あなたはどんな種類の施設に泊まりたい?海外旅行での宿泊施設5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

GW明けの一週間がやっと終わり、体がなんとか仕事モードに戻ってきました。

長期連休は旅行などにも行けて楽しいですが、そのあとの仕事がしんど過ぎるのがやっかいです。。。

特に今回は新婚旅行という特別なイベントでもあったので尚更です。

でも、こうした楽しみがあるからこそ仕事にも力が入ります。

次は夏休みにどこに行こうか、妻と相談中です♪

さて、今回は海外旅行をする際の宿泊施設について、ご紹介します。

旅行での宿泊施設としては、まずホテルを思い浮かべられると思いますが、その他にもゲストハウスなど自分の旅のスタイルに合わせて宿泊施設を選ぶことができます。

私も大学の卒業旅行に友達とヨーロッパに行った時には、ユースホステルに宿泊しました。

自分たちでネットからホテルを検索し、ドキドキしながら予約したのをよく覚えています。

その時の宿泊費は1泊2000~3000円くらいでしたので、お金のない私たちにとっては大助かりでした!

このように海外旅行をする際には、自分に合った宿泊施設を見つけることが重要です。

高いお金を払ってでもいいホテルに泊まりたい方もいらっしゃるでしょうし、逆に設備は求めないので少しでも安いところがいいという方もいらっしゃると思います。

このようにどこに泊まろうと考えた時に、一体海外にはどのような宿泊施設があるか分からなければ、選びようがありません。

そこで今回は海外での宿泊施設をご紹介します。

ホステル・ゲストハウス

まずご紹介するのは「ホステル」と「ゲストハウス」です。

これらの宿は主にバックパッカーの方が多く宿泊しているところです。

宿の主な造りとしては、

ドミトリーと呼ばれる大部屋があり、その横に睡眠をとるための個室が数室あるという感じです。

シャワーやトイレは共同のところも多く、貴重品については基本的には自己管理するのが一般的です。

アメニティについては、ほとんど期待しない方がいいので、自分で用意してくるのが基本です。

また、ドミトリーは男女別に分かれているところも多いです。

ホステルやゲストハウスの利点は、なんといっても宿泊費の安さです!

大体2000円くらいから、高くても5000円くらいまでで宿泊できます。

また、これらの宿に泊まった際の醍醐味としては、

やはり世界各国の旅行者と交流し、情報交換できることです。

バーなどが併設されているところも多いので、コミュニケーションが好きな方にはおすすめです。

交渉次第では個室を予約することができることもあるので、その場合は宿の方に問い合せてみるといいでしょう。

ホステルワールドなどのサイトで世界各国のホステルを予約することができます。

私も卒業旅行の際にはホステルワールドで予約しました。

B&B・ペンション

次に紹介するのは「B&B」と「ペンション」です。

B&Bは知らない方も多いのではないでしょうか。

B&Bとは、「ベッド&ブレックファスト」の略で、朝食付きの小さな宿です。

イギリスやアイルランドなどによく見られ、アットホームな宿となっています。

家族で経営しているB&Bも多いので、それぞれが個性的なのが特徴です。

中には内装にもこだわっているB&Bも多く、そうした宿は女性に大人気となっています。

ペンションとは民宿のことで、家族経営している宿のことを指します。

ヨーロッパの方では、マンションの一部を改造して提供する格安の宿のことを指すこともあります。

少し日本で言うペンションとは意味合いが異なっています。

中級ホテル

いわゆるビジネスホテルのことです。

日本と造りは似ており、ベッドやトイレ、シャワー、テレビなどが設備として置いてあります。

大都市には大体こうしたホテルが多数ありますが、繁忙期や週末には1万円くらいはしますので、すごく安いというわけではありません。

高級ホテル

都市部に多く見られる4つ星や5つ星クラスのホテルです。

日本でいうと、ヒルトンやリッツカールトンなどがそれに該当します。

1泊数万円から数十万円まで、宿泊費についてはランクによって様々です。

5つ星ホテルにもなると、その価格は天井知らずです。。

セレブでもない限り、なかなか手が出せないホテルとなりますが、オフシーズンの平日や狭い部屋を格安料金で提供しているところもあるので、泊まってみたいホテルがあればチェックしてみるのもおすすめです。

旅行会社で旅行を手配する場合、こうしたホテルに泊まりたいと希望を出すと、いくつかピックアップしてくれます。

Airbnb

これまた初耳の方も多いのではないでしょうか。

日本でも最近ニュースにもなりましたが、いわゆる「民泊」のことです。

日本でも色々と問題が起こっていますが、メリット・デメリットを把握した上で、利用してみたいという方は、「Airbnb」のサイトで検索できます。

サイトから申し込みをすると、鍵の受け渡しや料金など具体的な指示が送られてくるという仕組みとなっています。

海外ではこうした民泊が盛んで、バカンスシーズンなどに家主が遊びに出て行くタイミングで、その期間旅行者に部屋を提供するというケースがよく見られます。

ただし、日本でも宿泊者が物を盗んだなどトラブルも多いため、利用する際は家主とトラブルにならないよう細心の注意をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旅行する際に、その宿泊施設は旅行の良し悪しを決める大事なポイントです。

家族で旅行するのか、一人旅なのか、宿泊費を安く抑えたいのかなど旅行する人によって、最適な宿泊施設というのは違ってきます。

上述したとおり、現在は様々な宿泊施設が選択できるようになっています。

今回の記事を参考にして、自分に合った一番旅行を楽しめる宿泊施設を紹介したところを参考にして決めていただければ幸いです。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク