喉のカラカラを撃退!!すぐにできるホテルでの乾燥対策5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

私はよく家でしょうもないモノマネをして妻に呆れられるのですが、最近やったモノマネは珍しくうけました。

大阪の天王寺にあべのキューズモールというショッピングモールがあるのですが、そこのキャラクターである「アベーノアベーノ」というクマのモノマネをしたらヒットしました。

大阪に住んでいらっしゃる方はキャラも知っておられると思うので、なにやってんねんと思われるでしょうが、我が家では結構そういったしょうもないことをしています。

さて、本題に入りますが、今回は旅行中の(特にホテルでの)乾燥対策についてです。

ホテルは非常に乾燥しやすく、朝起きると喉がカラカラになっていたという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

乾燥した部屋にいるとウイルスが蔓延しやすくなり、病気などにもかかりやすくなってしまいます。

せっかくの旅行中に病気になってしまっては台無しです。

そこで、ホテルで誰でもできる簡単な乾燥対策を紹介します。

スポンサーリンク

ホテルが乾燥する理由

そもそも何故ホテルの部屋はあんなに乾燥してしまうのでしょうか。

その理由は冷暖房を全てエアコンで行っているからです。

全てエアコンを使わなければならない理由としては、火災などの危険性を下げるために火を使った暖房器具を使用禁止にしているためです。

また、ホテルの構造上、外気とホテル内の空気を循環できないようになっているため、乾燥してしまいます。

乾燥対策の基本的な考え方

ホテルでの乾燥対策の基本的な考え方としては、当たり前ですが「湿度を上げる」というこの1点になります。

あとはどのように湿度をあげるか方法を考えるだけです。

日本のホテルですと、かなりの数のホテルで加湿器が置かれています。

しかし、これは日本が特別なだけで、海外のホテルではほとんどのところで設置はされていません。

設置されているところはハイグレードホテルになりますので、私のような庶民が泊まるホテルで見かけることはありません。

ですので、設置されている加湿器を使う以外の方法で湿度を上げる必要があります。

では、下記で具体的にどのように湿度を上げ、乾燥を防ぐかを見ていきましょう。

濡れタオルを部屋に干しておく

この方法は濡れタオルを使い、そのタオルを部屋に干すことで湿度を上げる方法です。

ホテルにはバスタオルやフェイスタオルが複数用意されていることが多いです。

その中で使用しないものを濡らし干しておきます。

もし、あまりのタオルがない場合は、自分で持ってきたもので代用すればOKです。

この方法を行った方は分かると思いますが、ほとんどの場合、朝になるとタオルはカラカラに乾いています。

いかに部屋が乾燥しているかが実感できます。

バスタブに熱いお湯をためておく

この方法は先ほどの濡れタオルを干しておく方法と同様に非常に効果的です。

寝る前にバスタブに熱いお湯をためることで、蒸気を発生させ、乾燥を防ぎます。

バスタブにはできるだけ多くのお湯を張っておいた方が効果的です。

湯量が多いほど、お湯が冷めていくスピードが遅いため、蒸気の発生が長続きします。

バスルームの扉を開けておくことで部屋全体の湿度をかなり下げることができます。

濡れタオルを振り回す

これはネットやテレビで紹介されていた方法で私は知りませんでしたが、結構効果があるようです。

今までの方法と原理は同じで、空気中に水分を飛ばすことで湿度を下げるというものです。

いわゆる霧吹きの効果をタオルを振り回すことで出しているようです。

ですので、荷物にならなければ霧吹きを持って行って、部屋中に吹きかけることでも同じ効果が期待できます。

マスクをして寝る

この方法は多くの人が知っているのではないでしょうか。

寝ている時に口呼吸になりやすい人には特にオススメの方法です。

寝るまでは少し息苦しいかもしれませんが、旅行で疲れているなら、まず問題なく寝付けると思います。

マスクをすることで乾燥を防ぐだけでなく、ウイルスの侵入も防ぐことができますので、旅行中の病気予防にもなります。

ちなみ寝る前にリップクリームを塗って、シルク製等のマスクをするとさらに効果がアップします。

オススメのマスクは以下のようなものになります。

参考にしてみてください。

コンパクト加湿器を持っていく

最近では、非常にコンパクトな加湿器が登場しています。

それを使用すれば、湿度は一気に下がりますので、非常に効果的です。

自然気化式の加湿器もあり、そうしたものであれば、持っていくのにもかさばることはありません。

当然ですが、ある意味一番効果がある方法と言えます。

予算と荷物の関係で可能であれば、検討してみる価値は十分にあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホテルの部屋の乾燥は自分たちではどうしようもありません。

乾燥対策やウイルス感染には自分たちで工夫する必要があります。

ホテルにあるもので簡単にできる方法もありますので、複数の方法を組み合わせて、乾燥対策を行っていきましょう!

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク