有馬温泉のおすすめ旅館・ホテル7選|太閤・秀吉も愛した日本三大古湯に行こう!

こんにちは、うーすけです。

仕事などで疲れた時は、温泉でも行きたいな~という人は多いのではないでしょうか。

私は関西に住んでいるのですが、関西で温泉といえば有馬温泉を思い浮かべます。

私のような方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

有馬温泉は六甲山の北側に位置する日本三大古湯の一つに数えられる人気の温泉地です。

そうした人気の温泉地ですが、それゆえに宿の数も非常に多く、どこに泊まろうか迷ってしまう方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は有馬温泉の魅力とおすすめの宿(旅館・ホテル)をご紹介します。

スポンサーリンク

有馬温泉の魅力

上でも説明したとおり、有馬温泉は日本三大古湯に数えられる歴史ある温泉地です

私の小さい頃のイメージですと、関東の方は箱根、関西は有馬or城崎、九州は湯布院っていう感じでした。

有馬の温泉は大きく分けて2種類あります。

「金泉」「銀泉」です。

「金泉」というのは、鉄分とミネラル分によって赤褐色をしているのが特徴的です。

知らない人が見ると「おおっ」となるかもしれません。

その豊かな効能により、いろいろな症状に効くと言われており、かの有名な太閤・秀吉さんも気に入っていたそうです。

もう一つの「銀泉」は、打って変わって無色透明です。

こちらは飲むこともできますので、興味がある方は飲んでみてもOKです。

こちらは、身体の内外より効能を摂取することで、自然治癒力をUPさせるそうです

また、有馬温泉に来て楽しみたいのは、温泉街巡りです。

温泉街は標高300~500mに位置して、昔ながらの雰囲気を楽しむことができます。

坂道の路地に沿って、昔ながらの雰囲気を醸し出すお土産物屋さんや食事処、入浴施設、神社などが密集しています。

私のおすすめは温泉上がりの有馬サイダーです。

お風呂上りにキンキンに冷えたサイダーはたまりません!

ただし、炭酸はきつめなので、苦手な人は他の人とシェアするようにしましょう。

これからおすすめの旅館やホテルをご紹介していきますが、温泉街の中心にある宿やすこし離れた山中にある宿まで様々です。

自分の好みの宿を選んで、ゆっくりと過ごすことができるのも有馬温泉の魅力です。

有馬温泉のおすすめ旅館・ホテル7選

兵衛向陽閣

有馬温泉をこよなく愛した戦国武将の太閤・秀吉さんより「兵衛」の名を授かった歴史ある旅館です。

その歴史はなんと、、、創業から700年を超えています!

まさに有馬温泉を代表する名宿です。

敷地内には、有馬温泉を代表する「金泉」の大浴場が3種類あります。

和の風情あふれる格子天井が美しい内湯と、有馬の自然を楽しむことができる金泉露天を備えた「一の湯」、ローマのテルマエ調の曲線が美しい「二の湯」、母屋づくりの内湯にジャグジーバスと金泉露天を備えた「三の湯」です。

さらにプライベート露天のついた貸切露天風呂などもあり、宿泊客それぞれの楽しみ方ができるようになっています。

また、夕食には新鮮な魚介類や神戸牛など厳選した食材を使った和食や旬の食材を使ったバイキングなどが楽しむことができます。

■兵衛向陽閣の予約はこちらから■

竹取亭円山

有馬温泉街の宿で一番高い位置に建っているのが、この「竹取亭円山」です。

竹取物語をモチーフにした宿とまわりの竹林がゆっくりと流れる非日常の時間を提供してくれます。

温泉では、有馬を代表する「金泉」と「銀泉」がどちらも楽しむことができ、趣が異なる4種類の貸切露天風呂が無料が利用することができます。

また、2015年には専用の露天風呂を有する3室がリニューアルしていますので、気になる方は要チェックです。

この旅館での注目ポイントは温泉だけではありません。

「おどろきと感動」をテーマにした料理も宿泊客からの評価は非常に高くなっています。

瀬戸内海や日本海の新鮮な魚や様々な旬菜を月替わりの創作料理として提供しています。

会席料理の真髄をもとに、斬新かつ活きのいいアイデアを形にする見たことのない料理を楽しむことができます。

そのほかにも、世界に誇る名ブランドである「神戸牛」が楽しめるプランも用意されています。

■竹取亭円山の予約はこちらから■

月光園鴻朧館

有馬温泉街からは少し離れた、四季折々の景色を楽しむことができる落葉山の間近に建っているのが「月光園鴻朧館」です。

眼下には清流・滝川が流れ、森と川の豊かな自然を楽しみながら、有馬を代表する「金泉」でゆっくりすることができます。

大浴場は趣深い内湯や岩造りの露天風呂、サウナからなっており、金泉と自家源泉掛け流しのラドン泉を使用しています。

絶景を見ながらの湯浴みは、日ごろの疲れや悩みを忘れさせてくれるでしょう!

また、2015年12月り最上階に露天風呂を有するスイートルームがオープンしました。

120㎡の広さにリビングやベッドルーム、檜の内湯など至れり尽くせりの部屋となっています。

さらに魅力的なのが料理です。

専属料理人が移動式グリルを使用して仕上げる京会席となっており、神戸牛アワビなど高級食材からメイン料理を選んでいただくことができます。

贅沢で優雅な時間を過ごすにはもってこいの有馬の名宿です。

■月光園鴻朧館の予約はこちらから■

月光園游月山荘

有馬温泉でも随一の自然景観を誇る、落葉山と滝川を楽しむことができる和風旅館が「月光園游月山荘」です。

古き良き日本の情緒を感じながら、ゆっくりと滞在を楽しむのであれば、最適な宿となっています。

中でもロビー棟と客室棟を結ぶ、川の上にかかる月光橋は、四季折々の景色を間近で感じることができる、おすすめのポイントです。

この宿自慢の温泉は「子宝の湯」とも呼ばれており、様々な適応症に高い効能があり、保湿効果も抜群の金泉となっています。

他の宿では味わえない大自然を感じながら入る温泉は、ゆっくりとした最高の時間となるでしょう。

また食事は旬の厳選食材を使った京会席を楽しむことができます。

そして、会席料理だけでなく、約60種類の料理でマクロビオティックを取り入れ健康食が味わえるビュッフェも用意されいるため、その時のシーンによっても使い分けすることが可能です。

■月光園游月山荘の予約はこちらから■

元湯 古泉閣

有馬温泉の旅館の中でも数少ない自家源泉を持っている旅館です。

毎時6トンという豊富な湯量を生かして、毎日2回入れ替えを行っている贅沢な温泉です。

大浴場は2ヶ所設置せれており、「八角堂」「岩風呂」の2つの温泉が楽しめます。

「八角堂」は目の前に豊かな自然が広がる、開放感抜群の展望露天風呂となっています。

「岩風呂」のほうは、創業時の姿をそのまま残した、情緒あふれる温泉を楽しめるようになっています。

旅館は、本館・東館・別館に分かれており、それぞれで雰囲気が異なります。

また、6万坪という広大な敷地内には、屋内プールやアロマトリートメントをはじめ、リゾート感あふれる別荘タイプのコテージまであり、プライベートを満喫できるようになっています。

さらに庭園内には、飛騨に伝わる宗和流本膳の流れをくんだ精進料理が楽しめる「慶月」や神戸ビーフなどを贅沢に使ったフレンチコースが楽しめる「ラ・フォンテーヌ」もあり、宿泊する人だけでなく、日帰りゲストも楽しむことができるようになっています。

有馬温泉の魅力をこれでもかというほどに味わうことができる「元湯 古泉閣」で優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

■元湯古泉閣の予約はこちらから■

四季の彩 旅篭

全部8室しかないこぢんまりとした「四季の彩 旅篭」ですが、魅力が詰まったおすすめの宿となります。

温泉には「金泉」を使用しており、釜の浴槽を設えた座敷風呂が特徴的です。

そして、なんといってもこの宿の魅力は料理です!

日本料理界の重鎮・大田忠道氏が監修を務める料理をいただくことができます。

厳選した食材を目の前で仕上げるパフォーマンスもあり、舌でも目でも料理を楽しむことができます。

食べることに目がない方は、一度味わってみてはどうでしょうか。

■四季の彩旅篭の予約はこちらから■

メープル有馬

有馬温泉街の中でも高台に位置する「メープル有馬」ですが、「~馴染むほどにくつろぐ普段使いの別邸~」をコンセプトに多くの宿泊客に優雅な時間を提供しています。

客室は15タイプ64室とバリエーションも色々ありますので、家族旅行やカップル旅行などそれぞれの旅行スタイルに合わせて部屋を取ることができます。

また、有馬温泉駅やバス発着所への送迎も行ってくれているところは、非常に助かるポイントです。

また、宿泊費の方も他の宿と比較するとリーズナブルですので、有馬に行きたいときに気軽に利用することができます。

温泉のほうは「銀泉」を使用しており、全部で6種類の浴槽を備えた大浴場でのんびりとした時間を過ごすことができます。

湯上りにはフリードリンクサービスもついており、そうしたちょっとしたサービスがうれしい宿です。

夕食には伊勢えびや神戸ビーフを選べる「愉楽コース」月ごとに献立を替える「和楽コース」など料理長自慢のコース料理を楽しむことができます。

■メープル有馬の予約はこちらから■

まとめ

いかがでしょうか。

有馬温泉は関西でも屈指の温泉地となっています。

温泉街もそれほど広くはないのですが、昔ながらの情緒が残っており、散歩をしているとそれだけで楽しくなってきます。

そんな有馬温泉には様々な旅館やホテルがありますが、自分の旅のスタイルや目的、予算などを踏まえて、ベストな宿を予約しましょう。

今回ご紹介した宿はすべて雰囲気から温泉までおすすめの宿となっていますので、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク