飛行機で耳が痛くなる人必見!正しい耳抜きのやり方と予防商品は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、うーすけです。

皆さんは、旅行などで飛行機に乗って移動している時に耳が痛くなったことはありますか。

私はあまりそういった状況になったことはないのですが、私の妻や友人はよくなっています。

そのように飛行機に乗っている最中に耳が痛くなってしまうと、途中で降りて休憩もできないので、大変つらいです。

せっかくの楽しいフライトも台無しになってしまいます。

では、何故飛行機に乗っている時に耳が痛くなってしまうのでしょうか。

そして、その対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

耳が痛くなる理由

まず、そもそも何故耳は痛くなってしまうのでしょうか。

その原因は「気圧の変化」にあります。

飛行機が上昇したり、下降したりすると、気圧が変化します。そして、気圧が変化することにより耳の中にある中耳と呼ばれる部分が膨張したり収縮したりします。

そうなることで体外と中耳との間に気圧の差が発生し、それが痛みにつながってしまいます。

そうしたことから、気圧の差が大きければ大きいほど、痛みは強くなっていきます。

では、耳が痛くなる人とならない人の違いは一体何でしょうか。

それは耳管と呼ばれる中耳と鼻をつないでいる管が関係しています。

この耳管という管は大変細い管であり、この耳管から空気の出し入れをすることで体外との気圧の差をなくしています。

しかし、この耳管は人によって太さも形状もバラバラですので、管が細かったり、空気が通りにくい形状の人は、うまく気圧の調整ができず、耳が痛くなってしまうというわけです。

また、耳管は中耳から空気を抜きやすく、中耳に空気を入れにくい構造になっています。

上昇中よりも下降中の方が耳が詰まったままになりやすいというのは、このことが理由です。

耳が痛くなった際の対処法

では、耳が痛くなってしまった際の対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

一般的によく知られてるのは、

・つばを飲み込む

・ガムを食べる

・あくびをする

といったことです。

これは全て顎などを動かすことで、耳管を刺激して、空気の出し入れを行うことで痛みをなくすことを狙っての方法ですが、痛みがひどい時はそれではなかなか解決しません。

そうして際に一番効果的と言われているの、「バルサルバ法」です。

①鼻をしっかりとつまむ

②鼻に空気を送り込む

③耳の奥に空気が入ってくる

④両方の耳に空気がしっかり入るまでゆっくりと続ける

⑤つばを飲み込むなどして空気を出す

これが「バルサルバ法」のやり方となります。

この方法でうまく耳抜きができると思いますので、是非試してみましょう。

また、この耳抜きを行うタイミングはできるだけ耳に違和感を感じたら、早めに行うようにしてください。

早ければ早いほど、うまく行うことができます。

最近は事前対策として、耳の痛みを軽減したり、予防する商品が売られていますので、症状がひどい方やバルサルバ法では無理そうという方は購入してもいいかもしれません。

耳の痛み解消商品

使い捨ての耳栓ではこうした商品があります。

また、少し値ははりますが、性能を求めるならこうした商品もあります。

子供用の商品でしたら、こちらもオススメです。



海外旅行などの際はフライト時間も長く、耳が痛くなってしまっては、苦痛な時間が続いてしまいます。


そうならないためにも、効果的な耳抜きの方法の確認と、場合によっては予防商品を購入して快適なフライトになるようにしましょう!

ブログバナー

ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク