【必読】絶対に旅行に持って行きたくなる!おすすめ人気のボストンバッグ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

6月に入りましたが、まだ梅雨入りはせず、晴れの日が大阪では続いています。

私は天気がいいとすぐにお出かけをしたくなりますので、出来るだけ雨が降らなければええのにな〜と思っています。

今日は久しぶりに雨が降ったので、いよいよ梅雨が近いなーと感じました。

ただ、6月といえば紫陽花が満開のシーズンです。

何年か前に京都の宇治にある三室戸寺に紫陽花を見に行ってきたのですが、名所ということもあり、本当に綺麗でした!

6月でもおすすめの旅行先を先日紹介しましたので、良ければ参考にしてください。

梅雨の時期でも出かけたい!そんな方におすすめの6月に行きたい国内旅行先6選
6月は梅雨の真っ最中ということもあり、なかなか家の外に出かけようという気分になりにくいシーズンです。しかし、行ってみたら「すごくよかった!」「梅雨の時期だからこそ、ええ雰囲気やん!」といった場所もいっぱいあります。そこで今回は6月におすすめの国内旅行先を紹介します。

さて、そうした6月のお出かけの話題は置いておきまして、今回はおすすめのボストンバッグのご紹介です。
ボストンバッグはコンパクトなデザインでありながらも、大容量ということで、旅行やスポーツに大活躍のバッグです。

様々なブランドから、多種多様なボストンバッグが出されています。

今回はそうした人気のボストンバッグの特徴や選び方、おすすめのボストンバッグをご紹介します。

そもそもボストンバッグとは

ボストンバッグが日本に入ってきてのは、1924年頃と言われています。

ボストンバッグが口金式からファスナータイプに変わった1934年頃から一気に普及しました。

ボストンバッグとは、底が平で短形となっており、全体として膨らみを持っている手提げカバンのことを指します。

ボストン大学の学生が持っていたカバンを参考に作られたことが由来と言われています。

日本ではその使いやすさや容量の大きさ、デザイン性なとから多くの人が愛用しているバッグとなっています。

ボストンバッグの選び方

ボストンバッグを選ぶ際に注意していただきたいのが、サイズです。

ボストンバッグは様々な用途に使用できますが、それら全ての用途に合うものはなかなか見つかりません。

例えば、普段使い用でしたら小さめのボストンバッグ、旅行用でしたら大きめのボストンバッグか最適です。

もし、1つのバッグでどちらも使用したいということであれば、中間のサイズを選ぶようにしましょう。

また、カバンの重さは素材によって決まります。

基本的にレザー素材のものは重くなり、ナイロン素材のものは軽くなります。
長時間持ち歩くのか、車に乗せて移動するのかなど、自分の使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

ボストンバッグの主な素材

上でも少し説明しましたが、ボストンバッグの素材には主にレザー素材ナイロン素材が使われています。

レザー素材は落ち着いた雰囲気があり、ブランド感も出るため人気ですが、重たくなるのがデメリットです。

ナイロン素材の場合は、非常に軽くなるため持ち運びしやすいのがメリットですが、見た目に高級感が出にくくなるのがデメリットです。

しかし、中にはターポリン素材など軽くて高級感があるものもありますので、比較してみましょう。

おすすめのボストンバッグ【レディース編】

それでは、おすすめのボストンバッグをレディースとメンズに分けて、それぞれご紹介していきます。

BRICs(ブリックス)

イタリア・ミラノ発の老舗カバンメーカーです。

カジュアルながらも上品な雰囲気を醸し出しており、大人気のブランドとなっています。

素材はナイロン素材を使用しているため、とても軽く、ウォータープルーフポリエステルライナーにより雨の侵入を防ぎます。

海外セレブの間でも人気のブランドとなっています。

Herve Chapelier(エルベ・シャプリエ)

フランス生まれのバッグブランドです。

有名なのは、ブランドのアイコンでもある舟形のトートバッグです。

シンプルかつ洗練されたデザインが非常にオシャレなバッグに仕上がっています。

日本でも人気沸騰中で、飽きが来ないシンプルなデザインと美しい色使いが多くの女性のハートを掴んでいます。

ちなみにエルベシャプリエはトートバッグも可愛くて人気ですので、こちらもおすすめです。

Cath Kidston(キャスキッドソン)

イギリスの人気ファブリックブランドです。

クラシックと現代風ポップを融合したデザインが人気となっています。

旅行にはオイルクロス素材のタイプがおすすめです。

値段も1万円前後とお手頃なのも嬉しいポイントです。

LONGCHAMP(ロンシャン)

フランスで創立した老舗バッグブランドです。

イギリス王室のキャサリン妃もご愛用のブランドとなっています。

ナイロン製の「ル・プリアージュ」が大人気で、ちょっとした旅行にも大活躍のバッグとなります。

素材が軽く、持ち運びがしやすいのも、女性には嬉しいところです。

大人っぽい上品なデザインですが、どんなコーディネートにも合わせやすいのは、さすがハイブランドといったところでしょう。

おすすめのボストンバッグ【メンズ編】

Orobianco(オロビアンコ)

20代から40代くらいまでの男性に大人気のオロビアンコです。

通勤カバンなどでもで使っている方を最近よくみます。

そんなオロビアンコの特徴いえば、やはり高級感、軽さ、耐久性を兼ね備えているところでしょう。

ボストンバッグにおいても、そうしたオロビアンコらしさがあり、大人な雰囲気があるおしゃれなカバンとなっています。

PORTER(ポーター)

日本国内では絶大な人気を誇っているポーターのボストンバッグです。

非常にシンプルなデザインながら、細かい作りにこだわっており、とても上品でカッコいいバッグとなっています。

素材や機能性にもこだわっており、普段使いでも旅行用でも様々な場面で活躍します。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

若者に人気のザノースフェイスのボストンバッグです。

特に大学生がザノースフェイスのバックパックを背負っているのをよくみます。
アウトドアブランドらしく、防水、大容量、使い心地にこだわっています。

また、値段がリーズナブルなのも嬉しいところです。

TOMMY HILFIGER(トミーフィルフィガー)

アメリカで大人気のブランドです。

日本でスポーツカバンとして使っている人が多いです。

子供から大人まで幅広く人気で、様々なデザインが出ているので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

また1万円以内で買えるお手頃さも人気の理由です。

Louis Vuitton(ルイヴィトン)

ボストンバッグで人気なのがルイヴィトンです。

特に人気なのが、「モノグラム」というデザインのもので、シックなデザインながら上品な雰囲気を持ち合わせています。

値段は他のものに比べて高くはなりますが、その分、品質などは一流です。

こちらのボストンバッグは存在感も抜群ですので、他とは違うハイブランドのものを持ちたい方にはオススメです。

COACH(コーチ)

こちらもハイブランドのボストンバッグを持ちたい方にはオススメです。

やはり品質、デザインなどは一流ブランドらしく、洗練されています。

ただ、ルイヴィトンと比べると、値段が安くなっていますので、お求めやすくなっています。

まとめ

2~3日程度の旅行でしたら、荷物もそれほど多くないので、ボストンバッグが非常におすすめです。

最近では、デザインもオシャレなものが多くなってきており、ファッションのアクセントとしても大活躍です。

色々な種類がありますが、今回紹介したように、「どれくらいの容量が必要なのか」、「重量は重くても問題はないのか」、「素材は何がいいのか」といった点を確認しながら購入してもらえると、お気に入りのバッグが手に入ると思います。

皆さんがお気に入りのボストンバッグに出会える一助になれば幸いです。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク