安心・安全な旅行には必須!!海外旅行保険が必要な3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

先日は4月末の新婚旅行に向けて、新しいサングラスとサンダルを買ってきました。

旅行の準備でも、こうした新しいものを買ったりするのは楽しいです!

みなさんも旅行の準備はせっかくなので、楽しくしましょうね!

さて、今回は海外旅行に行かれる方はよく知っておられる「海外旅行保険」についてです。

海外に行くなら入っておいたほうがいい、いやいやクレジットカードについているから大丈夫など情報が色々ありすぎて、結局必要なのかどうか分からないという方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、絶対に入っておきましょう!

入っていないことで、万が一のときにトラブルになってしまいます。

その理由については下記で詳しく説明していきます。

海外旅行保険加入の必要性

海外旅行に行く際に保険に加入しておいたほうがいいというのは、多くの人がご存知だと思います。

では、何故保険に加入しておいたほうがいいのでしょうか。

昔と違い海外に気軽に行けるようになっています。

またツアーという形ではなく、自分たちで泊まる宿から現地で乗る電車、食事の店などを手配し、オリジナルの旅を楽しむ方も増えてきています。

しかし、そうした旅の自由度があがり、色々な旅を楽しめるようになった反面、病気や怪我、トラブルに巻き込まれるケースも増えてきています。

そうしたときに海外旅行保険に入っていると、トラブルを回避できる可能性が大幅にあがります。

旅行を安心して楽しむためにも、海外旅行保険加入は必須になってきています。

では、もう少し具体的にみていきましょう!

必要性1.高額な医療費

海外旅行保険に加入する必要がある理由の一つとして、海外旅行の渡航先での「高額な医療費」の問題があります。

全ての国ではありませんが、海外旅行では渡航先によって高額な医療費が発生する場合があります。

病院での治療だけでなく、入院したり、入院後怪我が完治しない場合、入院費用や日本への移送費用、その際に家族が迎えに来る費用(救援者費用)などが発生し、数百万円必要になってしまうこともあります。

仮に日本の保険会社で医療保険や傷害保険に入っていたとしても、日本の保険の多くは保険金額が固定して支払われる定額払いなので、海外での医療費支払いに対応できません。

これがどういうことかというと、例えば、

日本で加入している保険の入院日額が5,000円だった場合、

実際にかかった医療費が5,000円であっても10,000円であっても、

支払われるのは入院日額の5,000円となります。これが定額払いと呼ばれています。

これに対して海外旅行保険では、

一定額(1,000万や1,500万など)を上限に実際にかかった費用を支払う実損払い方式となっています。

そして先程も説明したとおり、海外では非常に高額な医療費が請求されるケースが多いため、日本の保険の入院日額5,000円などでは対応できなくなってしまうというわけです。

また、家族が迎えに来る費用(救援者費用)などは、一般の生命保険や医療保険などでは負担することができません。

こうした理由から、海外の高額な医療費支払いに対応するために、海外旅行保険は必要となってきます。

必要性2.海外旅行保険のみの補償がある

2つ目の理由としては、海外旅行保険ならではの保険に入ることができることです。

海外旅行保険のメインの補償内容としては

①医療費用等の補償

②損害賠償補償

③携行品の補償

の3つとなっています。

例えば、③の補償については、病気やケガに比べるとマシですが、旅行に行って荷物が届かないという状況になってしまっては、現実問題シャレになりません。

また、必要性1のところでも説明しておりますが、救援者費用については高額となるケースが多いです。

そして、この費用に関しては一般の医療保険や生命保険では対応することが難しくなってきます。

こうした海外旅行ならではのトラブルに対応するためにも加入は必要となってきます。

必要性3.事故対応

最後の理由は事故対応です。

損害賠償事故などを起こして、自分が加害者となってしまった場合、現地での対応は困難を極めます。

日本であっても、こうした事故絡みは相手がいる話ですので、苦労します。

こうした際に、海外旅行保険に入っているとコールセンターで対応してくれるところがほとんどです。

特に海外という知らないと土地での事故ということもあり、パニックとなってしまうこともあると思いますので、こうしたコールセンターの対応がついていることも海外旅行保険に加入しておく大きなメリットです。

また、医療費の方では、保険の提携病院などであればキャッシュレスで治療を受けることができたり、日本語対応が可能という病院もあります。

外国語に自信がない方にとっては大変助かることです。

もしもの時のために保険に入っておくとやはり安心です。

※ただし、地域によって提携病院などで違いがありますので、しっかり確認はするようにしましょう。

まとめ

海外旅行保険の必要性について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

何も病気や怪我、事故などがなければ全く必要がないものです。

しかし、万が一起こってしまうと楽しい旅行が台無しになるだけでなく、高額請求などのトラブルにもなってしまいます。

そうしたことにならないように、海外旅行に行く際にはしっかりと入っておくことをおすすめします。

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク