ハワイ旅行で損をしないチップのチェック方法|レストランでのダブル払いに要注意!

こんにちは、うーすけです。

日本人が海外旅行に行った際に、とまどうこととして上位にあがってくるのが「チップ制度」です。

 

私も初めて海外旅行に行った際には、チップのことをあまり知らなかったので、どのくらい渡したらいいのか分からず困りました。

また、場合によってはチップが不要になったりするときもあり、日本人にとっては損をすることも多いです。

 

そうしたチップ制度の中でもトラブルとして多いのが、乗せる金額やサービス料との二重払いをしてしまうことです

特にレストランでは二重払いをしてしまう方が多いですので、そのチェック方法をしっかりと覚えて、損をしないように気をつけましょう!

 

チップを支払う必要があるかチェックする

レストランなどの飲食店で食事をする際には、そもそもチップを支払う必要があるかを、まずはチェックしましょう!

前提として、フードコートやファストフード店などでは、チップを支払う必要はありません。

 

また、チップ制度に慣れていない私たち日本人がもっとも間違えて損をしやすいのが、サービス料込みのレストランにチップを支払ってしまうことです。

これを防ぐためには、伝票やレシートの内容をしっかりとチェックすることです

 

日本にいるときはレシートを確認する際には、合計金額のみくらいでしょうが、ハワイなど海外でのチェックでは各項目チェックすることが大事です。

 

チップやサービス料があらかじめ料金に含まれている場合は、Tip(またはGratuity)欄に最初から金額が記入されていたり、「Service Charge」「SVCH」などと書かれたサービス料が加算されているはずです。

 

この場合には、チップを支払う必要はありませんので、しっかりとチェックするようにしましょう!

 

チップの支払いが必要な場合には

上記のようにチェックをした結果、チップを支払う必要がある場合には、支払いはチェック時(会計時)に行います。

税抜きの金額に対して、大体15~20%が相場ですが、これと決まっているわけではありません。

 

レシートの下側に「%」ごとの金額が書かれている場合もありますので、参考にしてみましょう。

あくまで「チップ制度」は受けたサービスに対する対価なので、とてもいいサービスの場合は多めに、いまいちだと思った場合には少なめに払えばいいでしょう。

 

チップの支払い方

また、現金の場合は紙幣のみで、コインでの支払いはNGですので注意しましょう。

スタッフに直接渡すのもOKですが、多くの方はテーブルに残して店を出ます。そのほうがスマートです。

 

クレジットカードの場合は、お店用と客用の2枚用意されるレシートのうち、お店用のレシートの下にあるTip(またはGratuity)欄Total欄にそれぞれの金額を記入し、書名欄にサインすればOKです。

 

まとめ

日本人にとって、チップの支払いは普段行わないため、損をしてしまう場合があります。

基本的にはお店から渡されるレシートの内容をチェックして、支払いの有無を確認するようにすれば、間違いはなくなります。

 

また、支払いが必要な場合には、上記を参考にして、できるだけスマートに支払いたいですね。

チップの支払いの参考に少しでもなれば、幸いです。


赤ちゃん連れ旅行を計画するなら
【べビ旅!】


赤ちゃんと旅行ならベビ旅!

 

赤ちゃんとの旅行は分からないことがいっぱいで不安ですよね。

「子どもが産まれて初めての家族旅行は最高の思い出にしたい」

そんな気持ちを叶えるために、赤ちゃん連れ旅行専門のサイトを立ち上げました。

ぜひあなたの最高の思い出作りにお役立てください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.