これだけ押さえれば何も不安はない!空港の出国までの4つの手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

早いものでもう4月も終わりかけています。

年をとってから本当に時間が過ぎるのが早くて困っています。

特に社会人になってからは、何故学生時代はあんなに無駄な時間の過ごし方をしたんだろうな~としみじみ思ってしまいます。。

あれだけ時間があったら、行きたいところにも旅行に行き放題ですし、特に時間が有り余っていた大学生に一度でいいから戻ってみたいとか思う今日このごろです。

さて、そうした私の感傷に浸る時間はおいといて、

今回の記事は旅行に行く際の「空港での手続き」についてです。

久しぶりに旅行に行く方や初めて旅行に行く方で空港を利用する場合、「手続きってどうするんだっけ。。」と思う方もいるのではないでしょうか。

それほど頻繁に利用する場所でもありませんので、忘れてしまう方も多いかと思います。

そこで今回は「空港での手続き」について、分かりやすく説明します。

チェックイン

空港での手続きとして、まず行うのが「チェックイン」です。

自分が旅行で利用する航空会社のカウンターに行って、Eチケットとパスポートを提示すると、搭乗券を受け取ることができます。

また、それと同時に預け入れ荷物(スーツケースなど機内に持ち込まないもの)はここで預けることになります。

このチェックインカウンターでの手続きの際に、座席の希望を出すことができます。

例えば、「窓側」「通路側」「非常口の近く」などが主な希望となっています。

飛行機に乗ったことがある方はよくご存知かと思いますが、できれば「通路側」を希望しておきたいところです。

その理由としては、長時間フライトなどの場合、トイレにいきたくなりますが、通路側でしたら自由に行くことができます。

仮に「窓側」だといちいち通路側の人に声をかけて行くことになってしまいます。

この希望はチェックインが早ければ早いほど聞いてもらいやすいので、可能な限り早く空港へ行き、チェックインするようにしましょう!

また、最近ではインターネットチェックインができる航空会社が増えてきています。

この場合、自分で座席指定ができ、搭乗券も自分で印刷などして受け取ることになります。

このインターネットチェックインの利点としては、空港での手続きが荷物の預け入れとパスポートのチェックだけになるため、手続きに時間がかからないところです。

それほど難しい作業ではないので、是非活用してみましょう!

セキュリティチェック

チェックインが終わったら、次は「セキュリティチェック」に向かいます。

セキュリティチェックでは、金属探知機とX線検査装置によって危険物などがないかチェックされます。

機内の持ち込み荷物のところで紹介しましたが、液体類の持込については、非常に厳しくなっていますので、注意しましょう。

何が持ち込めるか詳しく解説!飛行機の機内持ち込み荷物について
旅行の準備をしている際に、飛行機内に持ち込める荷物がなんだったか分からなくなる方も大勢いらっしゃると思います。そこで今回は飛行機に持ち込めるもの、持ち込めないものをわかりやすく説明します

液体物については、基本的に機内には持ち込めないと考えておいたほうが無難です。

出国審査

セキュリティチェックを終えると手続きとしては、もうほとんど終わりです。

次は、「出国審査」を行います。

出国審査では、パスポートと搭乗券を提示して、パスポートに出国スタンプを押してもらいます。

GWやお盆、年末年始などは旅行者が大勢いるので、この出国審査で非常に時間がかかることも少なくありません。

この出国審査までは早めに行っておきたいところです。

搭乗ゲート

出国審査が終わると、搭乗エリアに進みます。

このエリアは買い物好きにはたまらないエリアで、免税店などが数多く並んでいます。

楽しい店がたくさんありますが、まずは電光掲示板で搭乗ゲートと出発時間を再度確認するようにしましょう。

急遽、搭乗ゲートが変更になったなどはよくある話です。

登場時間ギリギリに変更場所へ走ったりしないように気をつけましょう!

確認が終われば、あとは免税店で買い物を楽しんだり、カフェでのんびり過ごすなど、空港ならではの雰囲気を楽しんでください。

そして、時間に搭乗ゲートに行き、ゲートを通過して飛行機に乗り込めば、出発となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

手続き自体は、「チェックイン」「セキュリティチェック」「出国審査」「搭乗ゲート」と主に4つしかありませんので、不安に思うことは全くありません。

ただし、ハイシーズンなどはそれぞれの手続きに意外と時間がかかったしまいますので、時間に余裕だけはしっかりともって行動しましょう!

それさえ気をつければ、旅行先へ旅立つ楽しい時間を過ごせること間違いなしです。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク