関東の彼岸花の名所6選|一面真っ赤な絨毯となる絶景を見に行こう!

こんにちは、うーすけです。

日本の秋の花として親しまれている花は数多くありますが、その中でも真っ赤な色が鮮やかな彼岸花はとても有名です。

日本では赤い花びらの彼岸花が一般的にはよく知られていますが、実は白色や黄色の彼岸花があったりもします。

彼岸花には別名がいくつかあり、「リコリス」「曼珠沙華」とも呼ばれていることを知らない人も多いのではないでしょうか。

また、彼岸花は死などの不吉なイメージが強いです。

「彼岸花を家に持ち帰ると火事になる」「彼岸花を摘むと手が腐る」「彼岸花を摘むと死人がでる」など冷静に考えると恐ろしい迷信がいくつも出てきます。。。

こうした不吉なイメージがついている理由には、花色などが炎を連想させることや彼岸花に毒があることなどが考えられます。

そうした彼岸花ですが、咲いている姿は美しく、とてもそうした不吉なイメージがあるとは思えないほどです。

そんな彼岸花は、秋には絶対見に行きたいおすすめの花となっています。

そこで今回は関東でおすすめの彼岸花の名所をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

彼岸花の関東おすすめスポット6選

曼珠沙華の町「巾着田」

http://www.kinchakuda.com/

関東で彼岸花を観賞するなら、このスポットは外すことができません!

この巾着田は日本でも最大級の彼岸花の群生地帯となっています。

関東だけでなく、全国的にみても有名な彼岸花の名所となっています。

その本数は他の名所と比べても飛びぬけています。

なんと!約500万本の彼岸花が咲き乱れています!

これだけの本数の彼岸花が雑木林の中に咲いている光景は他では見ることのできない絶景です。

彼岸花が雑木林に咲くのは、非常に珍しいので、そうした意味でも巾着田の彼岸花は一度は見ていただきたいスポットです。

この魅力的な彼岸花を見るために、例年20万人以上の人が来るそうです。。すごい!!

9月下旬から10月上旬にはコスモスも見頃ですので、合わせて楽しむことが可能です。

さって曼珠沙華祭り(埼玉県 幸手市)

http://www.satte-k.com/event/manjyusyage/

埼玉県幸手市にある幸手権現堂堤は桜の名所としてもよく知られています。
しかし、秋には約300万本の曼珠沙華(彼岸花)が咲き、真っ赤な絨毯が広がります。

こちらの彼岸花は、市民ボランティアの方たちが大切に育てて、現在の300万本まで増えたものです。どれだけ大切に育ててこられたか、その美しい花を見ればすぐに分かります。

また、祭り期間中には「峠の茶屋」というお店が営業しており、自家製のパンや幸手市の物産などを購入することができます。

彼岸花観賞と合わせて立ち寄ってみてはどうでしょうか。

城山公園(栃木県茂木町)

https://www.tochigiji.or.jp/spot/7251/

栃木県茂木町にある城山公園では、約30万本の彼岸花観賞を楽しむことができます。

斜面に沿って彼岸花が咲きわたっている光景はとても見ごたえがあり、関東でも人気の名所となっています。

城山公園の彼岸花の見頃には、町から山を見てみると斜面が真っ赤に染まっているのが良く分かります。

城山公園で彼岸花観賞した後に、そうした山全体を眺めてみるのもいいでしょう。

また、こちらの城山公園では定番の赤色だけでなく、白色や黄色の彼岸花も見ることができますので、おすすめです。

イベントなども開催されていますので、是非一度訪れみてはどうでしょうか。

日向薬師(神奈川県・伊勢原市)

http://www.city.isehara.kanagawa.jp/flower/

「神奈川の花の名所100選」の一つにも数えられ、日本三大薬師でもある日向薬師は彼岸花の名所となっています。

この日向薬師ですが、彼岸花の関東3大名所となっています。

この日向薬師のある伊勢原市日向地区は、「彼岸花の里」として知られています。

彼岸花の自生地となっているため、道の脇や田のあぜなど自然な彼岸花が咲き渡っています。

ちょうど見頃には、稲穂も綺麗に育っており、彼岸花と稲穂のコラボが楽しめます。

のんびりと散歩をしながら彼岸花観賞を楽しめる名所です。

常泉寺(神奈川県・伊勢原市)

http://www.jousenji.com/

こちらの常泉寺も「神奈川花の名所100選」に選ばれている、彼岸花の関東三大名所の一つとされています。

常泉寺にはお馴染みの赤い彼岸花のほかに、白色の彼岸花も見ることができます。

白色の彼岸花は繁殖力が弱いため、非常に珍しいです!

また、こちらの寺では200種類以上の草花が植えられており、秋の萩やすすきなども楽しむことができます。

彼岸花の見頃が終わりかけるときに「ネリネ」というヒガンバナ科の植物が見頃を迎えます。

このように四季を通じて、様々な花が楽しめるのも常泉寺の魅力です!

葛西臨海公園(東京都)

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html

最後にご紹介するのは、皆さんご存知の葛西臨海公園です。

約81万㎡という広大な葛西臨海公園でも彼岸花を楽しむことができます。

9月中旬ころになると園内の色々なところで彼岸花観賞をすることができるようになります。

遊べるところが数多くありますので、彼岸花観賞の後に遊んでみるもいいでしょう!

また、アクセスが他の名所と比べて非常にいいのも魅力です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

イメージとしては、不吉なイメージがある彼岸花ですが、一面真っ赤に染まる景色は絶景です。

それぞれの彼岸花の名所によって、斜面に咲き誇る彼岸花や珍しい白色の彼岸花など特色がありますので、自分の好みの場所に行ってみましょう。

秋にしか見れない綺麗な彼岸花の景色を見に、家族や友人、恋人と出かけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク