常夏の楽園へ!新婚旅行ロビンソンクラブモルディブ旅行記~第2編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

前回に引き続き、新婚旅行のモルディブ旅行についてです!

前回の記事で1日目のフルレアイランドホテル到着まで書きましたが、本日の記事では宿泊リゾートのロビンソンクラブモルディブについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

2日目

長時間フライトの疲れから昨晩は一瞬で寝てしまい、スイートルームをほとんど楽しめなかった私達ですが、おかげで2日目の朝は元気いっぱいになりました!

天気もとてもよく、朝からテンションが上がり気味で、写真を撮りまくっていました!

マーレ宿泊の際にはおすすめです!

エントランスはこんな感じで白を基調として綺麗です!

庭も雰囲気があって、私は気に入りました!

そして、朝食を食べ、ロビーに集合して、国内線乗り場に向かいました。

案内は旅行会社の現地スタッフのじゅんこさんが案内してくれました。

また、この時一緒になったご夫妻とは、ロビンソンクラブモルディブでも一緒になり、顔見知りになりました♫

国内線の空港についてからは手続き等は全て現地スタッフのじゅんこさんがやってくれました。

(じゅんこさん、ありがとう!)

あとは登場時間まで、空港のラウンジでまったりとくつろいでおりました♪

ラウンジはこんな感じで綺麗です。

そして、時間になったので搭乗口へ向かいました。

しかし、ここで時間になったら、係りの人が声をかけてくれるという話でしたが、なぜか私たちは放置プレーにあいました!!

やはり海外はアバウトなところがあるので、自分でしっかりせねばと再確認しました。。

皆さんも気をつけましょう!

国内線の飛行機は小型飛行機でしたので、妻がビビリまくりでした。

(もともと妻は飛行機が大の苦手なので。。)

ただ、離陸してからは飛行機の窓からモルディブの島々が見えたため、二人ではしゃいでいました!

そして、約1時間のフライトを終え、ロビンソンクラブモルディブ近くの空港へ着陸しました。

海外の飛行場はセキュリティ大丈夫かなというくらい、アバウトな感じで飛行機から降りましたw

ちなみに乗ったきた飛行機はこれくらいの大きさでした。

空港から出ると、ロビンソンクラブモルディブのスタッフの方が待ってくれていて、一緒に水上ボート乗り場に向かいました。

そして、水上ボートに乗り込み、ロビンソンクラブモルディブへ出発です!

あと約30分程で着くということで、否応にも胸が高鳴ります!!

水上ボートは意外に揺れは少なく、海風が気持ちよかったです。

そして、約30分後、とうとうロビンソンクラブモルディブが見えてきました!!

すごい、、、めちゃくちゃ綺麗やん!!と当初行きたがっていた妻よりもテンションが上がっている気がしました!

水上コテージも最高!

海と緑のコントラストもめちゃくちゃ綺麗です!

そして、島に到着すると、多くのスタッフの方から歓迎を受けました。

そして、ここで滞在中にめちゃお世話になったDIDI(ディディ)さんと出会いました。

以前、ディディさんは関西で働いていたことがあり、日本語がぺらぺらです。

なんやら阪急阪神の建物の建設に関わったことがあるとか!凄いぞ、ディディさん!

ディディさんにチェックインの手続きや滞在中の注意点などを説明してもらったあとは、さっそく水上ヴィラへ!

どんなところだろうと私たち夫婦はワクワクが止まりません!

そして、ついに到着!

かれこれ、日本を出てから1日半、長かった。。。

でも部屋に入った瞬間、そんなことは吹き飛びました!!

天蓋のベッド!

ふかふかで気持ちがいいので、二人でごろごろのんびり過ごしました。

ガラス張りの床!!

海は透明度が高いため、ガラス越しでも魚が泳いでいるのが見えます!

ふかふかのソファー!

オシャレな内装が広がります!!

お風呂や洗面台も清潔感があります!

そして部屋の外はこれまた素晴らしいバルコニーが!

調子にのって、この子らも連れてきてしまいました!

水上ヴィラから直接海に入れるようになっています!

シュノーケリングし放題です!

モルディブは多数の島があり、それぞれの島に宿泊リゾートがあります。

私達が今回ロビンソンクラブモルディブを選んだ理由としては、次のような点を重視したからです。

・水上ヴィラであること

・部屋から直接海に下りる階段がついていること

・オールインクルーシブ

・できれば日本人スタッフがいること

・ご飯が美味しいこと

・シュノーケリングが特に素晴らしいこと

・燃油・食事等全て込みで一人50万円前後であること

これら全ての条件をクリアしていたのが、ロビンソンクラブモルディブでした。

日本人スタッフがいることについては、ディディさんがいてくれたので、全く問題はありませんでした。

また、シュノーケリングは、ロビンソンクラブモルディブはマーレからもかなり離れているため、生きた珊瑚が広がっており、また透明度も抜群だったため、大満足でした。

料金についてもGWということを考えれば、一人約54万円でしたので、許容範囲でした。

このように私たちの希望が全て揃ったロビンソンクラブモルディブは大満足のリゾート地となりました。

さて、そのような大満足のリゾート地に着いて、荷物を置いたあとはさっそく昼ごはんを食べに行きました。

ロビンソンクラブモルディブの食事はオールインクルーシブとなっているため、どれだけ食べて飲んでも全て料金に既に入っています。

なので、食事中にどれくらい料金がかかるかといった心配がないのもよかったです。

※ただし、シャンパンなど料金がかかる飲み物などもありますので、そこは現地スタッフに確認しましょう!

食事は、朝昼晩と全てバイキング形式となっています。

朝と昼は毎日同じような感じですが、ディナーは毎日趣向が変わります。

例えば、インド料理、スペイン料理、モルディブ料理といったように毎日違う料理が食べられますので、飽きることがありません!

そして、記念すべき最初のご飯はこんな感じでした!

私がチキンやピザなどの色味がないものばかり食べていたので、見栄えは悪いですが、味はとても美味しかったです!

レストランにはウェイターさんが多数おり、水やお酒をついてでくれます。

たまに忙しそうにしていると、なかなかしてくれなかったりもしましたが。。

あと、ご飯中に少し残して休憩していると、すぐに「Finish?」と聞かれ、持って行かれそうになりました。

対応が早すぎるで~とか思ったりもしましたが、それはご愛嬌です。

ご飯を食べ終わったあとは、シュノーケリングセットのレンタルやウェディングフォトの予約をしに行ったりしました。

全て英語でのコミュニケーションだったので大変ではありましたが、外国にいるなーという感じがして悪くなかったです!

そうこうしていると少し疲れたので、ヴィラに帰って一休みしました。

こういうゆっくりした時間がとても心地よかったです。

少し休んでいるとサンセットの時間がやってきたので、バルコニーに出て見ることに。

そこには日本のサンセットとはまた違う素晴らしい景色が広がっていました。

そして、ゆっくりしているとディナーの時間になり、メインレストランへ。

夜はまた違った雰囲気となっており、とても綺麗でした。

デザートなどもいっぱいで嬉しいです!

ディナー後は、ゆっくりとモルディブの夜景を楽しみながら帰りました。

2日目はリゾート初日ということもあり、ただただモルディブの景色の美しさに魅了されてしまいました。

本当は夜も色々としたかったのですが、移動の疲れや明日以降のシュノーケリングなどに備えようということで、早めに就寝しました。

次の記事からは3日目以降のシュノーケリングなどについても書いていきますので、よければ見てください!

前回までの記事はこちら

常夏の楽園へ!新婚旅行ロビンソンクラブモルディブ旅行記~第1編~
今年のGWは先延ばしになっていた新婚旅行に行ってきました!旅行先は人気のモルディブです。私達はロビンソンクラブモルディブという遠目の島に行ってきたのですが、まさに楽園が待っていました。今回はモルディブ旅行を検討されている方のためにも私がこの旅行で感じたモルディブの魅力を紹介していきたいと思います。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク