これであなたもパッキング名人!旅行パッキングにおけるコツを押さえよう




こんにちは、うーすけです。

 

 

先日、通勤電車でご年配の方に席を譲ってさしあげたら、お礼とともにアメちゃんをくれました。

 

 

あー大阪に住んでいるんやなとしみじみに実感した時でした。

 

皆さんも大阪に来られた際は、いきなり知らんおばちゃん達にアメちゃんをもらってもびっくりせんといてください!

 

 

 

さて、今回は旅行の準備におけるパッキングについてです。

 

 

旅行の準備していて、スーツケースの中にうまく荷物が収まらない、入りきらないということはないでしょうか。

 

 

そもそも荷物が多すぎる場合は、荷物の量を減らすしかありませんが、多くの方はパッキングが上手くいっていないケースが多いです。

 

 

では、どのようなパッキングをすれば、綺麗にすっきりと収納ができるのでしょうか。

 

 

 

パッキングの基本は、大まかに荷物をジャンル分けすることです。

 

 

主なジャンルとしては、洋服、下着、洗面用具、女性でしたらビューティーグッズといった感じです。

 

 

そうしてジャンル分けが完了したら、それを袋などに入れ、スーツケースにパズルのように隙間がないよう詰めていきます。
実はパッキングとはこれだけの作業なのです。
パッキングをしていく際に使用する袋選びは最重要です。

 

この袋選びでスーツケースの重さが大きく変わってきます。

 

 

パッキング袋のポイントとしては、

・軽い素材

・形が長方形や正方形

・S、M、Lなどサイズ展開が幅広い

 

という3点です。

 

これらの点を押さえるとスーツケースの重さを押さえることができ、隙間なく詰めることができます。
これらの点を押さえた私のおすすめのパッキング袋としては、以前紹介した『無印 トラベル用仕分けケース』です。

 

ホイホイ入れるだけの衣類整理の強い味方!無印オススメ商品

 

重さも軽く、長方形型でスーツケースにも詰めやすく、サイズ展開も広い商品です。
また、片面がメッシュ素材になっているため、中身がすぐに確認できる点も素晴らしいです。

 

 

ちなみに私が使っている写真のパッキング用品は無印のものです。

 

使い心地は抜群です!

 

 

 


そうしてパッキングしたものをスーツケースに詰めていきますが、量の目安としては、行きの荷物量をスーツケースの3分の1から半分くらいまでに押さえましょう。

 

 

 

旅行に行かれた方はよく分かると思いますが、帰りのスーツケースはお土産などが新たに詰められることで、パンパンになってしまいます。

 

 

出来るだけ余裕を持って荷物を詰めて行きましょう。

 

お土産をほとんど買わないという方も、念のため8割程度に押さえておくのがポイントです。


 

 

 

パッキングに慣れていない方は何となくで荷物を詰めてしまっているため、荷物量が増える傾向にあります。

 

 

そうした方こそ、しっかりとリストを作って、必要最低限のものをパッキングしやすい商品を使って詰めていきましょう。

 

 

また、スーツケースに空きスペースがあると荷物が足りないかもと不安になるかもしれませんが、心配しなくても帰りにはいっぱいに詰まります。
スペースは出来るだけ作るよう心がけましょう。

 

 

パッキングは慣れてしまえば簡単ですが、それまではなかなか上手くできないものです。

 

上手くできない方や慣れていない方は、是非参考にしてみてください!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です