ハワイの人気フォトスポット13選!ウェディングフォトでも使える人気の場所から穴場までご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

今週は重要な会議などもあり、精神的に疲れていたのですが、なんとか乗り切ることができたので、週末はのんびりしたいと思っています。

毎日、帰ると妻がご飯はすぐに出せるようにしてくれているので、感謝感謝です♪

ご飯を食べていると○○行きたいね~という話になることが多いのですが、やはり妻の中でハワイはお気に入りのようなので、また連れて行ってあげたいなと思っています。

さて、そうした話は置いておきまして、本日の記事は妻のお気に入りのハワイでのおすすめフォトスポットのご紹介です。

ハワイは特にロケーションを気にせずに写真を撮っても、きれいでおしゃれな写真を撮ることができます。

しかし、やっぱりハワイに来たからには、「これぞハワイ!といった写真」や「これはSNSで絶対に皆と共有したいという写真」を撮りたいものです。

ハワイにはそうしたフォトスポットが数多くありますが、その場所などはあまりよく知られていないこともあります。

せっかく来たのに、そうした情報がないばかりに、撮りたい写真が撮れなかったという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ハワイで絶対に撮って欲しい「おすすめのフォトスポット」をご紹介します。

是非、一生の思い出に残る写真を撮って帰りましょう!

ハワイでおすすめのフォトスポット13選

ハワイシアター

出典:https://hawaiihawaii.jp/

ダウンタウンとチャイナタウンの間に建っているのが、「ハワイシアター」です。

ハワイアンウェディングのフォトスポットとして有名ですので、知っておられる方も多いのではないでしょうか。

定番ではありますが、やはり写真を撮ってみると、ものすごく絵になります。

「太平洋のプライド」「太平洋のカーネギーホール」と称えられた豪華な劇場で、アメリカの特別歴史建造物にしてされている建物です。

実は今でも、オペラやミュージカルなどが開催されており、夜のライトアップされたハワイ市アターは昼とは違う魅力が漂います。

補足ですが、毎週火曜日には歴史見学ツアーも行われていますので、興味のある方は行ってみても楽しいでしょう。

ダイヤモンドヘッド頂上

こちらも定番のフォトスポットですが、やはりハワイに行っていただいたら登って、写真におさめていただきたいスポットです。

ダイヤモンドヘッドは登山初心者の方でも簡単に登ることができます。

ダイヤモンドヘッド頂上から見る360度のホノルルビューは、登った人しか見ることができない絶景です。

片道40分程度ですので、日の出の時間に合わせて登ってみるのもありかもしれません。

また、山を下りたところには、美味しいご飯屋さんも多いため、登山帰りに寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

ハレイワウィングス

出典:https://www.yelp.com/

サーファーの聖地として有名なハレイワの街にある有名なウォールアートです。

インスタやSNSの投稿で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

この天使の羽のアートですが、「Anahulu’s」というお店の横に描かれています。

このアートの前に立つと、天使の羽が生えたような写真が撮れるということで、特に女性の間で人気となっています。

ハレイワタウンの看板

最後にご紹介するのは、オアフ島のノースショアにあるハレイワタウンの看板です。

サーフィンをする方はよくご存知かと思いますが、サーフィンの聖地として有名な町です。

この町のシンボルとなっているのが、サーファーがデザインされた2つの看板であり、これが今回のおすすめフォトスポットです。

何度か盗難にあって建て替えられているほどの人気スポットです。

男性サーファーは、ハレイワのバイパス沿いに、女性サーファーはカメハメハ・ハイウェイ沿いにあります。

車を端にとめて撮影可能ですが、走っている車には十分注意しましょう。

アートウォール(カカアコ)

次にご紹介するのは、カカアコのアートウォールです。

カカアコでは大規模な再開発が進んでおり、倉庫の壁を利用して、大規模なアートが描かれています。

アートの多くは、毎年2月に行われる「パウワウ・ハワイ」というアートイベントで描かれたものです。

壁画については、翌年のイベントでまた塗り替えられるため、毎年行っても違う壁画に出会うことができ、非常に楽しい場所です。

アートの多くはとてもきれいなものから、大迫力のものまで、様々なアートが描かれていますので、自分の気に入った壁画と一緒に写真を撮ってみてはどうでしょうか。

壁画の場所については「POW!WOW!Hawaii」のHPを参考にしてください。

スターバックス(マノア)

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/plumeria_home

私たち日本人にも大人気のスターバックスですが、マノアのスターバックスは、少し雰囲気が違います。

このスターバックスがあるマノアですが、ワイキキの北側に位置するコオラウ山脈の麓にある街で非常に濃い緑に囲まれた静かな街です。

そんなマノアにあるスターバックスは、壁の色が緑色という印象的な店となっており、マノア紹介の際には必ずあがってくる場所となっています。

写真を撮った時にも、ここでしか撮れない一枚となることは間違いありません。

写真を撮った後に、ゆっくりとスターバックスで一杯コーヒーを飲んでいくのもいいのではないでしょうか。

カラフルなサーフボード(ワイキキ)

出典:http://moonlightasset.com/worldtravelershaq/

ワイキキビーチに行く小さいな路地にそのフォトスポットはあります。

その路地は、カラカウア通りのアウトリガー・ワイキキとロイヤル・ハワイアン・センターの間にあります。

この路地はサーフボードロッカーとなっており、ワイキキビーチへ向かってカラフルなサーフボードが並んでいます。

色鮮やかなサーフボードが並ぶ一枚は、これぞハワイという写真になるでしょう。

ただし、日中になると多くの人が通行するため、人を入れずに撮りたい場合は、早朝に向かうようにしましょう。

ALOHAサーフボード(ローカルモーション)

出典:http://ameblo.jp/kauihawaii/

続いてもサーフボードとの一枚が撮れるフォトスポットの紹介ですが、このスポットはワイキキのプアレイラニ アトリウム ショップ1階にあります。

サーフブランドである「ローカルモーション」ウィンドウにこのサーフボードは飾ってあります。

青色、黄色、緑色、オレンジ色、赤色のサーフボードに「A・L・O・H・A」の白い文字が書かれています。

アトリウム内に行かないと見つけることができない、穴場のフォトスポットです。

ハワイ語のタイル(カラカウア通り)

出典:http://wheremagiclives225.blog24.fc2.com/

これはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

実はワイキキのメインストリートのカラカウア通りの交差点付近の歩道には、ハワイ語とその意味が刻まれたタイルがこっそり隠れています。

そもそも意識してないとなかなか目に入らないかもしれないので、見つからないのも当然かもしれませんが。

「WAIKIKI」「ALOHA」「MAHALO」などハワイ語のタイルが、なんと17点も存在します。

写真としては、タイルと足しか入りませんが、きっと思い出に残る写真になるのではないでしょうか。

ハワイ好きな方は17点のタイルをコンプリートしてみては、いかがでしょうか。

ラニカイ・ピルボックス

出典:http://chisamemo.com/outing/pillbox

ハワイに旅行に来て、「天国の海」という意味を持つラニカイ・ビーチを訪れる方は多いと思いますが、そのビーチを上から眺められるスポットがあることをご存知でしょうか。

エメラルドグリーンの海と、モクルア島を山の上から眺めることができるポイントがラニカイ・ピルボックスです・

ラニカイ・ピルボックスがあるのは、カイヴァリッジ・トレイルというハイキングコースです。

このコースには2つのピルボックス(展望台)がありますが、近いほうですと30分程、遠い方ですと45分程かかります。

ただし、あまり道が整備されていませんので、登る際はスニーカーなどを履いていきましょう。

間違ってもヒールなどでは行ってはダメです。

また、ピルボックスは少し老朽化しているので、登る際は気をつけましょう。

アラモアナ・ビーチパーク

出典:http://huladance.biz/hawaii/

アラモアナショッピングセンターの目の前にある公園です。

ワイキキに比べると、日本人観光客の数は非常に少なく、どちらかというと現地の方が集まるビーチです。

ワイキキからも徒歩圏内ですので、気軽に行くことができます。

アラモアナショッピングセンターからはすぐですので、買い物帰りに寄るのもいいかもしれません。

そして、このアラモアナビーチパークはサンセットの美しさで、地元では有名です。

是非、天気のいい日はサンセットの時間帯に合わせて行ってみましょう。

きっと期待を裏切らない美しい夕日を見ることができると思います。

マーメイド・ケーブ

出典:http://alohapost.info/

このフォトスポットはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

このマーメイド・ケーブはナナクリエリアにある洞窟です。

まるで人魚の住処のような雰囲気を感じられるということで、ローカルに人気のスポットとなっています。

アクセスはアラモアナエリアからバス1本で行けるところにあるので、最近では流行客もちらほら訪れるようになっています。

カップル旅行や女子旅をしている方におすすめです。

ただし、観光エリアからは離れているため、あまり治安のいいと言える場所ではありません。

ですので、行く際は早めに出て、明るい内に戻るように心がけましょう。

また、満潮日は中に入ることができないため、事前に要チェックです。

モアナルア・ガーデン

最後にご紹介するのは、日立のCMで有名な「この木、なんの木、気になる木~」があるモアナルア・ガーデンです。

このモアナルア公園は私有地なのですが、無料で入ることができます。

モアナルア公園に入ると、すぐに目に入ってくる大きな目立つ木があります。

これが日立のCMで有名な「この木、何の木、気になる木~」の木です。

正式名は、モンキーポッドといい、実は糸状のピンクの可愛い花が咲きます。

また、夕方にはしだれてくるのが特徴なのですが、知らない人が多いですよね。

やはり、この木の前で写真を撮ると非常に絵になりますし、ウェディングフォトを依頼した際も、かなりの確率でここでの撮影が組み込まれます。

ハワイに来たら、一度は訪れて写真を撮っておきたいスポットです。

まとめ

ハワイは何気なく写真を撮っても、非常に綺麗な写真を撮ることができます。

しかし、せっかく来たのであれば、よりハワイらしい写真を撮ってみてはどうでしょうか。

また、今回ご紹介したスポットはウェディンフォトでも使えるような場所を数多く紹介させていただきました。

ハネムーンでハワイに来られた方でウェディングフォトを撮る予定の方は、参考にしてみてください。

今回の記事が、みなさんが思い出に残る、記念の一枚を残す手助けになれば幸いです。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク