子を記した最古の記録である魏志倭人伝に出てくる「邪馬台国」の時代を彷彿とさせるもので国の特別史跡にも指定されています。

歴史公園内には、教科書で習った竪穴式住居や、当時の住居跡、王の住居などの集落が復元されており、全部回るには丸一日かかるほどです。

こうした住居跡は、通常では撮ることができないとても魅力的な写真を撮ることができるフォトジェニックなスポットとなっています。

佐賀に行った際には、日本でも珍しい弥生時代の歴史にも触れることができる吉野ヶ里歴史公園に行ってみましょう!

●住所 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843

●HP http://www.yoshinogari.jp/

いろは島

「いろは島」の画像検索結果

いろは島は伊万里湾に浮かぶ大小様々な48の島からなり、玄海国定公園の一部です。

いろは島の一角の「花と冒険の島」へは、本土から橋が架かっています。

特徴的な橋を渡っていくと、島の中へ入っていけます。

島内にはピーターパンをモチーフにした遊具があり、近くには国民宿舎やキャンプ場、カヌー体験等ができる施設もあります。

そして、いろは島展望台は、いろは島が一望できる最高にフォトジェニックなスポットです。

ここでしか見れない絶景を佐賀にいった際に絶対に見に行きましょう!

●住所 佐賀県唐津市肥前町満越537-2

●HP http://www.nihon-kankou.or.jp/saga/detail/41386ad3350046550

虹の松原

「虹の松原 無料素材」の画像検索結果

最後にご紹介するのは、唐津市の唐津沿岸に広がる「虹の松原」です。

こちらの松原は、「日本三大松原」のひとつに数えられています。

長さ約4.5km、幅約1kmにわたり、松原が虹のように弧を描いていることから、この名がつきました。

「日本白砂青松100選」や「日本の渚百選」にも選ばれるほど、綺麗で雄大な景色が広がっています。

この美しい「虹の松原」を撮影できるフォトジェニックなスポットは、鏡山の展望台や唐津城の天守閣などです。

開放的な雰囲気を楽しみたいのであれば、鏡山をおすすめします。

佐賀に行ったら見てもらいたい絶景となっています。

●住所 佐賀県唐津市浜玉町

●HP https://www.city.karatsu.lg.jp/bunka/tanbo/shizen/matsubara.html

まとめ

いかがでしたでしょうか。

佐賀県には雄大な自然が残っており、最高にフォトジェニックな場所が数多くあります。

シーズンによって、おすすめスポットも変わってきますので、いろいろな時期に佐賀を訪れるとまた違った素敵な写真を撮れることでしょう!

九州旅行を計画中で、まだ佐賀に行ったことない方は、是非一度行ってみて素晴らしい写真を撮ってみてははいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterでうーすけをフォローしよう!

関連コンテンツ